マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

Emy

Emyの感想・評価

3.8
音楽◎ ケイシーアフレックの哀愁◎
さ

さの感想・評価

-
#20181018
MRicefield

MRicefieldの感想・評価

3.8
全然乗り越えれてないやん
johnnie0

johnnie0の感想・評価

3.9
言葉にするのが難しい。
切ない。
ギネス

ギネスの感想・評価

4.0
舞台となるのは海に面した町。どんよりと暗く、寒さも厳しいが、強い風の吹く海だけがなにかを包み込んでくれるような優しさがある。全体を通して暗く、やるせなさで充満していますが、最後までがっつり引き込まれます。ケイシーアフレックはもちろんのことを脇を固める俳優陣も最高、演出を含めてめちゃくちゃ丁寧に作っているからこういう作品に仕上がるのだろう。
VerseroGoe

VerseroGoeの感想・評価

2.3
You can count on me が大好きだったので、Kenneth Lonergan監督のアカデミー賞脚本賞受賞のManchester by SeaがAmazon Primeで配信されたので観てみた。You can count on me って16年前の映画かよって、改めて自分が年取ったことを感じながら。
この映画、結論から言うと、重すぎる。こんな重い映画を見たのは、久々というか。良い映画だったかというと、印象には残ったが、評価は難しいなという評価。
まず、主人公が暴力的すぎる。結局、これほどの不幸が襲ったときに、酒におぼれて、暴力的になり、自暴自棄になるのは、本当にそんなことなのかと疑問に思う。いろんな意味で感情移入しにくいキャラであり、主人公の甥との関係から自分を再発見する映画なのかもしれないけど、そもそも彼が人間的にヤバすぎて、こんな奴に甥っ子の面倒みさせてよいのかと不安になるわけです。そして、もっぱら別れた奥さんが可哀想なのです。
You can count on meは、哀しさの中にユーモアがあり、大人のコメディ感があったので、同じ心に傷を負った人のストーリーでも、その辛さを共感できたのですが、この映画は無理だったかな。
ただ、両方の映画に共通するのは、北米の田舎の日常をとてもきれいに映し出す演出のうまさ。Sweet Hereafterは、Kenneth Lonerganが監督のほうが本当は良かったのではとか思うわけです。あれも本当に哀しいストーリーですが、原作が好きだったので、アトムエゴヤン監督の映画を見たとき、これじゃない感がとてもあって、Kenneth Lonerganだったら違うかっただろうなってのが。
ということで、あえて他人には勧めない映画です。

最初は甥であるパトリックの希望を全て拒否していたリーが、最後には1つを除いて全て望み通りにしてあげたところでリーの成長の様なものを感じた。
かな

かなの感想・評価

4.8
めちゃくちゃに良かった。
不器用な感じがなんかいい。
IpponKnock

IpponKnockの感想・評価

4.3
物語自体は起伏が少なく緩やかに流れて行くが状況や登場人物の心情変化は細かく変化していく。
最初と最後のシーンのつながりにジーンと来ます。
>|