ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

2017年8月4日金曜日
角川シネマ有楽町
Layla

Laylaの感想・評価

3.5
マイケル・キートンの脂の乗ったいやらしい名演技により、見事に英雄であり怪物の話になっていた。実在の人物が主人公であるからして、描き方次第でどのような映画にもなりえたのかと思います。トム・ハンクスが演じていたらただのいい話になってそう。マクドナルド兄弟の立場からすれば恐ろしい話なのに、色彩豊かで牧歌的にも見えるような雰囲気の不思議な映画でした。
KiiHan

KiiHanの感想・評価

2.6
わかりにくかった。
皮肉で残酷でかわいそう。でもそれがビジネスなのが現実。
井D

井Dの感想・評価

3.7
向上心の塊。ある意味傲慢で容赦ないところが究極、アメリカの本質なのかなと突きつけられる。

I'm national. You're f'kin local. ファストフードの歴史を知れる良作!
レイ・クロックがいなければマックのハンバーガーを食べる機会は無かったかも知れないが、マクドナルド兄弟が作ったハンバーガーやシェイクも味わってみたい。
ビジネスってこんなものなのか…。
昨年の映画納めは飛行機内のこれでした。マクドナルドがマクドナルド兄弟から奪われて、マイケル・キートンが演じるレイが世界に拡大していくまでの物語。よく出来てるし、何よりマクドナルドらしさが伝わる映画でした。
おもしろかった
kunico

kunicoの感想・評価

3.7
敗者から勝者へ。
得るものと失うもの。
成功体験は人間を変えるね。
morita

moritaの感想・評価

2.5
マイケル・キートン扮するクロックって、悪者のように描かれているけど、事実だけ見るとそんなことないような。

嫌なやつかもしれないけど、無法者だったり、非合理ではない。話の筋は通しているし。

今の時代だったら、むしろけっこういい人の部類なんじゃ・・・とか思ったりした。
>|