ハンコ課長

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのハンコ課長のレビュー・感想・評価

3.9
とにかくストーリーが目まぐるしく展開し、怒涛の勢いで最後まで楽しめた!

マクドナルドの誕生秘話を追った話。
"誕生"といっても、システムを開発したのはマクドナルド兄弟で、それを大きくしたのは別の人間だった。

兄弟たちがテニスコートにキッチンの図面を描いて、最大限の効率を生むシステムを開発させるところが軽快!どっかで見たと思ったら『ドッグ•ヴィル』だ(笑)
エア調理をさせられ、最初は戸惑っていた従業員たちが、最後はまるで栄冠の勝利のように称え合う。工場のように一才の無駄を排したシステムは"料理は愛情"とはかけ離れた無機質なモノに感じるが、そのシステムを作り出した人間は確かにそこに愛情を込めていた。

結果的に会社を乗っ取るクロックも、社交界の金持ちたちが出したフランチャイズ店の体たらくに呆れて怒り出す。やはりそこには人間らしい情熱があったんだ。

他人の手柄を乗っ取ってのし上がって行く話として『ソーシャル•ネットワーク』がとても似ていると思うが、こちらは裏切りの悲壮感をあまり出さずに気分良く見られた。