マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

刺さる、そして透き通る
澄んでて沁みる
そして残る

この映画は自分としては凄いタイミングで見たなと。言葉を多くして説明するのも違う気がして。
青と白、茶色と赤。
音楽が耳に残る。綺麗な音。
そして感情が中に残る。
白いなあ
ZAC

ZACの感想・評価

-
お話が始まるまでおっそかってうとうとしちゃったけど、途中からちゃんと観れた

時間前後するのに混乱しないのなんでなのかな〜

このレビューはネタバレを含みます

泥沼から抜け出すどころか支え合ってきた兄を亡くしますます世界が閉じていくような鬱屈さが、冬のマンチェスターの冷たい空気感と合わさって胸がざわざわする。
パトリックとリーがお互いにもっと噛み合ってほしいとつい期待を持って観てしまうけどそういうわかりやすいカタルシスを得ることなく終わる。現実にはそんな救いはそうそうなく「乗り越えられないんだ」と吐露する姿はどこまでもリアルでそれでも最後のボールの戯れとか釣りをする後ろ姿とか、パトリックとガールフレンドを船に乗せ思わず笑う顔などを見られて、フッと心が上向いた気がして良かった。
Konaka

Konakaの感想・評価

4.0
生き方リアルだった
石々原

石々原の感想・評価

4.3
静かだが、「確かな」強度を兼ね備えた名作。ケイシーは背負ってしまった〈罪〉を前に「決断」も「自裁」も「清算」もできず、ただ「偲ぶ」。弱い人びとが「偲ぶ」ことの出来る強さを確かに受け取る。〈弱さ〉との対峙という面でスコセッシ「沈黙」に近いものを感じたが、こちらの方が地味さを貫徹しており好感が持てる。
気持ちのいい晴れた日に見る映画では確実になかったな
日央

日央の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

自分は20年前に従兄弟を事故で亡くしてます。

一時期、その現場を車で通ることを避けてました。



ただ、この物語の場合は自分の責任で最愛の我が子を失ってしまっている。

それは計り知れない悲しみと苦しみだと思うし、あんな風に自責の念に駆られるのも当然です。

何故自分は生きてしまっているのかとさえ思うはずです。

過ぎ去った過去だと割り切れる問題でもありません。

曇天の空ばかりが映し出されているのも、その気持ちを表してるようで凄くせつない。

重たい映画でした。



生きている。生きなきゃならない。それが現実なんですよね。
DAISUKE

DAISUKEの感想・評価

3.3
乗り越えられない。そりゃそうだよね。
甥っ子のクズっぷりが悲しかった。映像とか長さとか含めてドラマっぽかった。
Tak

Takの感想・評価

4.5
記録
>|