マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

xy

xyの感想・評価

3.8

なんとなく、映画の終わりにはどれだけ腐った話でも絶望でも解決策を見つけて欲しいと思ってしまいます。
多分、無意識にオチみたいなものがあるはずだと思い込んでいる自分がいます。
そうでなかったとき、物足りなさからモヤモヤしてしまうことも少なくないからです。

この映画は、そんな映画だった気がします。
ですが稀にそんな映画を観終えて自分の映画の見方について考えさせられることがあります。
全ての話に必ずしもオチがあるわけではないことがリアルなんだと教えられます。

マンチェスター・バイ・ザ・シーに救いがあったとは思えませんでした。
解決策も、あったように思えませんでした。
彼が、前に進めたのかもわかりません。
でも、それがとてもリアルでした。

癒えない傷も、忘れられない痛みも。
その心ごと生きていく。
広告の言葉が本当にしっくりきました。
主人公の周りがどれだけ心をみせたって彼が心をみせたことなんてこの2時間半の間じゃ1にも満たなかったかもしれないけど、ラストでパトリックに向き合った時の彼の言葉が心の中にあった本音なんだと思うとなんとも言えない気持ちになりました。
ずっと1人孤独で逃れようのない罪悪感の中では誰も救ってあげられないのだと思わされました。

余韻がすごくて、心がズシンとなりましたが観てよかったです。
タカミ

タカミの感想・評価

3.5
損失と再生は人生のテーマだ。
もしかして、誰も乗り越えてなんかいないんじゃないの。
明烏

明烏の感想・評価

5.0
沁みる映画です。
過去と向き合う事、今を受け入れ前向きに生きる事、そんなに簡単に出来るもんじゃない。けど、生きてかなきゃならんのですよね、、。
この映画、分からない人もそれなりに多いと思うんですけど、共感出来る人の多い世界ならまだ捨てたもんじゃないないかな、、と思う。
主演ケイシー・アフレックの素晴らしい演技力。
叔父と甥、不器用でぎこちない関係の中にも、どこか温かいものがあった。
兄、父の死をきっかけに変化する環境の中で彼らはどう生きるのか、リアリティのある素晴らしい作品。
現在と過去、絶望と希望との対比が美しかった。
dodo

dodoの感想・評価

4.5
死に対して人は無力であることを思い知らされ、無償の愛に対してもまた無力である気がしました。
甥っ子とのぎこちなさの中にも、ちゃんと彼なりの愛があってとても好き。
美しい景色
忘れたい過去
栗まろ

栗まろの感想・評価

4.1
トラウマを抱えた不器用男がその要因である故郷へ戻り、過去と向き合う話。
静かだけど心に染みる話。

今までに見た映画の中で、最もリアリティを感じた作品の1つ。
もし自分が過去に過ちを侵し、それを乗り越えられずにいるとしたら。
(最初はなんだこの主人公、と思うけど)きっと主人公リーの様になるのだろう。

派手な音楽はあまり使わず、良い意味で質素でリアルな感じが表現されていた様に思う。海の波の音も印象的、エンドロールは良い使い方だった。
これらの要素も作品の雰囲気作りに大きく貢献しているよね。

基本静かで大きな展開があるわけでもないけれど、凄惨な過去を描いた中盤や、甥や元妻との人間関係を魅せる後半では、物語に引き込まれずにはいられない。
主人公達の動揺や葛藤が鑑賞者にまで伝わってくる。分かりやすく感情が表に出るシーンが多くないから、余計に心に響いたんだと思う。演技も凄かったな。

一見では難しかったとこも正直あるけど(メイキング映像見て納得した所も多々あった←)、でも、時間を置いたり、繰り返し観たりすることで自分の中でも昇華されていく気がする。
心に染みる良い映画だと思います。
悲しいお話。この映画のキャラクターたちを慰めたくなる…。
けど観たあと、何故か少し前向きな気分にさせられた映画だった。自分でも不思議。観れて良かったです。
たぐは

たぐはの感想・評価

4.3
曇天の港町に、心の壊れた人やダサいバンドがよく似合う。過去への入りもキレイで、対比がちょうど良く悲しい。最後、美しかったな。
>|