まこぞー

さとにきたらええやんのまこぞーのレビュー・感想・評価

さとにきたらええやん(2016年製作の映画)
4.0
仕事絡みの上映会で鑑賞。
大阪の西成にある「こどもの里」。
年中、いつでも来てええよ。という「子どもの居場所」が舞台です。
ドキュメンタリーですが、いい感じに力が抜けて、重いテーマだけど、軽やかに心に届きました。
親の生きづらさが、子どもにのし掛かってくる悪循環はなかなか断ちがたく、子どもだけ救い出して、はい終り。にはならないし。
乱暴な言葉で子どもを叱る親は、怒りながらもとても苦しそうで。
「せめてこの子には常識を教えてやらんと」と口をそろえる。
その愛情が、虐待に化けたりしないように。悲しい子どもが悲しい大人にならないようにと、『さと』はおおらかさと繊細さのバランスをとりつつ、子どもと親を見守り支えています。
子どもたちが、それぞれに辛さを抱えていても、明るい。健気で愛おしい。