オクジャ okjaの作品情報・感想・評価・動画配信

「オクジャ okja」に投稿された感想・評価

オクジャが可愛くて可愛くて、
開始10分くらいで泣いてた。
食べなければ生きていけない。
それだけはシンプルなんだけど。
「いただきます」を忘れずに。
chama22222

chama22222の感想・評価

4.0
ポン・ジュノ監督
今回も、色んな想い、気付き、風刺を
ありがとう。

食前の『いただきます』という言葉があるのは
日本の食文化だけ
(私の知る限り。『食べよう』という言葉は各国あるけど。)

食べる時に、宗教の教えで
神に感謝の祈りをするのではなく。

『命をいただく』
そのことへダイレクトに感謝する日本文化には自信を持ってる。
(仏教の教えからきてるけど)

ハンター、漁師、料理人&料理好き etc

生命に対してリスペクトがある方々の殆どは
無駄死にさせないし
即死(シメ)させてあげるし
無駄なく美味しく料理をする

安易に
ベジタリアンになったり
ヴィーガンになるのは
如何なものか?と、私は昔から思っていた

リスペクトがあっても企業に属し
信念を狂わされてる人もいる。

いま、そういう段階にいる中で
食糧難、水不足、食品大量廃棄 に対し
人類は どこへどう向かうのか
けんや

けんやの感想・評価

3.7
パラサイトのポンジュノ監督作品。
遺伝子組み換えされたスーパーピッグを助け出す少女のはなし。

現実にもある家畜の食品加工問題の深刻さがわかるメッセージ性の強い作品でした。

退屈なシーンはなくて車でオクジャを救おうとするシーンは見ものですよ。
特に最後は悲しかったですT^T
🐷2020年301本目🐷

間接的に色々な事を考えさせられる複雑な作品だった。誰が正しいとかおかしいとか、共感するとかしないとかではなくて、全てにおいての矛盾を叩きつけてくるような表現力の柔軟さに驚かされる。

「パラサイト 半地下の家族」の公開当初、いきなりの注目度で驚かされたが、過去の実績もあり、そして「オクジャ」と来たら、注目されて当然だと今頃気付いた…。豪快にも凄いところをついてくるし、人間の存在にハッとさせられる。


本来なら命の重みに違いがあってはならないはずだが、今作の中でもそれぞれの目線の中に、命の重みの順位は存在していた。
例えばオクジャを救う少女は、庭で鶏を放し飼いして、おじいさんと一緒に何食わぬ顔で食べている。そういった一つ一つの矛盾が、命の尊さへの疑問点として心に訴えかけてくる。

誰しもが、生きる為に自分の中で何を犠牲にするかを判断していると思う。肉を食べない人は、倒れそうになりながらも菜食主義を貫いているし、ビジネスに目をつけた人達は、残酷さなどは考えずあくまで利益の事を考えている。オクジャを救おうとする女の子は、単純に一緒に生まれ育ったオクジャへの愛着から家族だと思っている。


人間がこの世に存在していく以上は、今の現状は変わらない。昔は狩りをしていたのに、今では誰かが育て、誰かが殺し、手を汚さないまま、美味しいお肉を安価に食べる事が出来る。

加工する人々も残酷に見えるが、家畜の力を考えると命懸けの作業なのかもしれない。これを良いとか悪いとか…突き詰めだしたら、本当に何が正解か分からなくなる苦しみを、考えさせられる訴えかけてくる作品にも思えた。

正直なところ、動物に苦痛を強いる作業、サシのチェックやら…麻酔せず様々な処置をする作業なんかは廃止してほしいし、家畜だからどうせ殺すから何も変わらないではなくて、大切にして欲しい…。(これは酪農やってる人からしたら、綺麗事なのか?!)

なんかもう、人間が管理すると残酷になるなら、清潔な自然工場で全て全自動にして貰いたい。(この考えも結局はお肉を食べる人間の綺麗事なんだろうけど…ね。)
 

オクジャにとっては安心する最後であったが、そうならなかった者達の声が…無情にも響いていて、その時の少女のどうしようもない哀れな表情が切なかった。命の重みに絡んだ不条理がこれでもかと観れたし、映画の中にメリハリがあって、飽きる事なく没頭していた。


それにしても…キャストが豪華で驚いた!!

監督はポン・ジュノだけど、韓国とアメリカの合作みたいで、出てくる大半はアメリカ系なので…なんとなく「翻訳は尊い」ってのも、ポンジュノの皮肉なのではないか?と感じて、少し面白かったり…。

ギレンホールは日本版ムツゴロウかよ…!ってキャラクターだったけど、やっぱり狂った役柄をモノにしてて、凄い。でもあの瞳がサイコな方面ばかりに活用され過ぎるのも、若干悲しい。

ポール・ダノが出てきて、嬉しかった。彼本当、優しい顔してるね!初めて見たのが「プリズナーズ」だったから、顔をよく認識できてなかったが、その後魅力を知った俳優さん。

そして韓国勢も、「パラサイト 半地下の家族」の息子役の子も出ていたし、ついこないだ鑑賞した「バーニング」のベン役で見事な金持ちの見下し方を演じてた彼も出ていたし、オクジャのおじいさん役もよく見かける顔で嬉しかった。あれ?あのおじいさん、「グエムル」の人かな?多分そう。

オクジャと少女の自然の中での生活は、憧れだったなぁ…。オクジャがトトロなのかと思ったし、お尻さすってあげると、うんちポコポコ出るのも可愛かった。うんち鉄砲攻撃、良かったわ〜!


オクジャの作品写真、風刺が効いている。オクジャの上に立つ煙突は、金儲けの為に命を操る金儲け大企業への皮肉にも取れる。
期待を裏切らない面白さでした!!
ちょっと観るか迷ってたけど、観れて良かった。
Lou

Louの感想・評価

-
もう見たくない
自然がすばらしい
お腹空いてるときに見る映画じゃなかった
V

Vの感想・評価

4.0
とにかく泣いた。

改めて動物愛護と食肉について考えたい。
ゆ

ゆの感想・評価

2.9
英語字幕で見てしまったからか、あんまり面白く感じなかった。。
最後の結末然り、好みの脚本じゃなかった気がする

やばいムツゴロウさん的なジェイクギレンホールの演技がとてもよかった〜!
トトロ→ドナドナ→食肉産業vs動物愛護団体

とにかくミジャがかわいい

たくさんの食用ブタの中から自分のペットのブタだけ連れて帰るのは切ないね

人間のエゴこんちくしょーと思うけど
映画としては最高のエンターテイメントでした
>|