マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

akko

akkoの感想・評価

4.7
ずっと見ていたいと思わせる上質なレアリズム作でした
ええやん。
好み別れるみたいな事言ってたからちょっと様子見てたけどええやん。

多分嫌いっていう人は成功主義者じゃないのかね。もしくは完璧主義者。
別に批判するわけではないけど、ひたすらにトラウマから逃れ続けようとして、そして最後まで逃れて生きていく。圧倒的ハッピーエンドでもバッドエンドでもないこのもやもやしたエンドに、吸い込んだ息をどう吐けばいいのか教えてくれた気がした。
さ

さの感想・評価

3.4
生きるってしんどすぎる
okyawaman

okyawamanの感想・評価

3.3
終始辛い。
葉月

葉月の感想・評価

3.9
やるせないけど生きていくしかないのがツライ。
もう一度観たい映画。
9638

9638の感想・評価

-
救われないのが
saho

sahoの感想・評価

4.5
"I can't beat it. I can't beat it. I'm sorry."

想像を絶するような経験をしたマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきたリー。
ケイシー演じるリーの悲壮感と、街の閑散とした雰囲気がより苦しくさせる。
残酷にも幸せだった頃のリーと現在のリーをとても淡々と描いていく。
「乗り越えず」に自分を責め続け、心を閉ざしてしまったリー。
だけどきっと、ランディと再会して言われた言葉に少し救われたと思いたい。
どうしても乗り越えられない傷があっても、生き続けるしかない。
いつかリーが、自分を許してあげられる日が来ますように。

144本目 / 2018
正直途中まで全く引き込まれなかったんだけど最後のリーの台詞はすっと心に染みていった。
時として不幸が雪崩のように被さってくることが、人生にはある。
それがあくまで自然に、日常の目線で描出された映像だった。

大変な思いをしているのは自分だけじゃない、ということを教えてもらった。

単調ではあるけど、芯の太い作品だと思った。
>|