ちー

マンチェスター・バイ・ザ・シーのちーのレビュー・感想・評価

3.7
つらい、ただひたすらにつらい映画でした。

あんなに明るかったケイシー・アフレックが
どうしてこんなにも暗い男になってしまったのか。

時系列が交差しながら進んでいき、
決定的な場面に行き着いたとき、もう、
ケイシーに感情移入してしまっていること間違いなしです。

でも誰しもあそこまでではないにしても
どうしようもない、まさかそんなことになるなんて思いもしないような
そんな経験って起こりうると思うんです。

すごく愛おしい一作です。静かなできれば涼しい明け方にどうぞ。