マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

たけ

たけの感想・評価

3.8
乗り越えられない悲しみ、心の傷

これぞリアルと言わんばかりの脚本

淡々と物語は進み、静かな場面が多い中引き込まれた。

過去と現在を行き来する事で徐々に過去に何があったのかが分かり、主人公の心情が分かってくる。

感情移入できる作品でした

ケイシーアフレックの魂抜かれたような演技も見もの
KoRn

KoRnの感想・評価

4.6
傑作だと思いました。
でも面白い映画ではないです。

無気力でフラッと死んでしまいそうな主人公リーを見てると、胃が痛くて観てられない。

周りはみんないい人ばかりなのに、無意識にストレスが溜まるような演出がちりばめられていると感じました。

この映画は数日引きずりそう😫
NY

NYの感想・評価

3.7

‪この映画はとにかくケイシー・アフレックの
心を閉ざした演技に目を惹かれる‬
‪今と過去が織り成すストーリー‬
‪決して忘れるわけでもなく、
いつまでも引きずってもいられない‬
‪でも乗り越えるには高い壁‬
‪そんな心の葛藤をケイシーの演技によって
魅了された‬
静かで重い映画

兄の死をきっかけに周りの環境が変わり出し、ずっと留まっていたところから動き出せるようになるまでの映画って印象でした。まさに雪解け
hana

hanaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

忘れられない映画。

ボストンでマンションの便利屋として働くリーは、突然耳に入った兄の訃報により故郷マンチェスターに帰省。久しぶりに再会した甥パトリックと一緒に暮らし始めるうちに、過去に閉ざした記憶が否応なしに蘇ってきます。

海沿いの街マンチェスターの曇り空で寒々とした天候はリーの胸の内をそのまま映しているよう。

一時の不注意で狂ってしまった彼の人生。
誰にも責任がないそのミスに、自責の念を抱かずにいられないリー。感情を決して表に出さないことが正気でいられる唯一の術のよう。ケイシー・アフレックの抑えた演技に終始釘付けになりました。

ミシェル・ウィリアムズ演じる元妻との対話シーンは、前に進もうと努める彼女とあの日から心が壊れているリーの対比を如実に描写していて切なかったです。

過去と向き合う覚悟ができずに自滅していく過程とパトリックとの対話で漏らした本音には胸が締め付けられそうになりました。

リーが自分を赦して心穏やかに過ごせる日が来ることを願ってやまないです。
ずっと観たいと思ってた。
ようやくの鑑賞。
アメリカ田舎町での人間模様。
悲しみが大きすぎたために、どうなっていくのか、生きることで背負うものは。

美しい景色は変わらなくても、月日が流れても、不器用にしか生きられない。

観ていて辛すぎるところもあるが、
好きな映画だった。
th1982

th1982の感想・評価

3.0
特に前半、物語の進みが遅くてテンポの悪さを感じなくもないんだけど、不思議と嫌じゃない
きっとこの映画には必要な間なんだろうなと
終始淡々としてるが、そこがいい映画ですね
ちょっと長めだけど長さをまったく感じなかった

マンチェスターって地名だし雨が降ってたりするのもイギリスらしいなと思ってたら、アメリカが舞台だった…という変なところでプチ混乱(汗
過去の苦しみからはなかなか逃がれられない…
ただそれでも生きていく!

苦しみが感染する…
mmmmmmmm

mmmmmmmmの感想・評価

3.6
ケイシー・アフレック、はまり役。
人生にはどうにもできないことがあるんだなぁと思う映画。
>|