マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.6
とても観たかった作品。

とても忘れられないレベルの辛い経験、いや身が引き裂かれそうな経験か。

そんな経験をした地に戻るのかどうか。

主人公が甥っ子の後見人になるのかどうかを巡って、とっても日常的な人間関係が延々と続く作品。

釣りを嗜む自分的にはラストシーンが何となくホッとします。色々罵り合いもしたけど、一緒に釣りでもするべ、的な。

派手な作品ではないですが心に染みてくるような良作だと思います。
蟹

蟹の感想・評価

3.7
綺麗な街に住みたい
トシ

トシの感想・評価

4.1
淡々とすすむストーリーとマンチェスター・バイ・ザ・シーの冬景色 深い悲しみを背負った それぞれの主人公たちであるも そこに悲壮感は無く 抑えた感情表現がよりリアルなせつなさを感じさせる。
火の元には気をつけます
ユキ

ユキの感想・評価

2.5
リアリズム的だけど
正直何が何だかわかんない
淡々と進んでいく

心が壊れ
傷ついた人たちの物語
もみた

もみたの感想・評価

4.3
こういう関係に憧れる。
ケイシー・アフレックの演技好きだ。
Shino

Shinoの感想・評価

3.8
すごく静かな映画だった。
マンチェスターっていうからイギリスかと思ってたけど、アメリカのお話だったんね。
乗り越えられない過去。
火事によって子どもたちを失い、妻とも別れて街を離れて暮らしていたリー。
兄の死によって街に戻り、葬儀の準備や甥の後見人など、差し迫る現実。
過去のトラウマによって人との距離も詰めることができず、やけにもなって問題を起こすこともあるし、乗り越えられないゆえに故郷で暮らすこともできない。
でも決断して生活していかなければいけない。
きつい。難しい。
元奥さんが泣きながら話すシーンは号泣しました。
ちょこちょこ「この会話いる?このシーンいる?」ってくらい細かいところもあって、シュールな笑いも誘われつつ、最後はちょっとほっこりしました。
MIHARU

MIHARUの感想・評価

4.0
なんかリアル、なんかリアルだ

街や海の寒い感じがきれい

チキンの話めっちゃわかる…、そのシーン意味わかったとこで泣き出しそうになった

じわじわ沁みるな、良かった
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
“I can’t beat it.”

兄が死んだ。遺言は16歳の甥の後見人となること。それは故郷に置いてきたトラウマと向かい合うことになるのである。

過去に囚われ自分の殻にこもる男の再生。
絶妙に濁しあう感じ、ちょっと男くさいようで女々しく感じてしまった。

ただ、最低限の画が続きセリフも余計なことは言わない。
静かにリーの時間に寄り添って考える余白を与えてくれるのかとおもいきや、生き急ぐかのように次々とシーンが押し寄せる。
蓋をしたくなる過去のひとつや二つ誰しも通るのだろうけれど、
それを惨めと捉えた人間には「優しさ」は消毒にも治療薬にもならないんだ。
Kanta

Kantaの感想・評価

4.3
少しずつでも確実に沁みわたる。
>|