しゃぼん玉の作品情報・感想・評価

しゃぼん玉2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:108分

4.0

あらすじ

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少し…

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。 そして10年ぶりに村に帰ってきた美知(藤井美菜)との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。 「今まで諦めていた人生をやり直したい」 ――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。

「しゃぼん玉」に投稿された感想・評価

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人。彼は人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマを助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになる。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れていくのだが。。TVドラマの「相棒」シリーズなどを手がけた東伸児監督による劇場長編デビュー作。

犯罪を犯した男が逃亡していく中で、自身を改心していくような出会いに遭遇するというのは映画、TV問わず、結構ありがちな題材ですが、本作はそうした出会う人々が宮崎のいわゆる限界集落という場所に住んでいる人という設定が何気にいいと思います。どこの地方にも、電車やバスなどのアクセス手段が困難な場所に住んでいる人たちというのはいるのですが、本作ではその場所を一種の桃源郷のような世間とは離れした場所としているのが、主人公・翔人が逃げ込め、かつ自分自身を振り返ることができる安息の場所として描けることに成功していると思います。犯罪映画ではないし、少し趣向が違いますが、マイケル・J・フォックスが主演した1991年の映画「ドク・ハリウッド」に雰囲気が似ているんですよね。あの作品でも、フォックス演じる金儲け主義の美容整形外科医が、事故で足止めをくらった土地の温かい人々に触れながら、お金では手に入れることができないものに気づいていく。今も昔もそうですが、心を洗濯する場所というのは人にとって必要なのです。

それに本作ではそうした心を洗われる場としての限界集落という意味合いではなく、身寄りもなく、愛情も知らず、自分勝手な行動ばかりしてきた翔人の家<ホーム>としての役割も持たせます。村の人々の素っ頓狂な対応に戸惑い、最初は強ぶるものの、こんな自分でも頼ってもらえることに素直に愛情を感じる翔人。やがて、翔人にとって、そういう人たちを一人一人大切にしたいという想いが芽生えてくる中で、過去の犯罪者としての自分と嫌がおうにも向かい合わないといけない現実に直面することになってくる。そうした心の内面の変化をつぶさに描いていく様はなかなか力強いものを感じました。

主人公・翔人を演じるのは林遣都。脇役とはいわないものの、どこか主演で作品を引っ張るには力不足を感じてしまう役者さんでしたが、本作での脱皮ぶりはなかなか良いものを感じました。特に、翔人の犯罪者としての暗い内面が、今の幸せを苦しいものにしていくところなどは演技としてうまく表現できていると思います。それを支えるのは老婆スマを演じる市原悦子の圧巻の演技。彼女もTVとは違い、ここ数年は映画の軸になって演じる役柄はなかなかなかったと思いますが、本作では主役ともいえる準主役級を存在感ある演技を披露してくれています。特に、終盤の翔人との別れのシーンの何とも言えない表情は名シーンですね。ラストはあえて、役者を大きくフォーカスしない絵作りも味わい深くて心に染みる演出だったと思います。
ポプ子

ポプ子の感想・評価

4.0
結構最近原作読んで、映画化されてるの知らなかった。
しかも林遣都で。
林遣都はほんとにこうゆう役合ってるよなぁ...

環境が変われば人も変わるのかなぁ。

ひと言じゃまとめられない。
後半じわじわこみ上げてくるものがある。
久々に胸が苦しくなった。
とりあえず最高にエモかった。
屑主人公の伊豆見が、成り行きで親切にしたスマの愛情を受け、シゲ爺を始めとする村人から一人前に扱われ、立ち直っていく物語。

立ち直りの最大のきっかけは、美知との出会い。美知に心惹かれるが、その美知は犯罪被害者。それを知った伊豆見は、ここでようやく過去の犯罪を後悔する。
しかしその後悔が、自分のような犯罪者が美知のような不幸な被害者を生み出したことに対するものか、あるいは自分が犯罪者だと知られたら嫌われてしまうという恐れか、いまいちはっきりしない。
また、出所後に美知に受け入れてもらえると考えたのであれば、ちょっと甘いのではないだろうか。むしろ、伊豆見と美知がどのように関係を再構築するかを描いてほしい。
jinko

jinkoの感想・評価

-
DVD鑑賞 素晴らしい作品。泣けた。市原悦子さん大好き。
Tomoka

Tomokaの感想・評価

4.2
自分の祖母と重なって、家の灯りが沁みた…。ずっと長生きしてほしい。秦さんの曲も良くって。
dadada

dadadaの感想・評価

5.0
DVDにて鑑賞。
素晴らしかった。
林遣都くん素晴らしい役者さんですね。
それに市原悦子さんの声は本当に落ち着く。
雰囲気も何もかもが好みの映画だった。
くっそ〜、映画館で観たかった…。
shiori

shioriの感想・評価

3.8
公開して直ぐ観たかったやつ。
現代っぽさは無いけど、原作通りで安心。
最初、林遣都かって思ったけど全然良かった。藤井美菜って老けないなぁ綺麗だったなぁ。
スマ婆がほんと素晴らしい、あんな婆ちゃん近くに居てほしい。
なんだこの優しさ溢れる映画は…!という感じでした。何も言わず全てを受け入れてくれるおばあちゃんに、強引に連れ出して鍛えてくれるおじいちゃん…良い。

ホッとする良い言葉がいっぱいだったのも印象的だった。
「坊はええ子じゃ」
「なんでん気づいた時に直したらええ」
「やれば出来るってことはわしが一番よく分かっとる」
「自分の大切にしたいものには嘘はいかん」
「それはあなたが親切にしてあげてるからでしょ」

あと犬が可愛い。笑
おいす

おいすの感想・評価

3.9
邦画はこういうのがいい
親に大事にされなかった男が通り魔を続け悲しい人生を送っていたが、路肩に倒れ怪我しているおばぁちゃんを助けたことにより、何故かおばあちゃんの住む家で一緒に暮らすことになり、沢山の村の人達に沢山の愛情をもらう。
自分に起きていく心の変化を感じながら、過去を後悔し毎日を送っていく。
林遣斗くんの演技に見せられ、市原悦子さんの一言一言に毎回グッと来て、あー感動しました。
>|