エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.4

あらすじ

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

WAKASAMA

WAKASAMAの感想・評価

3.6
美し過ぎます、イザベル・ユペール。
とてつもないものを観た…。

全ての映画がヴァーホーヴェン監督作になれば良い!とまでは思えませんが、他で換えが効かない独自性を持つ優れた作家である事は間違いありません。
ヴァーホーヴェン作品は、まるで暴力神輿で知らないところに連れ去られる様な狂騒感が特徴かな?と思います。

で、今作。ストーリーは、解説しても意味が無さそう&気分が悪いのでサラッと。
白昼、自宅に押し入った覆面の男に強姦されるミシェル(イザベル・ユペール)。しかし事後は騒ぎ立てもせず、まるでコーヒーでもこぼしたかの様にサッサと後片付けし、元の日常を戻る。
ミシェルには警察に連絡をしない、そしていつ何処ででも暴力被害に遭いかねない理由が有った。国民の誰もが知る、突発的な連続殺人事件の犯人が彼女の父だから。警察はまともに取り合わないだろう。自分を殺したい奴もごまんと居るだろう。
ミシェルは一人で犯人探しを始める。先ずは自身の経営するゲームソフト(ファンタジーアダルトゲームなど…)メーカーの社員。血縁関係…。怨まれる覚えも充分有る。

先ずはど頭から強烈な一撃。センシティブ極まりない出来事をサラッと描き、それを日常と捉えざるを得ない人間の心の有様を想像させる。ヴァーホーヴェンの野郎…。それで、お話は犯人探しを核の様に見せかけて、彼女の過去や複雑な人間関係を描いていくのですが、意外にも中盤に犯人はアッサリと判明してしまいます。推理サスペンスではない?となると我々は何を見せられているのか…。


父が犯行に及んだあの日、下着姿で佇む少女ミシェル。
母になったミシェル。
孫が出来、おばあちゃんになっても情事を楽しむミシェル。その父の末路。
そしてタイトル。『ELLE』。
見終えて暫し考えるに、ひょっとして全ての出来事のきっかけになったのは…。
更に、終盤××のパートナーが別れ際に言う台詞の意味…。ラストシーン、揚々と引き上げていく2人。
きっとヴァーホーヴェンは心から女性を愛し、畏れ、尊敬しているのでしょうね。そんなヴァーホーヴェンの、女性達への讃歌?ラブレター?男どもは死ぬまで警官ロボットや昆虫怪獣で哀れな遊戯を続けるしかないのか?
…分かるけど、屈折しすぎだよ!やっぱ最高です!

因みに、被害者の存在する性犯罪を犯すものは問答無用で死刑でよいと思ってます。足の裏から一ミリずつスライスしてやれば良い。獣の亡骸に縫い込めてやれば良い。


あ、お利口な黒猫ちゃんが登場!特に危険な目にも会いませんよ!ネコネコメーターは1🐈です!(焼け石に水)
…そういえば、前夜に観た『ノクターナル・アニマルズ 』に続き、“女性がひとり佇む室内、その大きな窓に小鳥が衝突する”シーンが有りましたが、その後の容赦なさは流石のヴァーホーヴェンである!ボリボリ…。
ピアニストとは姉妹関係にある映画
娯楽性はピアニストより上
クールさはピアニストが上
どっちが姉かは分からん
もにか

もにかの感想・評価

3.8
結果的にミシェルの思い通りになってるとこが怖い
よくわからない作品だった。複数な設定の変なキャラクター勢揃いの作品だ。見終えて、それで…っていう感じだった。
Filmi

Filmiの感想・評価

3.0
たくましい…

このレビューはネタバレを含みます

サイコスリラーだと思ったら変態スリラーでした。ネジ飛んでる人多過ぎてほとんどの行動理解できない。よくこんなプロットで作ったなって感じ。
イザベルユペールすげぇってことだけはちゃんと伝わりました。

このレビューはネタバレを含みます

女優さん64歳!!すごっ!!
スタイルも細過ぎるけど綺麗。
お母さんが整形って直ぐ解ったけどあれ整形っぽいメイクで本当に整形してないよね?パーティー中に倒れて還らぬ人となるのは、あーあーだった。結婚後の様子も見てみたかった。お父さんが30年も牢屋に居るとは!そして、何人も殺したおぞましい殺人犯とは!!家族にも何かしら精神を病ませてしまう所が有るのかな?とか色々考えながら観ていた。最後隣人の奥さんと引っ越しで去り際に立ち
話しするけど「夫がすみませんでした」と、言わないのとか笑顔で元気なのが気になった。(もしかして、パーティーでも信仰に関するTVを見させてくれと言った位だから、信仰に没頭するのもいいい人って訳では無くて夫死んでるのに笑顔で謝罪なく変だよ!と監督が言いたかったのか?余りにサッパリし過ぎの成り立て未亡人)、夫が病んでいたのは妻は知っていた、半ば諦め感も、、。ゲーム作りの描写は面白かったし、顔を変えて作って遊んでる社員もあんな事自分がやってたのに報酬をねだるのが意味が解らなかった。主人公が親友の夫と寝たり、レイプ犯を通報しなかったり、共感は全く出来ないけど何か芯が通ってて正直に全て話して行く後半は一掃されて気持ちが良かった。バカ息子が一撃で全てを終わらせたのは皮肉か。登場人物全てに共感は出来なかったものの変わっていて面白い映画だなあとは思った。作り方がとても丁寧ですね。
息子の嫁がおばあさんの散骨の時に切れたり変なキャラクターだらけの映画でしたが、どれも居そうで居ないって感じの人達だらけで、んーーー有り得ねーと思いながら観てました。
文章が全くまとまっていませんが、思った事を書き連ねてみました。
>|