マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

亘

亘の感想・評価

4.2
【悲しみと共に生きていく】
ボストン近郊。便利屋として働くリーの元に兄ジョーの訃報が入り、故郷マンチェスターバイザシーへ戻る。遺言により彼は甥っ子パトリックの後見人になるが気が進まない。そのまま2人は共に暮らし始める。

リーは不器用で乱暴者。人に気持ちを伝えるのが苦手だけど酒が入ると暴力をふるってしまう。妻とは別れているし孤独に暮らしていた。パトリックは小さい頃からよく知っているし、叔父・甥っ子として関係は悪くない。でもリーはパトリックの要望を聞かずに引っ越しの準備を進めようとしたりして衝突するし、一緒に暮しながらも会話が多いわけでもないし、関係はすごく良好というわけでもないよう。果てにはジョーを埋葬するまで冷凍保存しようとリーが言い出しパトリックと対立。傍から見ればリーは取っつきにくいし、人の心があるのかも疑問に思われるかもしれない。しかし次第にリーには忘れられない重い過去があるのが明らかになる。

リーはかつて自分の不注意で、元妻との間の子を失ってしまった。リーが暖炉にスクリーンをかけ忘れたことで家が火災になってしまったのだ。不器用ながらリーはパトリックのことを想っていて、もしかしたら自分の子と重ねて罪滅ぼしのつもりなのかもしれない。とはいえ全くその記憶が薄れることはない。子がいなくなりその後子がいなくなり、彼が現在孤独なのもそれが原因といえるのかもしれない。

パトリックがどこに暮らすか、ジョーの遺体の扱いをどうするかで2人は対立する。その結果パトリックは、ジョーとの生活より自分の母親との生活に心が動く。でもそこで待っていたのは慣れない少しハイクラスな生活だった。結局パトリックにとってはジョーとの生活の方が合っていたのだ。一方のリーは元妻と遭遇する。彼女もまた過去の事件を忘れていなくてその点でリーと同じだった。彼らはそれぞれ過去と遭遇したと言える。これこそ2人が歩み寄るきっかけになったと思う。

終盤リーは、パトリックがマンチェスター・バイ・ザ・シーに残れるよう手配する。これはパトリックや過去から決別したのかというとそういうわけではないと思う。彼は過去を受け入れることにしたのだ。リーはパトリックに船のエンジンを買い与え一緒に釣りをする。船はジョーの形見と言えるし、釣りは過去とおなじイベント。そしてソースを焦がした時には臭いで過去の火災を思い出す。ジョーの記憶は故人を思い出す点で辛いだろうし火災の記憶は最も忌々しいもの。それでもかつてとは違ってリーは辛い記憶も受け入れる。2人が釣りを楽しむラストシーンはリーたちが前向きに生きていく予感を見せた。

印象に残ったシーン:火災を回想するシーン。リーが元妻と遭遇するシーン。リーとパトリックが釣りをするラストシーン。

余談
撮影はマサチューセッツ州マンチェスター・バイ・ザ・シーで行われたそうです。
”ムーンライト”が”ラ・ラ・ランド”を破った去年のアカデミー賞で虎視眈々と作品賞を狙っていた本作。”ドリーム”、”メッセージ”、さらには”ハクソー・リッジ”と争ったのも有名ですが、アフレック兄弟の弟ケイシー・アフレックの自然体の遠位は高評価にあたります。てか主演男優賞絵を受賞してますね。さすがです。それにしてもチャンドラーと聞いて”フレンズ”を思い浮かべ人も少なくないはずで思わず”フレンズ”じゃんと言ってしまいました。おじさんと甥の関係の映画で思い当たるのは”ライオン・キング”とか実のおじさんではないけど”アバウト・ア・ボーイ”とかですかね。実力がなくてすみません。しかしマリリン・モンローを演じたこともあるミシェル・ウイリアムズはこれでいいのでしょうか?あまりにも出番が少なすぎなスネ。かわいそうです。監督は”ギャング・オブ・ニューヨーク”の脚本を書いたケネス・ロナーガン。ちょっとペースはタルいのですが、いい映画でした。
Ima

Imaの感想・評価

3.7
記録
yop

yopの感想・評価

3.5
肝心なところの音楽がちょっと……だったけど良い映画だった。映像の質感は低予算感が出てて残念。
Kaito

Kaitoの感想・評価

3.5
アル中もどきの酒癖の悪い便利屋の男
結婚していて3人の子供がいる

兄と子供とアル中の妻

粗暴でぶっきらぼうだが仕事はできる。

人に応対する気がないのか、馬鹿にしているかのような態度

ある事件の後遺症なのか?とも思ったが、それにしてはこういう症状は聞いた事も見た事もないので、元からある程度こういう人間だったと思われる

ちょっと主人公が特殊すぎてすんなり受け入れられなかったかな。変化の推移もほぼ無いし大きさも無いのでわかりづらい



















---メモ---
・クリネックス→ティッシュ
・利己的で攻撃的なクソ野郎
・なんだこのクソ野郎は
・リー
・ジョー 兄
・パトリック ジョーの子供
・うるさかったら言って
・会話の返しがない、沈黙を厭わない
・うるさい犬
・強欲ではない
・家事で子供達が死んだ
・ランディ。リーの元妻
・自殺しようとする
・粗暴だが愛情は有ったという事か
・ピザを🍕2分温める
・ドラムの子
・ナルゲンのボトル
・なぜシームレスに現在と過去を切り替えるのか?
・家具=人間らしい生活か
・緑のシャツに赤いボウル
・アメリカ人って宗教みたいに写真を重要視するよね
・っていうか、ドラムに合わせるんじゃないの?
・無駄なシーン多い
・世間話しない?出来ない?
・なんという居心地の悪さ
・めっちゃ横見て運転するじゃん(笑)
・クソみたいな婚約者
・かわいいコート
・救われた
・幸せになれ
・感情のやり場や、やり過ごし方がわからない不器用な男って事なの?
・娘達に助けられる
・ぶっきらぼうに見えて、実は娘達の死を乗り越えられないからボストンに戻りたい
・変化する心と覚悟
・釣りするラストシーン


2018-56

このレビューはネタバレを含みます

大きな十字架を背負ったリー(ケイシー・アフレック)と、父親を亡くした、思春期真っ只中のパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の交流の物語。
二人の故郷であるマンチェスター・バイ・ザ・シーの風景が印象的な映画だが、この美しい町は、リーにとっては過去のトラウマを呼び覚ます場所でもある。二人の居場所はどこにあるのか。リーは決して過去を乗り越えることが出来ないと、パトリックに告げる。彼らが生きていく場所はどこにあるのだろう?

本作の重要なモチーフのひとつに、パトリックの父親ジョーの船がある。リーとパトリックは、船の上で心を交わす。船の名は「claudia marie」。ジョーの葬儀のシーンで映される墓石から、おそらく、これがジョーとリーの父親であることが推測される。
父から子へ受け継がていくもの、そして子から父へ与えられるもの。共に過ごした僅かな時間で、擬似的な父子関係にあるリーとパトリックが得たものは何であったのだろう?二人のキャッチボールはぎこちない。けれども、お互い不完全さを受入れながら、生きて行く。船上で二人並んで釣りをするシーンが胸に刺さる。

大変地味な映画ではある。だけど、私達は必ずしも過去を乗り越える必要などないのだと、観る者に強く訴えかけるような映画だ。役者さんも皆素晴らしい。ケイシー・アフレックは見事アカデミー主演男優賞に輝いたが、元妻を演じたミシェル・ウィリアムズも見事だった。
静かに揺さぶられる。
景色が美しい
すべてが切り取った絵のよう。
この言葉、こういう場面で使うんだね。
生きてるのも、死ぬのも辛い。
どうにか生きていかなきゃな、
兄のジョーがいい人だった。
リーの元奥さん、ブロークバックマウンテンでも幸せになれない妻役がうまかった。
nazuki

nazukiの感想・評価

3.0
淡々としてるからこそのリアリティを感じる。
ただあまりにも暗くて辛かった、、
>|