マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.6
とても観たかった作品。

とても忘れられないレベルの辛い経験、いや身が引き裂かれそうな経験か。

そんな経験をした地に戻るのかどうか。

主人公が甥っ子の後見人になるのかどうかを巡って、とっても日常的な人間関係が延々と続く作品。

釣りを嗜む自分的にはラストシーンが何となくホッとします。色々罵り合いもしたけど、一緒に釣りでもするべ、的な。

派手な作品ではないですが心に染みてくるような良作だと思います。
言葉選びとかやるせなさとかなんかいろいろくるよね。この先はどーなるんだろなあ、
Watson

Watsonの感想・評価

3.8
マンチェスターバイザシー鑑賞。
中身は思ったよりドロドロ。全部観なくては内容が分からないようになってる作品。
過去の出来事を回想しながら現実と繋ぎ合せていくスタイル。過去は変えられないけど未来は変えられるって感じですかね。
自分に向き合うってすごい大切だなーって思いました。
haruko

harukoの感想・評価

4.5
ポスターの言葉がよく表していると思う。

癒えない傷も、忘れられない痛みも。
その心ごと、生きていく。

個人的に悲しみって、どんな些細なことでも乗り越えることって出来ないと思っている。
それでも大丈夫なのは、自分が納得できる理由を見つけるか、ほとんどは単純に忘れているからだと思っている。

忘れることができない悲しみは、辛いけれど、抱えたまま時間の経過に頼るしかないと思う。
急激な変化はないけれど、この映画みたいに少しずつ変わっていくんじゃないだろうか。
ええやん。
好み別れるみたいな事言ってたからちょっと様子見てたけどええやん。

多分嫌いっていう人は成功主義者じゃないのかね。もしくは完璧主義者。
別に批判するわけではないけど、ひたすらにトラウマから逃れ続けようとして、そして最後まで逃れて生きていく。圧倒的ハッピーエンドでもバッドエンドでもないこのもやもやしたエンドに、吸い込んだ息をどう吐けばいいのか教えてくれた気がした。
さ

さの感想・評価

3.4
生きるってしんどすぎる
okyawaman

okyawamanの感想・評価

3.3
終始辛い。
葉月

葉月の感想・評価

3.9
やるせないけど生きていくしかないのがツライ。
もう一度観たい映画。
9638

9638の感想・評価

-
救われないのが
saho

sahoの感想・評価

4.5
"I can't beat it. I can't beat it. I'm sorry."

想像を絶するような経験をしたマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきたリー。
ケイシー演じるリーの悲壮感と、街の閑散とした雰囲気がより苦しくさせる。
残酷にも幸せだった頃のリーと現在のリーをとても淡々と描いていく。
「乗り越えず」に自分を責め続け、心を閉ざしてしまったリー。
だけどきっと、ランディと再会して言われた言葉に少し救われたと思いたい。
どうしても乗り越えられない傷があっても、生き続けるしかない。
いつかリーが、自分を許してあげられる日が来ますように。

144本目 / 2018
>|