マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

軽いながれですごく重い。変えることやり直すことの出来ない過去の痛みとどう向き合うか。ガンガン響いてくる感情表現がすごかった。
ゼロ

ゼロの感想・評価

3.5
決して万人受けする作品ではないと思いますがアカデミー賞らしい作品なような気がします。
物語り自体は淡々と進み何処にでも有りそうで誰にでも起こりうる家族の話し…どうしようもない憤りだったりこんな人生を思い描いてなかったのにと思いながらも生きていかなくてはならない現実…自分だったらどうだろうとつい考えてしまいました。

ケイシーアフレックの内に秘めた感情の演技も見事です!
人生経験が豊富な人ほど響く映画ではないでしょうか、スリービルボードのように。辛いことは沢山あるけど前に進もうと思える。
kirichi

kirichiの感想・評価

3.7
たんたんと見入る
ラウぺ

ラウぺの感想・評価

4.5
過去に起きた悲劇的な出来事のおかげで故郷を離れ、ボストンで便利屋をしながら暮らす弟のもとに兄が死んだとの知らせが届く。兄の葬儀の準備や甥の後見人に指名されたことで不本意ながら故郷で過ごすことで、過去のトラウマと向き合う姿を描いた作品。

登場人物はそれほど多くなく、物語的な起伏もそれほどない、基本的に主人公と甥の二人の関係を軸に描かれていますが、人間観察が鋭い人なのか、淡々と描いているようで、それぞれの登場人物の描写が非常にリアルで、俳優の演技を見ているというより、そこに居合わせているかのような感覚に陥ります。
甥とのジェネレーションギャップや過去の出来事を知る隣人などとの会話を続けるうちに、背負い込んだトラウマの大きさがどれほど大きいか、また一方で、まったく相容れなかった甥との間合いが徐々に縮まっていく過程が実に丁寧に描かれていきます。
過去のエピソードが割と頻繁に描かれますが、何かを思い出すときにありがちな、ちょっとしたアイテムや景色がきっかけですっと過去に戻っていく感じで描かれており、これといった説明的描写がないにも関わらず、なんの違和感もなく、亡くなった兄の人となりや、小さい頃は仲の良かった甥との関係、悲劇的出来事の内容が明らかにされていきます。

2時間17分くらいの比較的長い作品ですが、重い話の割にちょっとした笑いもあり、終始丁寧で、急がず、また淡々としているにも関わらず、まったく弛緩せず、ラストまで同じテンションを維持しているのはある意味で奇蹟ともいえます。
これは、お世辞抜きで殆ど完璧ともいえる作品だと思いました。
しかも、物語が終わりにきて一つの結果が出た思われたところで、すっと終わるエンディング。
描こうと思えばもっと先まで、いろいろな思いを付け加えることもできたであろうし、実際もっと先まで描く映画も多いのではないかと思いますが、潔くさっと終わるおかげで、見終わった後もずっと物語が続いているかのような余韻に浸ることができます。
がく

がくの感想・評価

4.5
深い傷はそう簡単には癒えない。
痛みもなくなることはない。
これは一生そういうことなのだと思う。

ほとんどの映画で、主人公が周りの人々や環境から何かを得て成長するものだと思います。
しかし、この映画ではパトリックが最後の方でジョーに言った逃げているだけだ。と言いました。
彼は最初から成長はしていないのだと思います。
ただ、この傷と向き合いながらそれでも生きていくしかないということなのでしょう。

登場人物のそれぞれが傷を抱え、それと向き合うというよりかは、それと共に生きていくという感じでした。
それこそがリアルなのかもしれません。
人はすぐに変わらなければいけない、と思うものだと思いますが、それだけが正解ではないのではないでしょうか。
傷と共にこれからも生きていく。

この映画はそういうことに対してのとても肯定的な捉え方の映画だったと思います。
オクマ

オクマの感想・評価

4.0
しんどい立場の人が多い。自分がそうなったら、と思うと怖くなるくらい。けれどそういった中でも暖かい部分があって良い映画だった。
青山

青山の感想・評価

3.7

便利屋としてその日暮らしな生活をしているリーは、ある時、兄の訃報を聞き、マンチェスター・バイ・ザ・シーへ帰郷する。兄の息子である16歳のパトリックの後見人になることを頼まれたリーは、つらい記憶の残る故郷でしばらく暮らす羽目になり......。


最初、主人公の無愛想ですぐ喧嘩する態度にすごい共感しました。......って、普通はここで一旦主人公に引くものだと思うんですけど、私も常にキレてる人間だから、わかるわかると思っちゃいました。だいたい他人ってウザいですからね。それでも私は手なんか出せないのでウチ帰ってから壁とか蹴飛ばすくらいしか出来ず、リーの痛快なキレ方にスカッとしましたね。

ここでなぜか主人公に共感してしまったため、あとはもうちょろいもんです。
彼が過去に"何か"を抱えていることは序盤からわかりますが、それが何なのか分からない、そこんとこの謎によって地味で淡々としたお話を牽引していきます。
リーの態度や言動の端々にいちいち「過去に何があったんだ?」と興味を惹かれるので、どんなに淡々としてても飽きないのが上手いですね。

そして、明かされる過去の衝撃と、その後の本作のハイライトであろうジャケ写のあのシーンの切なさ。「切ない」の中でもこれは普通に生きてたら体験できない重めの「切ない」で、しかしここまで主人公に共感して見てきたから、その重みも今だけは身に染みて感じられます。
ラストもね、うん、その、良いですね。語彙が足りないですけど、色んなことに向き合うことが印象的に描かれて、故人もちょい存在感を増してきて、静かな余韻が綺麗でした。


しっかしねぇ、わたしゃこの甥っ子はいけ好かんよ!あんだけ綺麗な女の子たちに二股かけるなんて!しかも彼女その1の方はなんとカーラ・ヘイワードちゃんではありませんか。14歳の時点でばちくそエロかったですけど今やハチチ目前とかですか?どちゃくそエロい!なんでもっと出番ないんだ!そこはむかつく!
>|