しろ

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのしろのレビュー・感想・評価

3.9
スコアはこの映画を世に出してくれてありがとうという気持ちの値です。
マイケル・キートンは名演だったと思います。
お陰でとても苦手になりました。

エル・クロックのような腐った人間は大嫌いです。
こんな人が近くにいたら…
ビジネスパートナーになってしまったら…
不信感ばかりで日々ストレスに苦しめられるでしょうね…
「真っ当なものを効率よくスピーディーに提供したい」と日々試行錯誤をしていたマクドナルド兄弟が本当に可哀想でなりません。
今ある偽のマクドナルドに真っ当なものは置いてないですからね。

アルバイトスタッフの方を含め、マクドナルドで働く方々には漏れ無く見ていただきたい映画です。
今マクドナルドと名乗っているこの会社はこんな風に生まれたですよ、と知っていただきたい。
そしてマクドナルドのお客さんたちにもぜひぜひ見ていただきたい。


私たちがよく目にする、今や世界どこにでもあるマクドナルドは本家のマクドナルドと比べたら雲泥の差なのでしょう。
あんな風に商売を拡大するなんて、どこまでもプライドのない恥さらしな会社です…
あんな人が社長だったら、誇らしく思い後についていきたいなんて普通は思えませんけどね。
まだ経営存続できていることが不思議。

当時、試行錯誤の末に成功に辿り着いたマクドナルド兄弟。
その二人が掲げていた店名から"マクドナルド"を奪いとってしまうなんて、許せません。
本家に対する冒涜ですね。

質の悪いもの、耳触りが良すぎる話からは距離を置いた方がいいですね。
性別年齢問わずですが、特に男性で口が上手い人はやはり嫌いです。


私は日頃からマクドナルドを好んで利用することはありませんでしたが、今後もし家族ができ、子供に「マックに行きたーい!」と言われても連れていきたくないです。
ファーストフード店に行くことは良しとしても、数あるお店の中からマクドナルドを選ぶ子には育ってほしくないと思いました。


本家マクドナルドの創始者であるマクドナルド兄弟の兄モーリス・マック・マクドナルドと弟リチャード・ディック・ジェイ・マクドナルドが作ったお店を訪れてみたかったな。