エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.6

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

misuzu

misuzuの感想・評価

3.5
激しい暴力描写から始まり、いかにもポール・ヴァーホーベンらしい作品という印象を受けた。
ヒロインが自分を襲った犯人を自ら探すというスリラー作品であり、観客はヒロインの行動に戸惑いながらも物語の緊張感は最後まで途切れない。

タイトルのELLEはフランス語で「彼女」という意味だそうだが、映画を観た後、個人的にはこれはミシェルだけでなく映画に登場する全ての女性達のことを現しているように感じた。
映画の中の彼女達は身近な男達に振りまわされ深く傷つけられるが、物語の最後に「勝ち組」となっているのは彼女達の方である。
そんなことを考えながら観ていると、ラストのアンナとミシェルが笑顔で会話するシーンがより深く印象に残った。
「エル」観了。これ、PG12ってダメな気がする。フランスの性(さがじゃなくてせいのほう)ってすごいな、と。日本人が交際とか不倫とかデキ婚とか騒いでるのがとても幼稚に感じる。
言うてもそこまでミシェルの振る舞いにギョッとしないの、「ピアニスト」のユペールがわりと好きだからかな。
毎日毎日社会や良識が求めるたくさんのお約束や不文律に言葉や気持ちを縛られている人にとってはスカッとする部類の映画だと思います。(わたしはそうでした。)
yh

yhの感想・評価

4.0
観る前に想像していたような映画ではなかったが面白かった。
登場人物達の普通とは思えない行動や事態に対してあまり突っ込まれないから、なんで皆そんなに冷静なんだ?って笑えてくる。
ブラックコメディのよう。
NF

NFの感想・評価

4.1
劇中二度もイギーのラストフォーライフがかかるあたり、宗教や道徳に固執すると幸せにはなれないぞ、っていうヴァーホーベンのメッセージの様
登場人物みんなネジが外れてるんだけど、主人公が一番ネジが外れてるから、なんだかまともじゃない人たちがまともに見えてしまう不思議さ。
主人公、一歩間違えるとサイコパスになるキャラよね。シリアルキラーまであと1歩!


ざっくりまとめると、「性欲マダムと性欲やばいおじさんの変態コンビによる茶番」なのだけれど、イザベル・ユペール様のポーカーフェイスが全体を危ういムードにしてくれてとても楽しめた!
常識とかモラルとかそんなものはポイッ!って感じの変態映画にひれ伏した。
観てよかった!


余談

レビューを読むと、「主人公は強い女だ」って意見が多かったけど、自分が生理の日に「そんなの関係ないからやらせろ」ってクズ発言をする不倫相手のところへのこのこと行ってしまう彼女はやっぱり弱いと思うの。
一番強かったのは、不倫相手の奥さんかと!
eman

emanの感想・評価

3.8
前から観たかった作品だったので期待大でした

とりあえずイザベルユペールが美しい
男はみんな少し馬鹿で女は少し怖かった、
Aki

Akiの感想・評価

3.7
すっかりレビュー忘れていました。
記憶を呼び起こしてます。

趣向は人それぞれ違いますからね。
問題はそこではなくミッシェルの物語にあった出来事という捉え方なんだろうなと解釈。「ELLE」はフランス語で彼女という意味らしい。

何はともあれ自分らしく生きる事が大事。
netfilms

netfilmsの感想・評価

4.3
 黒い画面に響き渡る女の悲鳴、陶器が床に落ちる音、パリの高級住宅街で一人暮らしをしているミシェル・ルブラン(イザベル・ユペール)は突然、黒の目出し帽を被った男に強姦される。露わになった両方の乳房、破られたパンティ・ストッキング。普通なら放心状態に陥っても良さそうだが、女は割れた陶器をちり取りでごみ箱に入れ、使い物にならなくなった黒い下着も捨てる。何事も無かったかの様に体液を洗い流し、血をさっとお湯で薄めた女は、平然とした表情のまま、今夜の息子との再会のために電話で鮨を頼む。だが肝心要の警察に連絡する様子はない。女の中に訪れたレイプという大きな事件をまるで何事も無かったかのように冷たく受け流す。この冷酷無比な主人公をイザベル・ユペールが自信を持って演じているのが印象に残る。実年齢よりも役柄の方が10歳若い独身女性はゲーム会社の経営者であり、しばしば強権的な手腕を発揮するやり手の女社長に他ならない。共同経営者のアンナ(アンヌ・コンシニ )とは若い頃からの苦労を共有する間柄だが、あろうことか彼女の旦那のロベール(クリスチャン・ベルケル)と肉体関係を持っている。時折り出会う息子のヴァンサン(ジョナ・ブロケ)とは関係が思わしくなく、妊娠中の恋人ジョシー(アリス・イザーズ)に振り回される息子に嫌気が差している。

 60歳を越えて、セクシュアリティ全開の役を演じるミシェル・ルブランの周りには、アブノーマルで好感の持てそうなまともな人物など1人もいない。離婚した夫のリシャルト・カサマヨウ(シャルル・ベルラン)は売れない作家で、若い女性エレーヌ(ヴィマラ・ポンス)にうつつを抜かし、母イレーヌ(ジュディット・マーレ)はHIV陽性ながら、娘名義の部屋で生活費を貰いながら、若い愛人に目がない。極め付けは彼女の父親が、ナントで27人の命を奪った連続殺人鬼だったことである。『ベティ・ブルー―愛と激情の日々』の原作者として知られるフィリップ・ディジャンの新たな物語は、刑事にも頼らずにミシェルが真相を解明しようとするのだが、ヴァーホーヴェン監督の旧作『氷の微笑』のようにミステリーの謎解きに主眼が置かれない。単なる被害者でも復讐者でもないミシェルの本性が露わになってからがヴァーホーヴェンとイザベル・ユペールとの真骨頂となる。清廉から程遠い女は男たちが振るう暴力の渦中に放り込まれることで、父が引き起こしたかつての大量殺人の記憶を呼び覚まされた女は、真犯人のインモラルな関係性に進んで溺れ、あえて火中の栗を拾う。当初アメリカ映画として想定された物語は、ミシェルのキャスティングが難航し、イザベル・ユペール主演のフランス映画へ軌道修正されたのだが、それが見事なまでに大成功している。

いよいよ今夜、勤労感謝の日になります。
11月22日(木)祝日@ music bar LYNCH 21時〜3時
『映画の日 7』ポール・ヴァーホーヴェン特集
>|