マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

so

soの感想・評価

3.0
序盤、なんだろな〜という感じ。想像を絶する過去ってお兄さんのことかなぁとか思いながら、弟の過去と現在をいったりきたりするあの瞬間にざわざわした。救急車の手際に笑った。
号泣ではなく、じわじわ痛めつけられる感じ
RyotaInui

RyotaInuiの感想・評価

3.6
乗り越えられへん事は、乗り越える必要なし。
orie

orieの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

人間のろくでもないところと、各々が大事にしていること、両方が描かれていてよかった。
ケイシー・アフレックの演技が、“ああいう”父親(男性)そのものにしか見えなくて、すごいなと思った。

燃える家の前で主人公が立ち尽くすシーンで、大抵のドラマや映画は物を持ってれば落とす描写をしちゃうと思うんだけど、全体を通して、そういうちょっとしたオーバーな表現をしないところも自分的には好きだった。

ミシェル・ウィリアムズも相変わらず最高!
酒

酒の感想・評価

-
しんみりしてしもた
ケイシーアフレックが好きなので鑑賞。あの気の抜けるような声が良いっすよね(笑)あと地味にカイルチャンドラーも好きっす(笑)スーパーエイトでハマりました(笑)

私はオーシャンズのモロイ兄弟のキャラクターが好きで、結果、ケイシーアフレックとスコットカーンも必然的に好きになりました。

スコットカーンはハワイファイブオーで活躍、ケイシーアフレックは本作でアカデミー賞を受賞。モロイ兄弟が大活躍で私は嬉しく思います。

本作ですが、胸が締め付けられ、最後はとても切ない気持ちになりましたね。

過去と現在を同時進行に映していくのでより辛かったです。

あと、甥っ子がリア充過ぎて切なくなります。最終的にはテメェどんだけモテるんだよこの野郎と負の感情が芽生え始めます。ドラムか?ドラムをやればいいのか?いや、ホッケーか?

話変わって、主人公リーはどうしようもない位、悪いやつに見えます。バーをファイトクラブに変える達人で、初対面の人に暴言を吐くことを得意とする、アイスピック級の尖りまくり主人公です。なんて野郎だと初めは思いますが、物語が終盤に向かうにつれて、色々背負ってることに気づかされます。

さて、本作のパッケージにもなっている場面ですが、ここの両者の演技には思わず圧巻されました。抑圧された感情が滝のように溢れ出ております。

こういう、じっくりと描いてく人間ドラマは久しぶりに見ましたね。。完璧な結論を求める人にはおすすめしないですが

色んな意味で切なくなれる映画です。
Chihiro

Chihiroの感想・評価

4.0
いつも背中を丸めて、まるで自分の存在を小さく小さくしようとしてるようなリー。うまく言えないけど、こういう姿に心が救われる映画もあるんだな〜と思った。
悲劇を乗り越えるって一体なんだろう。
どういう状態を「乗り越えた」と言うのか。
きっと誰もが悲しいことを経験して、それを抱えて生きていると思う。どんなことも、なかったことにはできない。
kiko

kikoの感想・評価

3.2
んー。アカデミー賞ですか。過去の悲劇からの再生といった内容ではなく、悲劇を抱えて生きていく主人公。んー。個人的にはいまいちでした。
>|