エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.4

あらすじ

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

ハネケのピアニストを見返していて、イザベルユペールの他の作品を見たくなった。
イザベルは知的な中年女性役がよくはまっている。媚びた笑いや明るい笑い方をしないためミステリアスであり、そこに作中の人物たちは惹かれていくのである。

父親に逮捕歴があるがビジネス的に成功した中年女性がレイプされ犯人を追い求めつつ様々な性的経験をする話

面白く、ブラックジョークが効いた作品。レイプされる場面が悲惨なのに最終的に面白くなってしまうってどういうこと?
でも直後には目を覆う光景が広がり、笑いと恐怖と怒りをいったりきたりして感情を狂わされる話大好きな私としては最高だった。
笑いの構造の中に、繰り返しというものがある。またかよ(笑)もうわかったから(笑)みたいなね。それを性的生活や犯罪でやってしまうので、面白い。

登場人物全てに1回はツッコミをいれたくなる。お、おまえ~~~信じられない~~~と、かなり悲惨な「ボケ」をかまし、ツッコミ役の主人公ミシェルが、巧みにツッコミ返したり大ボケの役を演じたりする。
全員集合のパーティのシーンは、見終わったあとに思い返すと感慨深い。表面上は上流階級の楽しいクリスマスパーティなのに、中身は色々と情けなく、怪しい。

イザベルの命令で男性の陰茎のみを出した状態で公共空間で棒立ちさせる光景、これピアニストでも見たよ、、、デジャヴかな。(ピアニストの方が圧倒的に悲惨だが)
Daichi

Daichiの感想・評価

3.3
屈折。
イザベルユペール
hanadeka

hanadekaの感想・評価

2.5
タイトルは彼女『she』という意味らしい

こういう複雑な心境のよくわからない表情が多い作品を見る度に、一生ロボットなんか出来ねぇよなって思う。この顔は人間じゃなきゃ無理

レイプされて、アイコラ作られて、知らないババアに喫茶店でバカにされて、母親は遺産目当ての若者と結婚して、親友の彼氏と浮気して、キツめのSMして

情報が多いわ!!!!

バーホーベンらしいフェミニストを逆なでするような演出は相変わらずサイコー
Sasada

Sasadaの感想・評価

3.6
意味わからんけど好き。
家から出れない週末だからこそやっと観る気になれた。
屈折している。
それに尽きる。

難しい。頭で理解しようとしたら、ダメなんだろうなと思うけど、感じるままに観るものでもないのか。
感性の違いなのか、文化の違いなのか、何なのか、分からん。

表現の仕方、描写の仕方に違いがあって当然だなと、自分に言い聞かせる。
C

Cの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

男性がこの作品を作ったなんて信じられないな。
なー

なーの感想・評価

3.5
フランス映画らしい...
ゲーム会社のCEOが突如自宅にて強姦されるところから始まる。気丈に振る舞い警察にも通報しない、それには過去の経験や生い立ちが関係していた。

とりあえず、フランス映画らしい映画。官能的だし、性に割とオープンだし。
とはいえあまりのめり込めるストーリーでも僕にはなく…
見どころというか、主役のイザベル・ユペールがこの映画で64歳だったということがストーリー云々ではなく衝撃だった。
>|