マルコフ

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのマルコフのレビュー・感想・評価

4.3
岡田敏夫のYOUTUBEチャンネルの評論が面白かったので観賞しました。

予備知識のおかげで予想外に楽しめました。

このところ実話映画を観てましたが、
この映画は
詳細が細かく描写されていて(それでもマックポテトの美味しい製法方法など割愛されてるけど)
最後の最後まで見ごたえがあり目が離せませんでした。
事実真相を伝えようという意識がものすごく伝わる映画でした。
それくらい
なんてラストなんだアメリカ社会恐ろしい…
てなほどの内容です。

この監督さんは実話映画撮るのが実に上手い。


名台詞、決め台詞沢山出てきます。
競争社会を知る大人には突き刺さる台詞ばかりです。。

昔は、バーガー買うのに30分待つのが当たり前
可愛いウェイターにチップ払って、レンタルテーブルを持って食べる
それだけなのに結構お金かかるのが当たり前だったみたいですね。

紙包みで食べるエコな手法を編み出したのはマックが一番最初

そんな苦労して行き着いた成功ビジネスを安易に話してしまったフレンドリーさゆえにレイにどんどん漬け込まれて行きます。


ビックサイズミー2観たあとでこれを観ると、昔のマックはこだわって作られた美味しいハンバーガーだったのに今はひどいもんだな…と思ってしまう。


後日談でマックシェイクの話がありましたが、あれは他にも冷蔵庫使うようになったので最初に戻しただけで、良質な商品にこだわった訳ではないらしいです。


他人のものを自分のものにして
それ以上に売れれば
後者の存在が薄まったとき元祖になる…

その該当者にならないためにも
誰にも真似されない「企業秘密」て大事だなと教訓を学ばさせられました。

公開当時ごろですが、マック経営悪化しましたね。
もしかしたらこの映画の影響か?と思いました。
どにらにしても、桑原桑原…