マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

miukoji

miukojiの感想・評価

4.3
これは、乗り越えられない。
失っていく喪失感と、それでも背負わなきゃいけない義務に。
忘れさせてあげて欲しいけど、この街にいる限りは無理でしょ、と。
乗り越えられてない人に幸せを願うことは酷だな、と思った。
Machiki

Machikiの感想・評価

2.5
乗り越えることが出来ない過去。

そんな目をしないで・・・
淡々としたストーリーでしたが、それもリアルで、出演者の演技も良かったです。
特にケイシー・アフレックのあの気まずい空気感凄いですね!
フレームも広めで映像も綺麗でした。

ただ面白かったか?と言われると微妙。
私は観た事をすぐに忘れてしまいそうです。
切ないけどとってもいい映画。
パトリック、ボート、そしてマンチェスターの海と人々。亡くなったお兄さんからの愛情溢れる映画。
兄が相談せずに彼を後見人にしたところなど「いつまでも逃げちゃいかんよ。ここに来て自分と向き合いなさい」っていう感じでしょうね。いいお兄さんを持ったね。新しいエンジンをのせて彼女と喜ぶパトリックを見つめるケイシーアフレックの笑顔がほんとに良かった。
最後兄を埋葬するシーンは今までの悲しみを受け入れたような顔もグッときた。

このレビューはネタバレを含みます

ここはつらすぎる
口に出来たこと、壊れたリーの未来への大きな一歩 元妻との問答でガン泣きでした 回想のはさみ方、押し付けがましくなく没入感のある最高の映画でした
混沌としたときにみたい
omarushi

omarushiの感想・評価

4.2
決して乗り越えることのできない悲しみを背負い、それを乗り越える事も諦めてしまったリー。父の病気を機に母と離れ、そして父の死により一人きりになり、リーと暮らすようになったフィリップ。

互いに口に出すことはなく、決して元どおりに修復できない心の傷を背負いながらそれに耐えようとする。愛する気持ちはあるのに、共にいることで辛い出来事の記憶に苦しめられる切なさ。そんな悲しみを抱えながら、それでも愛する人の幸せを願う気持ちに心打たれる。

ラストのリーとフィリップが並んで歩くシーンは、悲しみに耐え続けるのではなく、悲しみを抱えたままでも幸せを掴もうと光を求めて動き始める、清々しく、荒んだ心に灯がともるような温かさに包まれる素晴らしいラストシーンだった。
shikihan

shikihanの感想・評価

4.0
何故、心を閉ざすのか。
それぞれの心を閉ざしてる理由を、過去の断片と小さな田舎町という人間関係で少しずつ積み上げていく演出が、引き込まれ過ぎず適度な距離で目が離せない。
何が起きたの? どうしてそうなったの? なんで、そんな目をしてるの? 疑問を持ちながら見てしまう。
過去から逃げることも、そこに踏み止まることも、あえて次の扉を開くことも、それぞれが一度閉ざした心と自分なりにどう向き合っていくかの方法。
パトリックに「ここはつらすぎる」と口に出せたことで、リーはきっと少しだけ前に進めるだろう。
風景も映画の色も広めに撮るフレームも構図も良かった。
マンチェスターバイザシーという町に、行ってみたいです。
主演のケイシー・アフレックの演技がこの物語を作っていました。
人生の歯車が狂って、その悪夢が冷めない主人公の物語。
作品全般を通して「壁」を感じた。
通常は物語に観客を導いて引き込んでい一体感を作るんだろうけど、今回はその壁を使って繋がったように感じた。
で、全てが丸く収まるハッピーエンドと違って現実感があった、その感情を忘れることはできないし、隠すこともできない。
でも乗り越えなくては行けない。
そんな小さな一歩を感じた映画でした。
kaz

kazの感想・評価

4.1
観るのを心待ちにしていた作品。
オープニングのカットを観た瞬間に、あっコレは好きなやつやと直感的に分かりました。

寒々しい風景も嫌いじゃない。
マンチェスター・バイ・ザ・シーという町のことは知りませんでしたが、アメリカは都会よりもやっぱり田舎町が良いですね。生まれ変わったら一度は暮らしてみたい。

ストーリーは淡々と…いや粛々と進んで行きます。過去の回想シーンを織り交ぜながら、多少時系列で混乱してしまうかもしれませんが、ストーリーを上手く補完していてスッと入ってくる印象。

そして途中で明らかになるショッキングな過去…予想だにしないヘヴィな内容でした…

簡単に再生物語と一言で片付けられない、乗り越えられない壊れた心。

初めてまともに観ましたが、死んだような目をしたケイシー・アフレックの演技が素晴らしかったです!!

心に痛いほど沁み渡る、とても良い映画でした!!
>|