あなた、その川を渡らないでの作品情報・感想・評価

「あなた、その川を渡らないで」に投稿された感想・評価

ばなな

ばななの感想・評価

3.2
老夫婦の仲のいいやりとりが微笑ましい
bina

binaの感想・評価

-
可愛い、、最高にかわいい。
おじいちゃん。。おばあちゃん。
愛が深いよ……

歌うとおばあちゃんがにっこりするのがたまんなかった。

うちのじじばばも最後までラブラブだったからなんか切なくなった。素敵な大往生。

最後の雪景色
服を燃やすシーンが美しかった。
まーの

まーのの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーと知らず私は何を見せられているんだ?wと最初は思ったけど
後半泣きっぱなしだった。
素敵なご夫婦。
2人の深い愛が美しかった。天国でもお揃いの服を着てふざけあって欲しい
なな

ななの感想・評価

3.7
70年以上連れ添った老夫婦の最後のひととき。
手を繋いで歩いたり添い寝したりと仲睦まじい姿は、もし結婚したらこうありたいと思わせる。
先に逝く人・残される人がどうしてもできてしまう中で、「一緒に死ねたらいいのに」というお婆さんの言葉が重くのしかかった。

死ぬものあれば生まれるものありということをしみじみと感じた。

夫婦お揃いの韓服が目に鮮やか。
あえて、点数はつけません。

韓国の村に住む、ある老夫婦のお話です。この老夫婦、非常に仲睦まじくて、微笑ましい限りなんですね。こんな付き合いたてのカップルみたいな老夫婦ほんとにいるの? と却ってリアリティを疑ってしまうほど。例えば、秋になると落ち葉が庭に落ちてます。それを二人で掃除していると、おじいさんがおばあさんへ落ち葉をかけていたずらするんですよ。すると、おばあさんも「やめてよ」と言いながらもやり返すんですね。で、そのやり取りの後に、おじいさんがいたずらをしたお詫びにおばあさんへ近くに咲いていた花を摘んできてプレゼントする、っていう本当に理想的な夫婦関係を築いているんですよ。あと、夜トイレに行く時は必ず二人で手を繋いでトイレまで行って、おばあさんが用を足している間、おじいさんは外でずっと待って、おばあさんが怖がらないように歌を歌ってあげるんですね。すると用を足したおばあさんはおじいさんに「寒かったでしょ?」なんて言って気遣ってあげる、っていうエピソードも撮られているんですよ。中盤で、その老夫婦二人で子供服を6着も買いに行くんですが、それもまた感動的というか、現実的というか、深いエピソードなんですね。結婚から76年目を迎えても仲が良いのは、単にただ楽しく一緒に過ごしてきたからじゃなくて、辛い日々を一緒に乗り越えてきたからなんです。その過去の部分の独白が非常に重苦しくて、現実を直視させられます。

タイトルの通り、物語が続くにつれて二人にも別れのときが近づきます。二人が一緒にいた76年という歳月を想像した時に、私は本当にラストでいたたまれなくなって、結果的に号泣しました。愛の教科書のような作品です。人間として、見ておいてほしい一本です。
じじじ

じじじの感想・評価

3.2
結婚75年て凄。最初中学生のようにちゃいちゃいしててちょっと冷めちゃったけどやっぱり泣いちゃうよ…
 韓国版「人生フルーツ」というか、製作順だと逆かもしれませんが。
 長年連れ添ったからこそ、の部分と長年連れ添ってもなお、の部分が見え、非常に理想的な夫婦の日常。ただ、「人生フルーツ」と比較するとかなり色濃く死というものをちらつかせる作りになっている印象。
 衣装かと見紛うほど色鮮やかな夫婦の服装がまるで非日常のように日常を彩るのが目を見張る。
アル

アルの感想・評価

3.8
泣くことはなかったけどこんな風に生きていきたいな、、
>|