エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.6

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

misuzu

misuzuの感想・評価

3.5
激しい暴力描写から始まり、いかにもポール・ヴァーホーベンらしい作品という印象を受けた。
ヒロインが自分を襲った犯人を自ら探すというスリラー作品であり、観客はヒロインの行動に戸惑いながらも物語の緊張感は最後まで途切れない。

タイトルのELLEはフランス語で「彼女」という意味だそうだが、映画を観た後、個人的にはこれはミシェルだけでなく映画に登場する全ての女性達のことを現しているように感じた。
映画の中の彼女達は身近な男達に振りまわされ深く傷つけられるが、物語の最後に「勝ち組」となっているのは彼女達の方である。
そんなことを考えながら観ていると、ラストのアンナとミシェルが笑顔で会話するシーンがより深く印象に残った。
洋介山

洋介山の感想・評価

3.6
お嬢さんにワンダーウーマン、アトミックブロンドにドリームと2017年の“強い女映画”ムーブメントの代表的な一作。
とにかくイザベル・ユペールがたまらん。あんな上司が会社にいたらまともに仕事できない。
初めての飯田橋ギンレイホール、、、
ヤバい!笑笑
なんで何十年も早く来なかったのだ!
バカバカわしのバカ!笑笑
やーいい雰囲気ですなー

次は会員年間パスポート?買うべ!
電車賃かかるな、、、定期にするか?笑

つーこって、駅前の
俺流塩らーめん神楽坂店で、食してから
観たは、

「エル ELLE」

やや!?結構な観客数だよ意外!
映画好き纏ってるよ皆笑笑いいね!
なんかシネコンでは感じない波動が笑

PB:$9.1mill.
DG:$2.3mill.
FG:N/A なんでだ?
WTG:2.3mill.
YEARLY2016RANK : 195

20160525 仏公開 $4.2mill.
20161111 米公開
20170314 米盤発売
20170825 日本公開
20180124 ギンレイホール鑑賞
20180302 国内盤発売 買うかな

★★★★☆4.0 I LIKE IT

話はどこぞに任せるよー

・・・もう
ダンッって、扉に黒い両腕が、ダンッ!
って、あーた、身体が動いたやないか!笑

・・・もう
イザベル・ユペール、、、
って、あーた凄いわ、素晴らしいよ!

・・・もう
なんていう展開なんだよ!
って、あーた笑ってまうがな!
素晴らしいよ!

・・・もう
ポール・ヴァーホーベン、、、
って、あーた凄いぜ、素晴らしいよ!

ラストがよかったなー
地球へ

地球への感想・評価

3.9
エロチックなミステリー映画

主人公は新鋭ゲーム会社の敏腕女社長。
突然、侵入した覆面の男に主人公はレイプされる。
いきなりインパクトのあるオープニングで映画は始まります。
しかし、彼女はレイプを気にすることもなく平然と元の生活に戻る。
一体どうなっているのか?
迷っていると、レイプ犯探しが始まる。
そして並行して彼女を取り囲む人々の物語も展開する。

女社長の元夫は若い女性との恋に落ちる。
息子は悪い女に振り回される。
母親は若い男漁りを楽しむ。
父親は犯罪者で服役中。
そこに女社長に恋い焦がれるアブナイ社員が登場。
はたまた怪しい隣人も登場。

なんともおかしな(アブノーマルな)人々ばかりが登場する

そして自身も不倫を楽しむ日々を送る。
そんな時にまたまたレイプに遭遇、犯人は同一犯思われる。
しかし主人公はレイプを期待するようなエスカレートするような、そんな倒錯した世界を楽しんでいるように思われる。

サスペンス(犯人探し)はそっちのけで、倒錯した世界が延々と続く。

倒錯した世界なのか、それとも解放された精神なのか?
はたまた人生を謳歌する女性への讃歌なのか?

観る人の感性に委ねられた映画だと考えます。


観逃した映画を、またまた名画座(キネカ大森)で序幕・鑑賞。
アブナイ映画「パーソナル・ショッパーズ」と2本立て、大いに楽しめました。
KOU

KOUの感想・評価

3.4
レイプから始まり、謎の感情で終わる映画。
イザベル・ユペールには脱帽ですね。これは確かに賞獲りますわ。
体を張った演技とあの不穏さ。素晴らしい。

レイプから始まり復讐劇かと思えば、見終わった後に一人残らず登場人物がイかれてる事に気付く。

不気味。
主人公に翻弄される周囲のおかしな人達という映画。登場人物にマトモなのが人が誰もいない。
8さん

8さんの感想・評価

3.8

小説「oh...」を実写映画化したエロティックサスペンス作品。

新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、1人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかの様な犯行に、周囲を怪しむミシェルだったが…


『犯人よりも危険なのは、「彼女」だった…。』


なかなかの変態さん達が良い演技してましたね。ミシェルの常人っぽく見えてどこかずれてる、曖昧な倫理の境界線を軽く超えた理解し難い表情や行動に、モヤモヤしてしまいました。何故か彼女の醸し出す謎めいた独特の雰囲気に、興味を持ってしまうというちょっぴり中毒性のあるものでしたね。多様的に迫ってくる好意に平然と対応しながらも、その中にエロスを求める見かけ以上に強靭な精神力を持ったミシェル役のイザベル・ユペールの演技が素晴らしかった作品でした。
松崎

松崎の感想・評価

5.0
超無神論者の監督ならではの作品。主人公ミシェルの自律性(神に頼らない)、父親は宗教によって自身も家族も狂わせる、敬虔なカトリック信者の隣人が発する最後の意味深なセリフとローマカソリックに対する強烈なアンチ感満載。
冒頭、主人公のミシェルの行動は、私たちの「期待」するものとは異なる。お手軽で画一的な理解や共感がいかに他人の尊厳を時に傷つけるか。物語が進む程に明らかになるが、決して悲壮感漂う話ではなく、寧ろ軽いタッチで、そこが世の女性陣からレイプ被害者への冒涜だと非難される所以だろう。
彼女は決して強い女ではない。怖がっているし、とても傷ついている。再発防衛策もしっかりとる。当然レイプ犯許すまじだ。ただ我々が勝手に思う「被害者らしい振る舞い」をしないだけ。イザベル・ユペールでなければちと表現できなかった女性像でありとても爽快だ。御年64歳、ババア抱かせてくれ!!
イザベルユベール、すごい
kane

kaneの感想・評価

4.0
大森でリバイバル上映してたので、観てきました。
いやぁ、業の深い映画でした。こんな性癖の人ばかりかい!ってツッコミながら、全く分からないかと言えば、そんなこともなく。
男って女性に比べてほんと子供よねー。
>|