マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

青山

青山の感想・評価

3.7

便利屋としてその日暮らしな生活をしているリーは、ある時、兄の訃報を聞き、マンチェスター・バイ・ザ・シーへ帰郷する。兄の息子である16歳のパトリックの後見人になることを頼まれたリーは、つらい記憶の残る故郷でしばらく暮らす羽目になり......。


最初、主人公の無愛想ですぐ喧嘩する態度にすごい共感しました。......って、普通はここで一旦主人公に引くものだと思うんですけど、私も常にキレてる人間だから、わかるわかると思っちゃいました。だいたい他人ってウザいですからね。それでも私は手なんか出せないのでウチ帰ってから壁とか蹴飛ばすくらいしか出来ず、リーの痛快なキレ方にスカッとしましたね。

ここでなぜか主人公に共感してしまったため、あとはもうちょろいもんです。
彼が過去に"何か"を抱えていることは序盤からわかりますが、それが何なのか分からない、そこんとこの謎によって地味で淡々としたお話を牽引していきます。
リーの態度や言動の端々にいちいち「過去に何があったんだ?」と興味を惹かれるので、どんなに淡々としてても飽きないのが上手いですね。

そして、明かされる過去の衝撃と、その後の本作のハイライトであろうジャケ写のあのシーンの切なさ。「切ない」の中でもこれは普通に生きてたら体験できない重めの「切ない」で、しかしここまで主人公に共感して見てきたから、その重みも今だけは身に染みて感じられます。
ラストもね、うん、その、良いですね。語彙が足りないですけど、色んなことに向き合うことが印象的に描かれて、故人もちょい存在感を増してきて、静かな余韻が綺麗でした。


しっかしねぇ、わたしゃこの甥っ子はいけ好かんよ!あんだけ綺麗な女の子たちに二股かけるなんて!しかも彼女その1の方はなんとカーラ・ヘイワードちゃんではありませんか。14歳の時点でばちくそエロかったですけど今やハチチ目前とかですか?どちゃくそエロい!なんでもっと出番ないんだ!そこはむかつく!
KEI

KEIの感想・評価

3.2
最初から最後まで1本調子。盛り上がりに欠ける。正直評価が高い理由があまりわからなかった。元家族と兄の子供との人間模様が印象的。
はら

はらの感想・評価

4.5
今もどこかでありそうな現実を切り取った映画。たまらない。
のしお

のしおの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ケイシー・アフレック繋がりで続けて鑑賞。
なかなか気分が乗らず、今更になってやっと見れた。

過去を乗り越えることができないまま終わるので歯切れは悪いけど、それがリアルでいい。
乗り越えずに逃げたって別にいいよ、と励まされてる気分になる。

カイル・チャンドラー、髭あった方がいいね。
乗り越えられない過去もある。
pmydawn

pmydawnの感想・評価

3.5
ローテンションでのしかかる過去の闇。
過去と今を交差しながら描かれる微妙な心を写した映画。

トラウマと、救おうとするひと、分からず勝手なひと、救おうとして救われたいひと、鈍い光に、救われたくなって救われたくなくて混乱して溢れ出る怒り。

終始苦しかったな。
あと静かなのに時折同時に喋る口論が耳障りで、苦しみを深めた。

ジョーの優しさは、向き合わざる環境、責任を放棄せざるを得ない苦しみを。
その代償に幸せはあったのかな。
甥っ子愛せないな。
うーん、愛せない人ばかり出てくるし、つらかった。

だけど最後は良かった。克服することは全てじゃない。
逃げてもいいよ、目をそらしてもいいよ、それが優しさでもあるよ。

あと、甥っ子道にアイス捨てたでしょ!!!!
ゴミのイメージなかったんだけど、アメリカ。
鉄板

鉄板の感想・評価

4.6
せつなすぎる。涙
YUKI

YUKIの感想・評価

4.0
良い映画。
>|