さとにきたらええやんの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

さとにきたらええやん2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:100分

4.2

あらすじ

大阪市西成区釜ヶ崎。“日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。“さと”と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子、そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地…

大阪市西成区釜ヶ崎。“日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。“さと”と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子、そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきました。 本作では「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子どもたちと、彼らに全力で向き合う職員や大人たちに密着。子どもたちの繊細な心の揺れ動きを丹念に見つめ、子どもも大人も抱える「しんどさ」と、関わり向き合いながらともに立ち向かう姿を追いました。

「さとにきたらええやん」に投稿された感想・評価

客席20席の映画館
「シネマチュプキ田端」にて鑑賞

上映後
自立支援サポートセンターもやいの大西氏と監督の重江良樹氏のトークイベント有り


親の「しんどさ」「生き辛さ」は
そのまま子どものそれになる。
子どもは選択の自由無く
親の「しんどさ」を抱えて生きる。
でも子どもはエネルギッシュだ。
いずれ自力で疾走する。

SHINGO★西成の歌う言葉が心に染みる
♬ 心とフトコロが寒い時こそ胸をはれ ♬

支援者と被支援者では無く
共に生きるということ

子ども達の生きるパワーに
逆に勇気を貰う映画です

*3/12 シネマチュプキ田端
なにわ

なにわの感想・評価

3.0
うーん、もう一回だけ見たい。
なんかなぁ、なんやろ、もやもやした。
忘れたくない、感じたこと書いときたい。

西成、釜ヶ崎、親から危ないから行ったらアカンと言われていた場所。
映像を通して初めて見た釜ヶ崎。どういう生活がそこにあるのか想像ができひん。
そこに、こどものさとがある。

居場所
安心できる場所、家族がいるところ、友達がいるところ、大切な人がいるところ、人それぞれ。
心に傷を負ってても、辛いことがあっても、安心できる場所があれば、「がんばろう」と思えるのかもしれない。さとの子たちは、想像できないものをきっと背負ってる。それでも、旅立っていったり、自分と向き合おうとしたり。途中、ホームレスのおっちゃんが「生きることが良いとは限らへん」って言うてた。でも、安心できる場所があれば、しんどくても乗り越えられる力になるんかもしれへん。

レッテル
小さい頃に障害者と言われて「なんでやねん、普通や」と感じる。中学で周りは数学を勉強してるのに算数を勉強しててバカにされる。
【人と違う】って何が違うんやろ。普通の基準って何やろ。障害者もホームレスもちょっと変わった人も、社会から【他と違う】って決めつけられてしまってる。社会が障害を作ってるということを再確認

これ観て良かった!仕事にも通じるものもあったし、もう一度仕事への姿勢を見直そうと思えた。
綺麗事じゃない。
子供は生まれを選べないけど、それでも強く生きていくんだな。
smmt705

smmt705の感想・評価

-
親の背負う物も子供が背負ってしまうという事は実は本人たちは気付けなくて、家族だから当たり前みたいになるこのもどかしさ。子供の成長に大人は救われてしまうのだね。
あまの

あまのの感想・評価

5.0
おっちゃん、しんどい、ワンカップ、温かい家庭、ぬくもり

SHINGO☆西成のオープニングで、わくわく胸がいっぱい。去年の夏、西成の労働福祉センターのすぐそばのビジネスホテルに2泊したのを思い出した。失礼だが日本とは思えなかった!どきどきしたしちょっぴり怖かったな。偏見しかなかった。そんなあのまちに、こどもの里があるんだな。

子どもの元気ってすごい!
どんなに、暴力虐待受けても、障害あっても、お母さんがお金にだらしなくても、みんな思うことは、
『いつかできるであろう彼女においしいご飯を作ってあげれるようになりたい』とか
『温かい家庭を作りたい』
『(いつか自分にもできるであろう)子どもと、自分は一緒にすごしてあげたい』
そんな幸せを、明るい未来を求めていることにグッときた。未来も捨てたもんじゃないぜ。

ベストオブベストすぎて、全てを書き留めたい!鑑賞後も胸がいっぱいすぎて、見る勇気がなくて、パンフレット買えんかった!むしろフライヤーも持って帰れんかった。心が洗われた。

まなみの懐の深さよ!!!
(まるで7つ下の小娘とは思えません自分がお恥ずかしい!!!)


※最近の子どもは人の温もりに飢えている、そうあったけど、本当だよな。SNSに温もりの感覚をおかしくさせられている!いつかSNSが廃れる時代がくるのだろうか。
アップリンクにて

誰よりも特別な気持ちで観たと思う。
実はあたしには、1つ、人生でやり遂げなければならないものがある。


このドキュメンタリーの子供達の表情には芝居じゃ絶対に作り出せない緊迫感があった。夜回りの時、おじさんの「大阪万博が1番楽しかった」と言う思い出に涙が止まらなかった。思い出すだけでもいっぱいになる。
667djp

667djpの感想・評価

4.0
素晴らしい作品。子どもの世界がいかに無垢で美しいか。大人たちの世界がいかにしんどいか。この対称とその狭間にいる少女。願わくば彼女の未来が幸福であってほしい。

ドキュメンタリーの強度はその場所や人とどれだけコミット出来るか。関わり方だけでなく単純にそこに居る時間の量も含めて。

狙い澄まして撮るクレバーな作品の凄さもあるけど、やっぱり掬えてるものの密度が違うなと思う。

自転車のカットがめちゃくちゃいい。
heki

hekiの感想・評価

4.2
アップリンクの再上映でようやく見れた。久々にグッときたドキュメンタリー。
見ることができて本当に良かった。
c

cの感想・評価

4.0
このドキュメンタリー作品に出てきたすべての人々が、今もどこかで元気で幸せに暮らしていますように。監督とプロデューサーとお酒を酌み交わしたのも併せて、忘れがたい映画経験になりました。