おいも

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのおいものレビュー・感想・評価

4.0
ファストフードがデジタル的な閃きではなく、「徹底的な効率化と取捨選択による、オペレーションの加速」で成立したものと発覚するシークエンスの爽快な驚きと、映像的快感にベロベロになってしまった。
マイケルキートンがどんどん覇道を往く目になるのに恐怖を感じていたら、レイクロック本人はもっとヤバい目をしていた。怖すぎ。