てんやもん太郎

マンチェスター・バイ・ザ・シーのてんやもん太郎のレビュー・感想・評価

4.0
最初、なんかよくわからなくて、眠かったのだけど、
内容がわかった時には、もう目が離せなくなっていた。
今出来うる、最良の選択を人は必死に探しているかしら。
最高の選択ではなく、最良の選択。
心の中のあり様が、どの瞬間に、どう露出してしまうのかというところが、
本当に目が離せない。
いかにも用意された瞬間ではなく、ふとした瞬間に現れるのが、なんだか凄い映画だなと感じた。
自分の中にある大きな問題に対して、正面から向き合うことだけが、
正面を向かせる事だけが、選択肢なのではない。
とにかく前に進む事だけが、正解ではない。
誰一人無理強いしないところに何故か優しさを感じた。
優しい映画かわからないけれど。。。