エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.5

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

misuzu

misuzuの感想・評価

3.5
激しい暴力描写から始まり、いかにもポール・ヴァーホーベンらしい作品という印象を受けた。
ヒロインが自分を襲った犯人を自ら探すというスリラー作品であり、観客はヒロインの行動に戸惑いながらも物語の緊張感は最後まで途切れない。

タイトルのELLEはフランス語で「彼女」という意味だそうだが、映画を観た後、個人的にはこれはミシェルだけでなく映画に登場する全ての女性達のことを現しているように感じた。
映画の中の彼女達は身近な男達に振りまわされ深く傷つけられるが、物語の最後に「勝ち組」となっているのは彼女達の方である。
そんなことを考えながら観ていると、ラストのアンナとミシェルが笑顔で会話するシーンがより深く印象に残った。

このレビューはネタバレを含みます

 レイプされた主人公が犯人捜しをしながら生活する話。

 冒頭の襲撃からそれが終わってからの主人公のリアクションから今まであまり見たことのない反応をするので一気に掴まれる主人公でした。強い女性なのかな? 思いきやフラッシュバックで襲われるところを思い出したり、防犯スプレーとか手斧を購入したりして自衛の手段を講じたりして強い女性でもない様子。

 そして母親に困る娘であり息子に孫が生まれるけど頼りなかったり、ゲーム会社で社員に恨まれていたらしかったり、共同経営の親友とその旦那さんとの関係であったり、お向かいさんの夫婦との関係であったりと周囲の人間も魅力的に描けていて130分興味深く退屈することなく見ることができました。

 犯人がわかって真相にたどり着くというところで終わるのではなく、そこからさらに広がっていって、ここからも枠組みだったり常識みたいなものを自分自身で撃ち破っていくので戸惑いながらも痛快な映画でそれでいてブラックジョークもいっぱいで笑えるところもあってよかったです。

 息子さんの子どもの肌の色のところで苦笑いしてしまう映画でした。
assaco

assacoの感想・評価

3.4
イザベル・ユペールのクールビューティに魅せられる。彼女には彼女なりのルールがあって、それを貫くことで自分を守る。最後の方は女達全て怖い…。男達は浅はかで、ある意味微笑ましい。
Horrible.
Elle a fait bien Elle
この女ぶっ飛びすぎ。
親父のせいでこんな人生になったのは間違いない。けどもこの女ヤバイ。
sai

saiの感想・評価

3.4
始まりから衝撃。
みんなどこかズレてて不器用。その有り様がどこか怖さを感じる映画。

イザベルは役柄を越えて官能的で美しかった。身体を張った演技もとても良かった。
同じ女性としてはあまり理解できない心境だったし、ミシェルの出生と本軸の展開にあまり絡みがないようにも感じたけど、複雑な家庭環境で幼い頃に色々とあったからこその心境なのかな、と思ったり。
とはいえ、ミシェル自身の華々しさと職場の雰囲気や仕事内容がミスマッチ過ぎて謎。
そのあたりも変に気になった。
一回観れば十分。
カスミ

カスミの感想・評価

3.5
目が離せない、と、目のやり場に困る、の繰り返しでした。変態だった
yonemy

yonemyの感想・評価

2.0
色々倒錯しすぎ。
odd

oddの感想・評価

2.5
するっと始まってサラッときてスーッと終わった。
ニーナ

ニーナの感想・評価

2.2
ゲーム動画が気持ち悪い!主人公も気持ち悪い!でも過去も現在もいろいろあったからなんだろうね・・・改めて女って本当に強いんだなって思った。
この映画に出てくる女性が基本気が強めで、主人公の母親も息子の奥さんもみんなクセがあるキャラクターだから分かりやすい。
白人から黒人の子供は産まれません

犯人の事いつから気付いてたんだろうとか考えたらちょっと怖いけど。
主人公がほぼドヤ顔で過ごしてるけど、完全にいろんな事にビビってるよね?
感情がもろ分かりでつまらなかった。
>|