マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

半座

半座の感想・評価

4.5
街の雰囲気と物語のテイストがぴったりマッチしてる。真冬の冷たい海風が吹き抜けるマンチェスターの殺風景な景色と、過去のトラウマにより心を完全に閉ざしてしまった主人公。その2つがうまく調和することで、映画全体に冷たく硬質な雰囲気を生み出している。

この映画を退屈だと感じる人も多いと思う。観客を引きつけるための演出もなければ、主人公が過去の辛い体験を乗り越えるといった劇的な変化も訪れない。淡々と過ぎていく暮らしの中で、少しずつ過去と、現在と向き合っていく。ただそれだけのことが何の作為もなく描かれている。

だからこそ心を閉ざしていた主人公が元妻の前で感情を溢れさせてしまうシーンは心に響いた。とても良い映画だと思う。
死によってまた、死に近づいた主人公。死の間際の人って顔が緑色がかるよね。
月に向かっていくのかな。
それが好きなんだ
desperadoi

desperadoiの感想・評価

4.5
劇場公開時以来久しぶりに観たが、こんなに良い作品だったとは。
現在と過去を並行して描く脚本の構成が非常に効果的だと思う。昔と比べると主人公リーは明らかに人が変わったようだが、その原因は何なのか。判明した時の衝撃と言ったら…基本的に淡々とした雰囲気ながらも退屈することがないのは、この部分の描き方がある種のミステリー的な手法になっているからだろう。また、キャラクターに語らせ過ぎず、スクリーンに映し出し過ぎない点も良い。説明的にせず、観客の想像力に任せる演出はやはり好み。
ケネス・ロナーガンのオリジナル脚本ではあるが、この作品を観ていてエリザベス・ストラウト『オリーヴ・キタリッジの生活』を連想した。海辺の小さな町で暮らす市井の人々に起こる出来事を繊細な筆致で描く点が、媒体の違いはあれど共通しているように思う。調べるとそちらもドラマとして映像化されているようだし、チェックしなければ。
hxxty

hxxtyの感想・評価

3.8
淡々とした日常話で映画的な展開が無いことから、より悲しくて重かった。ケイシーアフレック主演男優賞は納得の演技。人って沈んだ心からそんな簡単には救われない。
いてつ

いてつの感想・評価

3.4
日常系映画
大きな事件で心を閉ざした人がトラウマと向き合って心を取り戻すお話。
多くは語られない構成で盛り上がりとかはないが、それがリアル。
けっこう好きかも
ブルーバレンタインと同じ印象
いい映画
KoRn

KoRnの感想・評価

4.6
傑作だと思いました。
でも面白い映画ではないです。

無気力でフラッと死んでしまいそうな主人公リーを見てると、胃が痛くて観てられない。

周りはみんないい人ばかりなのに、無意識にストレスが溜まるような演出がちりばめられていると感じました。

この映画は数日引きずりそう😫
NY

NYの感想・評価

3.7

‪この映画はとにかくケイシー・アフレックの
心を閉ざした演技に目を惹かれる‬
‪今と過去が織り成すストーリー‬
‪決して忘れるわけでもなく、
いつまでも引きずってもいられない‬
‪でも乗り越えるには高い壁‬
‪そんな心の葛藤をケイシーの演技によって
魅了された‬
静かで重い映画

兄の死をきっかけに周りの環境が変わり出し、ずっと留まっていたところから動き出せるようになるまでの映画って印象でした。まさに雪解け
>|