マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

ちー

ちーの感想・評価

3.7
つらい、ただひたすらにつらい映画でした。

あんなに明るかったケイシー・アフレックが
どうしてこんなにも暗い男になってしまったのか。

時系列が交差しながら進んでいき、
決定的な場面に行き着いたとき、もう、
ケイシーに感情移入してしまっていること間違いなしです。

でも誰しもあそこまでではないにしても
どうしようもない、まさかそんなことになるなんて思いもしないような
そんな経験って起こりうると思うんです。

すごく愛おしい一作です。静かなできれば涼しい明け方にどうぞ。
KotaAso

KotaAsoの感想・評価

3.4
見れば見るほど面白さが増しそう。初見はえ、、?ってなったけど、、

でも自分はヒーローものとか強い人間を観て勇気をもらう方が好きかもな、、良い映画だと思うけど、、
ジョージ
ボム5

ボム5の感想・評価

3.8
便利屋リー。
Ery

Eryの感想・評価

5.0
乗り越えられない。


リーとパトリック、幸せになってほしいな。これは、静かにまた見たくなる映画。
THY

THYの感想・評価

-
記録📝
せ

せの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

どちゃくそ面白いという映画ではありません。しかし、良い映画でした。


死体を見ることは不思議な気持ちにさせます。
初めてまともに見たのは2年前ほどでしたが、冷静に、動物の剥製みたいだなぁ。という印象だったのを覚えています。でもめちゃくちゃ悲しいのは確かで、死体は二度とみたくないし、演技でもダメ。あれはダメだ。
だから最初からずっと涙を流しながら観てしまった。

映画ヘレディタリーの終盤に出てきたよくわからんプルーンみたいな肌の、リヘナラドールみたいな、黒くて裸の人間出てきたけど、まさにあんな質感。あれを表現したのはさすがアリアスター さんだな、と思う。彼も兄弟を亡くされていて、死を見つめた人が表現できるものなんだなぁと思います。
いけねぇ、またアリアスター のこと話してる。だって死といったらアリアスター なんだもん。

この映画、
何気ない会話がおもしろいんですよ!普通に日常的な会話を撮ってくれているので、重い話なのに、フフ。と笑えるところもいくつか。

リーとパトリックの間柄って父子、というより、親友に近いですよね。なんでも言えるし、汚い言葉も使えるし。男性同士ってそんなもんなのかな。見てて微笑ましかった。
最初リーを見た時、なにこの無愛想なやつ!て思ったけどそれには深い理由があり、そうなる前は家族を愛するごく普通の父親だったのだ、、、
人の性格とかって、必ずそうなった背景っていうのがあるんだなと。

リーの場合、それが想像を絶するものだった、、、そりゃ心も閉ざすわ。
bebebe

bebebeの感想・評価

3.1
記録用
Aki

Akiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

時間であっても、乗り越えられない深い傷。頑張らなきゃ、とは言えない。

元奥さんの言葉に少し救われたとは思います。

時間は残酷だが、皆同時に流れている。
それでも少し前向きになれるはず。きっと。
Aruka

Arukaの感想・評価

4.2
兄が死んでしまってからが淡々と描かれている。便利屋として働いてたリーが故郷に戻って、パトリックとの生活を始める。

人には見えない傷だったり、暗い過去だったり、そういうものが沢山あって、でも生きて行かなくてはならなくて。乗り越えられない過去もある。

元妻と会った時の、元妻の涙に全てが詰まっていると思う。

ゆっくり静かに進む作品。
とても力強く心に残る作品。
>|