マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

ざきを

ざきをの感想・評価

5.0
ハッピーエンドなんかよりも、この映画の終わり方の方がずっと良い。
心の中にある深い傷をいつまでも癒せないままでいて、それを背負い生きていく…癒すのではなく、どう向き合うかということ…

兄の死をきっかけに故郷に戻り、兄の息子パトリックと生活していく中で、過去と現在など多くの出来事と向き合っていくというお話。

徐々にみえていくリーの心の傷。その傷は癒えなく、とても深いということが作品を観ていくとどんどんわかっていく。ラスト30分ごろのランディとリーが2人で話をするシーンはすごく辛かった。リーはきっといろんなこと思っていたんだろうなと…言いたいこともあるんだろうなと…それでもああしていられる強さはすごいなと思った。多くの場面で不器用なのか器用なのか色々な人とぶつかったりしてしまう。そんなリーの姿には感情移入をせずにはいられなかった。ケイシーアフレックすごすぎる。哀愁漂う目と背中。ポケットに手を突っ込む仕草。遠くを見つめ思いをはせる顔つき。どれもリーの読めそうで読めない心の中を表せていたと思う。

やっぱり人を助けるのは"人"なんですね。
リーもパトリックと出会えたことはとても大きかったのではないでしょうか?

人との向き合い方が少しだけ変わったようなそんな映画でした。

うまくレビューできずすいません。でもこの作品とても大好きな作品になりました。同じ年に公開されたムーンライトやララランドよりもこの作品の方が評価受けてほしいなぁ…
マンチェスターの海辺の風景。とても美しく、一度でもいいから歩いてみたいなと思えました。
おがさ

おがさの感想・評価

4.0
色々辛いことがあったし、作中でも辛いことばっかりだけど、小さか光を胸にこれから頑張っていこうってタイプの映画。
観たあとに自分も頑張ろうって思える良い映画なんだけど、このタイプの映画って感想を言葉にするのが苦手。

ケイシー・アフレックの兄が死んだって聞いてベン・アフレックの顔が過ぎったけど違いました。
sawaD

sawaDの感想・評価

3.6
世間的に誰にも責められなくても、自分が自分を許せないって苦しい。辛い記憶を伴う場所に戻ることを拒み続ける姿がすごく人間らしい。アメリカのティーンエイジャーって女の子は特に、すごく大人びた考え持ってるように見えてたけど、実は大人や世の中に対して夢見がちなだけなのかもしれない。
ルーカスヘッジズ好きなの思い出して鑑賞。曰くも嫌味も何もなく。海の砂ぽい、一握の砂的なテンションだった気がする。
ケイシーアフレックが好きな自分にとって出演してるだけで点数+2。

映画始まりはクソほどつまんなくて劇場出ようかと思うぐらいどうしようかと苛立ったけど、中盤辺りから、置いてあるキャラクターに焦点をあわせて丁寧に過去を匂わせる描写、そしてその全てを2時間かけて丁寧に描いていく様に共感。

ここまで個々の過去と今を丁寧に完結させた映画は珍しく、その裏では過剰的な演出ではない甥との友情もしっかり描かれてて、
ラストは葬式で終わるんだろうなー、とは分かりつつも、そこに至るまでの丁寧さと、ぶっきらぼうさに突き放した感じが共感しか持てない中々特殊で高評価な映画でした。

見てるときに「なんかあの映画に似てるなー」とか思ってたら、やっぱり「ユーキャンカウントオンミー」の監督だった。
質感似てる。

ただ、個人的に、
なんの説明も無しにいきなり過去の話にカットインする描写が苦手なので、そこだけがマイナス。
あと、火事起こしたのにソースを焦がして寝るあの下りの「業」もコブシ握るぐらい素晴らしい。


長々しいな、とは感じつつも、全てに納得できた2時間強。
素晴らしい。
satton

sattonの感想・評価

3.8
派手さのない映画ですが、静かに心を打つものがありました。
映画のハイライトとも言うべきシーンでのケイシーアフレック、ミシェルウィリアムズの演技は素晴らしく、見応えあり。
Ben

Benの感想・評価

3.9
ケイシーアフレックが名演。兄と違い演技力が高い。
かなり重たいテーマだったが見入ってしまった。ムーンライトよりこっちのが好き。かなり切なくて見てて辛かったが、人生は続くという実感がした。。。
shin

shinの感想・評価

4.1
思ってたのと違ったけど、淡々と見れた。
>|