しゃぼん玉の作品情報・感想・評価

しゃぼん玉2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:108分

4.0

あらすじ

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少し…

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。 そして10年ぶりに村に帰ってきた美知(藤井美菜)との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。 「今まで諦めていた人生をやり直したい」 ――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。

「しゃぼん玉」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

4.2
いい映画だったばい。
こういう世間に知られていない田舎町を舞台にする映画って けっこう好きだげ。
最後のテロップ見てみたら けっこう地元の人もたくさん参加してるみたいで きっと撮影期間 ここは盛り上がったんだろーなー。

嫁さんの実家が福岡なんで 毎年 九州には行っている。
それも かれこれ20年。
その嫁さんの実家には 77歳になる母親が一人で住んでるんだけど、市原悦子と重なって見えちまうから 涙腺崩壊もヒドイものだった。
核家族化が極度に進み 隣近所との付き合いすらなくなってきた日本。
異常犯罪を減少させるヒントにもなる映画だった。

椎葉祭 今年行ってこよっかな。。。
20180922鑑賞。韓国で活躍中の藤井美菜作品で探していて行きついた。市原悦子の婆さん役に泣いた。林遣都のやさぐれた犯罪者役もうまい。宮崎の田舎町の人びとの優しさが心にしみた。樹木希林亡き後は市原悦子に頑張ってもらわないとだ。エンディング曲の秦基博の「アイ」がまたよい。
ポコ

ポコの感想・評価

4.5
人は優しくされることで優しくなれる。
みんな自分を認めて受け入れてもらいたいんだよなって思った。私が今おばあちゃんみたいに優しくされたら大号泣しちゃうだろうな。心がホッとあったかくなる良い映画。
poou

poouの感想・評価

4.2
きろく
S

Sの感想・評価

3.8
寝ながらタバコ吸って、灰が顔にかかったシーンは偶然なのかな
Mio

Mioの感想・評価

3.3
おばあちゃんがいい人いい人
一個前に見てた映画で涙腺が決壊してたからか ダーダーに泣いた
市原ばあちゃんの話し方がまじで自分の田舎のばあちゃんそっくりだった恋しい

おにぎり落としちゃうシーン、まじでおにぎりにが「おむすびころりんっ」って言ってるみたいに綺麗にころりんしてた
笑生

笑生の感想・評価

3.5
想像通りの展開で想像通りの結末を迎えるのに最後物凄く感動してしまったのは、林遣都と市原悦子の芝居のせいやと思ってる。秦基博の主題歌が流れるタイミングもぴったりすぎて鳥肌モノ。林遣都に「良かったね」って言ってあげたくなるラストカットは文句なしに良い。いい映画の終わり方。
最初はあまりにも想像通りすぎて、何も起こらん話やなーって思うけど、終わってみるとその描写の大切さに気づく。
uvo

uvoの感想・評価

2.0
市原悦子のマンガ日本昔話で育った世代です。里山の風景と配役だけで星をひとつ上げてしまいました。
原作未読ですが、ストーリーにひねりもなく、主人公の葛藤を表すシーンもそんなに必要かというほど差し挟まれるので少々辟易します。
ある人との出会いを通して、自分のしたことをようやく心の底から後悔し嘔吐するシーン、唐突過ぎやしないか。どうも主人公の青年のルックスというか目の演技が感情移入を妨げる感がある。光の使い方とか、ちょうど同じ単館上映のグザヴィエドランの「たかが世界の終わり」見た直後なせいか、やや安直に感じられました。
シニア世代は涙腺が崩壊していて、クライマックスではいたるところからすすり泣きが聞こえましたよ。僕には?でした。おばちゃんにおススメ。
>|