マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

軽いながれですごく重い。変えることやり直すことの出来ない過去の痛みとどう向き合うか。ガンガン響いてくる感情表現がすごかった。
ぐっち

ぐっちの感想・評価

3.7
乗り越えられないこともあるよな
MEGU

MEGUの感想・評価

3.9
すごい現実的
やっぱり辛いことってそうそう乗り越えられるものじゃ無いと思う
終わり方も良かった
何の気なしにAmazon primeで鑑賞。
ちょっぴり難解でしたが、
その難解さすらもまた一つの効果というか。

救いはいつもあるわけではないんだなぁと。
いや、無いわけではないんですけど。
その救いがちゃんと届くとは限らないのが…。
脳内お花畑な私には、かなりしんどい映画でした。

上手く生きていけず、どんな相手にも
不器用に衝突してしまう主人公。
だけどその根底にはきっと純真さがあって。
ケイシー・アフレックはこんなのもう、
そりゃあ主演男優賞ですわ、圧巻でした。
背負っているものが滲み出てる。すごすぎる…

画が好き。乾いた寒さのマンチェスターの
曇り空や雪の、白が、とっても印象的でした。

BGMはちょっとこのクラシック曲、
クドイかなと思う場面もありましたが、
調べてみるとその曲、アメリカでは
葬儀でよく流される曲だそうです……。
creamymami

creamymamiの感想・評価

3.5
ごく普通の人々がある日突然背負うことになったあまりにも重い十字架。ある出来事をきっかけに壊れてしまった男の話。過去と完全に決別することはできないんだなあ。ちょっと期待しすぎたかも!
心に深く染みる、いい映画。

最後に主人公が自分に正直になって、甥に気持ちを伝えるシーンにハッとした。
鯖缶

鯖缶の感想・評価

3.6
陰鬱としてるけど風景が綺麗な映画。
初っ端で主人公の兄が亡くなるという不幸があり、残された甥っ子の後継人を頼まれるというのが大まかの筋。ただ主人公自身も甥っ子の面倒を見れない過去と精神的な理由があって、それを説明するために場面が過去と現在で前後する。
これがちょっと分かりにくい。
ただ叔父さんはお金を持ってたり、頭がいいわけではなく、むしろキレやすいのに、できる限りの優しい手段を取ろうとしていて、優しい映画だった。
2月の終わり頃に観たい映画。
tomoyoshi

tomoyoshiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映像と物語の雰囲気がめちゃくちゃ合ってました。(暗くて悲しい)
問題の根本的な解決には至らなかったけど、それはそれでリアル。
私はこの街が好きだった。我が故郷であり、兄と過ごした思い出の街。甥と触れ合っていくことで思い出される楽しかったあの頃の懐かしい記憶。しかし、それと同時に思い起こされる辛い過去の記憶。この街には相反する二つの記憶が結びついてしまっている。
そのような環境の中で主人公は明日への一歩をなんとか踏み出そうとしていくのだが、ちょっとした会話や出会い・再会なんかが哀しみの瀬戸際にいる彼の心を抉ったりするのが、すごくリアルで繊細で素晴らしい。

哀しみを内に秘め、誰にも打ち明けられない苦痛を打ち明けられた時、何かが変わった。過去の辛い記憶を内に秘めつつ、過去の記憶と今の楽しい時間との共存を覚えた彼の未来はきっと明るいことだろう。
そんな予感を感じさせるラストシーン。
この物語における海という存在は兄と甥とで3人で釣りをしたという記憶でもあるのだけれども、釣りに行くばかりで自分の子どもにあまり構ってあげられなかった後悔、もういない兄との思い出。過去の色々な記憶へと繋がってしまう故郷の海に、甥と二人で釣りをするという思い出が新たに増えたことは主人公にとっての明日への一歩なのかもしれない。
>|