マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.6
とても観たかった作品。

とても忘れられないレベルの辛い経験、いや身が引き裂かれそうな経験か。

そんな経験をした地に戻るのかどうか。

主人公が甥っ子の後見人になるのかどうかを巡って、とっても日常的な人間関係が延々と続く作品。

釣りを嗜む自分的にはラストシーンが何となくホッとします。色々罵り合いもしたけど、一緒に釣りでもするべ、的な。

派手な作品ではないですが心に染みてくるような良作だと思います。
horry

horryの感想・評価

4.0
『スリー・ビルボード』の流れでみる。
安っぽい言い方だけど、文学のような印象を与える映像、作品だった。

印象に残ったのは静かな町の美しさと、田舎の人間関係の近さの二面性。
町を歩けば知人に会い、「○○の息子」「○○の弟」と呼ばれるような環境は、ある人にとっては閉塞感を持たせ、ある人にとってはかけがえのない町だと思わせる。

コミュニティの優しさと、残酷さ(過去の出来事を人びとは忘れていない)はこの町に特殊なものではないのだけど、美しい街並みと景色が、マンチェスター・バイ・ザ・シーという町を特別なものにしている。

主人公の衝動的な行動と対比するような、人々の感情を抑えたエピソードが積み上げられていき、町が生き物のように主人公を取り囲んでいく様子が、リアルだった。

主人公の孤独は、つらく寂しい。でも、帰郷で得たいくつもの善意と優しさが、これからの主人公を支えるのだろう。
新しい人生、次のステップを踏み出した女性たちの不安定さが描かれることで、主人公も苦しみと孤独を抱えて生きていくことが示されていたと思う。
淡々としたストーリー展開だけど、少ない台詞の絶妙な言葉選びや、登場人物の細かな心情が読み取れる役者それぞれの感情表現の豊かさ、その演技に最後まで目が離せなかった。情景やくすんだ映像、ゆったりとした時間の流れの感覚は、雪解けのようでまさにリーの長年の葛藤や心情の変化そのものを表しているようだった。
無骨で不器用なリー、無口だし表情の変化も少ない。しかし、次第に彼の苦悩、心の叫びが見えてくる。Fuckばか言ってるけど変に誠実さもあり、途中から不憫で見てられなくなる笑。それほど語らぬとも背中からもその感情がひしひしと伝わってくる、ケイシーアフレック素晴らしい演技だった。
女性ウケを一切狙っていない、男性のための映画。

観た後に、何コレ?ってなる人は、きっと幸せ者です。

刺さる人には、刺さる。

不器用な男性にこそ、おすすめしたい傑作だ!
芝居がリアル過ぎて笑う、日常の雰囲気と二人の距離感が絶妙。
こりん

こりんの感想・評価

3.8
愛に飢えた乾燥地帯。

マンチェスター住みたくない。田舎特有の空気がリアルで(~_~;)

なんか(~_~;)ルールルーってBGMと終始流れるクラシック!心に隙間風が‥

主人公の男が、余りにも淡白過ぎて複雑。この家族、変(笑)

でも、しょうがないのかな(^_^;)

今作、お兄さんの死で地元に帰ってきたルーの話。

この男、何がしたいのかよく分からない。幸か不幸か。

ルーにとって『情けなさ』を周知される決定打を痛烈に残す地元。家族とのか細い糸を手繰り寄せていた実の兄。

その兄の死によって、再び戻ってきた地元の空気、違和感。

男性特有の感情が溢れ出す。

観た後になにも残らない(笑)

いや、あ‥コレだ!

😩⇦虚しい。

アカデミー賞、脚本賞納得ですが‥アァ〜虚しい( ´∀`)

男性って、結構繊細なのかね。
みゃー

みゃーの感想・評価

4.2
過去の辛い出来事を抱え、悲しみ、憤り、心が張り裂けそうになったり様々な感情を抱えながらも生きていかなくてはならない。
弱音を吐かず何事もないように過ごしているかと思えば、たょっとしたことです爆発してしまったり、不器用に過ごしているリーの心の痛みが伝わってきて、思わず泣いてしまいました。
周りと壁を作って過ごしていたが、少しずつ凍っていた心が溶けていく、そんな映画だと感じました。
私がお子ちゃますぎて分からなかったけど、きっといい映画のはず
表論三

表論三の感想・評価

3.9
全体を通して大きな盛り上がりなどはないので好みが分かれる作品だと感じましたが、個人的には好きな作品でした。リーの乗り越えることのできない過去との葛藤、そしてマンチェスター・バイ・ザ・シーという町の美しさがとても印象的でした。
J

Jの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃ疲れた
この映画5時間あったよね?

登場人物の内心などをセリフではなくアクションなどで表現してるのは凄い!
大切な人を失くしたあとに残る動揺や哀しみとかを言葉を使わずにあれだけ多様に表せれるのか。

ふとして蘇る過去の回想の仕方も作り物っぽくないようになってる...?

生きていくための選択は無限にある。逃げるというのもまた選択肢でありそれに間違いも何も無い。むしろそれが逃げなのかすらもはっきりしないんだからとにかくいいように生きていけばいいんだよね。(?)

とにかく疲れた。疲れたよもう。一時間すぎたあたりから観るのやめようと思ったけどなんかめっちゃ評判いいしあとになって凄いシーンあるいはシークエンスがあるのかと思ったけど全然そんなことなく...。
リーが地元に残りたくない理由が終盤に明かされる!!みたいなことも聞いてたけど割と中盤に分かるやん。

淡々としてるというかとくに映画的な盛り上がりのない進行は確かに普通に生きてたらそんなもんやとも思うし、別にそこに退屈を感じている訳では無い。

なんなんやろ。なんて言うんかなぁ...部分部分で登場人物にイライラしちゃったからしんどかったんかなぁ。

ランディがリーに謝る部分でめっちゃ泣けると聞いたが大人ってそういうもんなんですか?人生経験を積んでたらこの映画ってめっちゃ感動するもんなんだろうか。
わからんけどとにかくあのシーンはただただランディが怖かった。彼女なんなの。めちゃくちゃ怖いんですけど。
うん...うん😶

世の中知らないことだらけだな。

パトリックが稀に見るリア充なのは笑った。

多分二度は観ない。

でも脚本は欲しいなぁ。
>|