マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

奥さんが救急車で搬送される時のもたつきがすき、ちぐはぐ、遺された人間の人間味
sammy

sammyの感想・評価

4.0
人生そう上手くいかないけれど、
時間が進む限りなるようになっていて、
この時間無駄だよな〜って場面さえも
細かくリアルに描かれていて
それがまた良かった。

パトリックのバラバラ演奏のバンドや
邪魔が入ってなかなかできないs○x

洋画でこんなに感情移入しやすく
実話のように感じたのは初めてかも。
苦しいんだけど、するするっと
入り込める作品だと思う。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
人は死ぬ。

命とはなんとも儚いものだと思い出させられる作品。
死によって、その人の存在意義を改めて思い出さされる。
失ってからでしか気づくことのできない者とは何と愚かなことなのだろうか。
自らの命の重みを理解し、他の人の命の重みを理解し、一瞬一瞬向き合うべきだと改めて心に刻むことができた。
NS

NSの感想・評価

3.3
画がとても綺麗で、切り取り方が大好きな映画。
マンチェスターと言えばサッカーのイメージだったけど、こんな海があるのだな。
内容は、最初から最後まで起伏はあまりない。
子供と叔父がとてつもなく仲が良くなるかと言えばそういうわけでもない。妻との仲直りや街の人との輝かしい交流など、こちらが期待することはことごとく流されて行く。
でも、叔父と甥、お互いがお互いの生き方を尊重し、思いやることは見て取れて、それが2人の絶妙な関係性なんだなと思えた。
父が死んだ葛藤や、元妻との再会など、それぞれの傷を掘り返していく様子は淡々とした日常にちょっとした闇を感じさせる。
そして、意図していたのかはわからないが、中心は男の話だった気がする。
それでも生きていくしかない。
鑑賞後にキャッチコピーを見ると改めて、なるほどなぁ、と思う。
「癒えない傷も。忘れられない痛みも。その心ごと、生きていく。」

なぜ、自分が生きているのか、自分が死んだほうがよかったのに、と思っていないはずかない人物が、心を凍りつかせながら、生きている。
そうしないと、生きていけないからだ。
元奥さんとの再会で、再びほぐされた心の行き場が、荒んだ心にいくしかないリアル。

強さなのか弱さなのか、という安直な言葉を飛び越えるほどの映画だった。乗り越えようとするわけでもなく、忘れようとするわけでもなく、それでも生きていくしかない現実。向き合わざるを得ない現実。
つらくないはずがない人ばかりが登場する映画。一人一人のつらさがあって、それでも生きていっている。

愛とは、簡単に渡したり、あげたりできるものではない。
兄が託したこの世で1番大切な息子のこと。
妻がずっと誰にも言えず抱えていた愛。
愛を受け取るわけにはいかない過去の罪。
生きていくしかない、と思えるのは、愛があったからかもしれない。

「自分で決めろ」「乗り越えられない」
この言葉が、こんなにも力強く、心に響くなんて、この映画だからこそだったと思った。
演技力に脱帽
過去の出来事が原因で心を閉ざし生きるひとりの男、この主人公にものすごく共感を覚えた。
回想シーンを織り混ぜた構成はこの物語をより深いものにしている。が、なんといっても主人公を演じたケイシー・アフレックの演技良し、しっかり感情移入できる人物像だったことが自分にとっては大きかった。
男目線でこの映画を高く評価する。
まる

まるの感想・評価

3.8
とても悲しくて一通り泣き終わったあとに、次の一歩が思い付かずどうしようもなくて、しばらくとりあえずボーッと時間がたつのを待ってしまう…そんな経験があるとしたら(わたしは小さい頃よくあった)、まさにその感覚に近い、じんわりした絶望ある痛みが続く話だ。しばらく忘れていた感覚を思い出して、なんだかとてつもなく懐かしいような、辛いようなモヤモヤした気持ちにさせられた。こういうモヤモヤしたじんわりした感覚が嫌いな人にはまったく合わない話だろう。

特に印象的な場面や台詞があるわけではなく、ただ重い罪ある過去を背負った主人公が、兄の死をきっかけに過去や周りの人との向き合いかたをじっくりと考え直させられる、ゆったりとした話である。わたしは過去にとらわれ過去にとどまるのが嫌いで、過去の時間や自分に縛られて苦しむのは自分で自分の首を絞めて苦しんでいることと同じくらい虚しいことだと思っていた。だが、最後の主人公の印象的な苦しく短い台詞を聞いたときに、あぁ、人の気持ちには周りがどう助言してもどうしようもないこともあるんだなぁと思わされてしまった。人の苦しみは周りが計ることができない。

でも、そんなどうしようもない苦しみの中にも希望を見いだせているラストは清々しかった。過去にとらわれ、今を無感情で生きようとする主人公の新たな一歩が垣間見えた。苦しみは周りにはどうしようもないといっても、やはり人と共に生きることでその人の気持ちに変化が現れてくることもあるのは事実で、人は孤独では人生を乗り越えられないんだなぁと思わされた。

書きながら矛盾したことをいくつも書いている気がしていて、改めて人の気持ちって白黒つけられるもんじゃないし簡単な言葉で言い切れるものでもないのだ、と思う。簡単に言い表せない人の感情の、矛盾にまみれた「微妙な」揺れ動きを、この映画は最省エネで伝えている気がする。ごちゃごちゃ盛り込んでいるのにシンプル。きっとキャストの演技力と監督の技量ゆえだろう。見ていてスッと心に入ってくる素晴らしい映画でした。わたしは好きだと思います!
>|