マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

Emy

Emyの感想・評価

3.8
音楽◎ ケイシーアフレックの哀愁◎
ろっそ

ろっその感想・評価

3.2
いい映画だったけど
思ってたよりも普通だった。
個人的にウィンターズ・ボーン的な感じだと思ってたけど、全然違いました。
喪失を体験した主人公と、甥のファミリーストーリー。
なぜあんな世捨て人みたいな生き方をしているのか、映画の中で主人公リーの過去の話が出てきた時、それは自分を罰するように生きる事しかできなくなったからだ、と思った。
もし私がリーと同じ過去だったらたぶん生きてはいけない。
リーの傷はたぶん一生癒えることはない。
癒えないものを癒えないまま抱えて生きていくしかない。
でもそれでも生きていくしかない。
転調

転調の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ブルーバレンタインを彷彿とさせるような楽しかった頃とどん底の頃を交互に見せる場面展開。そこにミシェルウィリアムズもいて更に思い出させる。

ケイシー・アフレックスは過去に監督として作品を出していてその作品がめちゃくちゃ叩かれて、反感を買って6年くらい映画界から干されていたらしい。
それもあってかこの役に非常にピッタリ

ミシェルウィリアムズも婚約者を亡くしていて、大切な人(映画では子供達)を亡くしたという所で非常にピッタリな役。ブルーバレンタインもそうだけどピッタリすぎてよく引き受けたなと思う

心の傷を癒すのにはかなりの時間がかかる。でもリー(主人公)のせいとは完璧に言い切れないから誰も責めれない。だけど本人からすると死んでも償えない。悲しい映画。冬の雪景色が印象的ないい作品
BLAIR

BLAIRの感想・評価

4.0
ポスターの言葉がまさしくという感じ。
邦画みたいな映画。

音楽がひたすらに悲しく気分が沈んだが、男同士って良いなと思えたのが救い。

不謹慎だけどフローズンチキンは笑ってしまった。
回想シーンを所々に挿入するから続きが気になって長いのにダレない。劇的でもないラストも印象的。良作。
ishooooo

ishoooooの感想・評価

3.7
兄の死をキッカケに題名のままの都市に戻った便利屋リー。
甥の未来とリーの過去、光の兄の死と残されたものの影。海はそれらをゆっくりと受け入れる。
tomo

tomoの感想・評価

3.5
つらいなぁ

雨の日に観たい映画
台詞のないところの表情や動作仕草、間演技が好きだった
あおば

あおばの感想・評価

4.7
ケイシー・アフレックの抑えた演技が素晴らしい。
ちょっと良さがよくわかんなかった。特に感動する話でもなく、話に意外性もなく。世間は冷たくて周りとうまくやってくのは難しい、てことか。辛い経験をしたあとだからしょうがないのかもしれないけど、自分の都合しか考えない登場人物ばかりで、もう少し善人が出てきても良かったんじゃないかと思う。
>|