マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

Emy

Emyの感想・評価

3.8
音楽◎ ケイシーアフレックの哀愁◎
echo

echoの感想・評価

4.3
過去を乗り越えることに囚われがちだけど、乗り越える必要なんてないし、乗り越えられないこともある。見ないようにして思い出さないようにして、避けて避けて。それでも生きていかないといけない人生もある。頭が凍りつきそうな海風が吹き抜ける厳しい寒さがぴったりの映画。

ケイシーアフレックの魅力全開。ダメ男っぷりとひょっこりとのぞくブルーの瞳、カッスカスの声が最高。
Leonard

Leonardの感想・評価

3.5
過去を乗り越えられないことを、乗り越えられないまま描いてくれて、ありがとうという気持ち。そんなに簡単には乗り越えられない。他人の期待にも添えないし、自分の感情もコントロールなんてできない。そんな中で自分にできることをする。みんなどうしようもなく生きてることが静かな美しい景色とともに描かれていました。

負い目や悲劇なんて人生の一部に過ぎない。生きる理由なんていくらでもある。深く心に残る作品
Come on, Patty...I can’t beat it.
(Pause) I can’t beat it. I’m sorry.

が印象的だった。
ジーナ

ジーナの感想・評価

4.0
ケイシー・アフレックの素晴らしい演技にアカデミー賞も納得です。
甥や元妻との接し方もリアリティがあり、心を閉ざしながらも稀に見せる笑顔や優しさが光ります。

親族が死んだ時の周りの反応やその後の行動・心境なども共感できます。
自分も何人か親族を亡くしていますが、すぐに泣くことはなく、パトリックと同じようにスマホを弄ったり、趣味に没頭したり・・・。

また、リーの今と過去が交錯する手方も良かった。
単純に回想するよりもグッと来たし、涙腺に訴えかけるモノがありました。

これぞ名作!といった出来で、とても満足しています。
こにい

こにいの感想・評価

3.3
テーマも内容も悲しくてやりきれないうえに音楽がそれをさらに助長させてる

若さゆえに、まだ家族の愛の深さや有り難みを感じることができていないからこその行動やと思い込むことでしか、パトリックに対する不快感はぬぐえない

パトリックがそれを理解することと、船がふたりの仲をとりもってくれることを切にねがう⛵️
yosshi

yosshiの感想・評価

4.0
良かった
微睡

微睡の感想・評価

2.0
どうやってボストンからマンチェスターまで車で行くの?と思ったら、イギリスじゃなかった。
公開前からずっと気になっていたのだけれど、思ったのと違ったーーー!残念。
いくらひどい過去があろうとリーの子どもっぽさはドン引き。やりきれなさを暴力で表しているのだろうけど、全く共感できない。一通り暴れてやっとなんとなく前進したような感じはあったけれど、あれだけ周りに迷惑かけておいて……感が否めない。
ジョーが始終いい人だった。
Takashi

Takashiの感想・評価

3.8
アカデミー賞で脚本賞を獲ったくらいなので良き映画なんだろうけど、なんとなくつらそうなストーリーっぽいので敬遠してました。
案の定、過去と現在のシーンを切り替えながら、序盤は淡々とそれでいて訳ありげに進んでいき、徐々に過去の出来事が明らかになっていくという構成で、中盤からやっぱり辛くなってくる。
それでも、決してハッピーエンドではないけど、なんとなく前向きな感じで終わるので後味は悪くない。
更に、色々とあったケイシー・アフレックと製作者のマット・デイモンの友情が、本作のリーと兄の兄弟愛とリンクして深みが倍増してる。
静かだけど良い作品でした。
>|