マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

Takashi

Takashiの感想・評価

3.8
アカデミー賞で脚本賞を獲ったくらいなので良き映画なんだろうけど、なんとなくつらそうなストーリーっぽいので敬遠してました。
案の定、過去と現在のシーンを切り替えながら、序盤は淡々とそれでいて訳ありげに進んでいき、徐々に過去の出来事が明らかになっていくという構成で、中盤からやっぱり辛くなってくる。
それでも、決してハッピーエンドではないけど、なんとなく前向きな感じで終わるので後味は悪くない。
更に、色々とあったケイシー・アフレックと製作者のマット・デイモンの友情が、本作のリーと兄の兄弟愛とリンクして深みが倍増してる。
静かだけど良い作品でした。
CLOIN

CLOINの感想・評価

3.6
心温まるという表現は適当ではないけど
それに近いような感情になる映画だった。
最後のシーンはなんかじーんと心に染み渡る感じがした。

にしても彼はめちゃめちゃモテる
漫画かよ!って思ったwww
Mayu

Mayuの感想・評価

3.5
ヒューマンドラマっすね。


マンチェスターが舞台のこの話。

自分の火の始末のせいで子供3人を死なせてしまったリー。
妻とも離婚しトラウマからこの街には住めなくなり街を出る。

1人で生活するリーの元へ兄の訃報が。兄には思春期まっさかり子供、パトリックがいて、兄は遺言を残していた。パトリックの後見人をリーに任せる。と。
街に残りたいパトリック、残ってやりたいけど傷が癒えずに拒むリーの人間模様を丁寧に描いてます。派手な演出などはなく、リーやパトリックそれぞれの悲しみや苦し、それに向かう姿をひたすらに描いてる。

泣ける系かと思いきや…ってのもあるから評価は低めですが、好きな人は好きなのかな。
悲しい話なのに見てて温かくなる
ジョーのちょっと変わった遺言を読み上げるところからこの映画のメインが始まるんやけども、後半になるにつれてその意味がわかってくるのがほんまに鳥肌もんなんよねぇ
大きい展開っていうのはないもののずっと見てられるわ
もうちょっと続きを見たかったぐらい

あとアカデミー主演男優賞をとった主人公についてやけども、インターステラーの髭ボウボウの息子っていうことには解説を見てから初めて知ったわ
しかもベンアフレックの弟なんかよ
感情を抑制する感じや心を閉ざす演技がはまっててめちゃくちゃ感情移入してもうたわ
兄弟揃っていい仕事してますねぇ
ももり

ももりの感想・評価

3.5
やっぱりミシェルウィリアムズはSF顔。(私の中の勝手なイメージ)あまり好きになれない。

ストーリーは映画の中の景色と同じようにゆっくりしか進まないけど、それがじわじわきて心地よい。

後半ボートでのリーの優しい笑顔がなかなか脳裏から離れない。パトリックを想う気持ちが一番伝わったシーン。
猫背

猫背の感想・評価

3.6
他人から、共感してるような言葉が欲しいわけじゃない。理解してもらいたいわけでもない。
悲劇に乗っかる周りの言葉がしんどい。

ぼーっと海で釣りしたいなー。
Maki

Makiの感想・評価

3.6
マンチェスターバイザシーの美しさと侘しさが混合する街並みと、悲しくもじんわりと暖かさが滲み出るストーリーが上手く合わさっている作品だった。

次々と明かされるリーの過去を知るにつれ、何気ないシーンの見方もガラッと変わる。また、淡々としたストーリーだけれど、日常のユーモラスな部分を上手く映すことで最後まで引き付けられた。

そして主演のケイシーアフレックの演技力が凄い。マット・デイモンが役を譲ったらしいけど、この役はケイシーにしか出来ないと思った。感情の些細な揺れや、孤独、喪失、悔恨といった様々な気持ちがよく表れていた。

消して過去は変わらないし痛みも癒えることはないけど、それでも甥と歩み寄る姿には心打たれる。御都合主義ではない、これが現実。冷凍庫のシーンと三枚の写真立ての演出が好き。
日曜日にみる映画
>|