ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

2017年8月4日金曜日
角川シネマ有楽町
亘

亘の感想・評価

3.9
【品質にこだわる保守的「元祖」vs 拡大に取り憑かれた超野心的「本家」】
レイ・クロックは、売れないミキサー販売員。ミキサー8台の突然の注文に興味を持った彼は、注文者マクドナルド兄弟を訪ねる。そこで彼は革新的レストランに可能性を見出だす。

世界的ハンバーガーチェーン、マクドナルドの創業を描いた物語。主人公レイ・クロックはマクドナルド自体を作ったわけではない。彼は、マクドナルド兄弟の作ったシステムを発展させ、"チェーン店としての"マクドナルドを創業したのだ。そして質を重視する「元祖」マクドナルド兄弟と対立する。

クロックは、成功者である一方で野心のためには手段を選ばない強引さと他人の感情を読めないサイコパスな面を持つ。フランチャイズ開始後マクドナルド兄弟の前に現れる姿は不気味だし、マクドナルド兄弟の兄マックの見舞いは見ていて唖然とした。クロックにほったらかしにされ続けてもなお彼を支えようした妻レセルを無視した上で捨て他の女性と結婚する。全くもって嫌な男である。

でも彼のビジネスセンスとか根気には目を見張るものがある。マクドナルド兄弟の店舗を見て名案を閃き、しがない聖書販売員をフランチャイジーに抜擢し、キッチン担当の一青年を側近にしてついには会長にする。成功すると人が集まる。そしてマクドナルド兄弟に倣った他の人が出来なかったような大成功を彼は収めた。革新的なシステムを作ったマクドナルド兄弟に発想力は劣るし、後にCEOになるハリーに知識量では劣る。それでも成功して名を残したのはレイ・クロックなのだ。

マクドナルド兄弟を無視して拡大を進めた彼は、ついに彼らを無視してマクドナルドの正統を名乗ってしまう。 まさに「元祖vs本家」の構図。見ていて彼の行動にはどうかと思うところはある。でもクロックがいなかったら今マクドナルドなんて知られてないし、こんな作品も作られていない。そんな「正義が勝つんじゃない、勝った方が正義」という言葉を思い出させる作品だった。
現在のマクドナルドが添加物たっぷりでさらに品質問題が起きるのは、クロックの「本家」マクドナルドだからこそなのだろう。

印象に残ったシーン:クロックがレセルを無視し続けるシーン。クロックがフランチャイジーをスカウトするシーン。クロックが店名の秘密を明かすシーン。
hrakmo

hrakmoの感想・評価

3.4
記録用
飛行機にて
あんましいいコンディションで観ることが出来なかったんであんまし深いとこまでは書けませんけれども(要は寝不足)
TSUTAYAとか行くと「資本主義映画」っていう映画の棚あるじゃないですか(ない)
んで今までみた「資本主義映画」の最高傑作は「ウルフ・オブ・ウォールストリート」だったわけです。公序良俗に反しまくっていて単純に面白いし長いけどサイコーだと。どれくらい好きかっていうと、銀行とか証券会社に勤めてる友達とかと飲みに行ったときには必ず「いや、お前さ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のディカプリオみたいな生活してんだろ?」とか言って奢ってもらおうとするくらい好きです。(単純な迷惑行為)
でも、まあ本作観ると「ウルフ・オブ・ウォールストリートなんか全然資本主義じゃねーな。」というか、「資本主義映画」としての純度は本作の方が上だと思いました。(映画として上をいっているとは言っていない)
例えば、例の映画のディカプリオは資本主義的なるものっていうのを自己の欲望を満たすためのツールとして使うわけですよね。証券を使って「空虚な財・サービス」を駆動させまくって利ザヤを得るという。そしてその利ザヤを欲望に向けて使って使って使いまくる。
一方で本作での「ファウンダー」はそういう欲望を満たすためにはどうにも見えない。勿論見方によっては「名誉欲」とか「承認欲求」のため、って見方もあるんだろうけど、エンドロールで明らかになるように、自らのなした財をノブレスオブリージュ的な始末のつけかたをする。
つまるところ、映画の印象的なシーンに「フランチャイズ!フランチャイズ!フランチャーイズw」みたいなシーンがありましたけど、自己目的化している。つまりビジネスがビジネスを駆動させて巨大化していくことを目指すという点で、本質的な資本主義映画だと思いましたw
というのも、資本主義の本質っていうのは「資本を用いて資本を増加させ競争するゲーム」なわけで、そこに目標とか理念というものは厳密に言えばなくて、徹底的に自己目的化しているというところが実に資本主義の本質を描いた映画だと思いましたね。
内容面で言えば単純な伝記物としての面白さが良かったです。例えばマクドナルドが巨大化するキッカケですよね。単純にハンバーガー売ってたら儲からんわ!こんなん!っていうところに「なるほどその手があったか!」っていうw
あとは正直最初の方は「この奥さんどうのこうのの描写、だり〜な〜」とか思ってみていたら、実はこの映画における「契約(contract)っていうのはこういうもんですよ」って話と共鳴させる演出の巧さとかも感心しましたね〜。
あとは個人的には「オペレーション」っていうものも興味深かった。「オペレーション」っていうのはあれですね、どこの店でも誰がいつやっても同じものが同じように提供できる仕組みのことですけど、「マクドナルドのオペレーションはお前が考えたんじゃなかったんかい!」っていう驚きですよね。
私自身前職では結構オペレーションガチガチの職場でそれの良さや悪さは分かっていたつもりだったし、いまの職場ではオペレーションがユルユルすぎて、「そういうところカチッとした方がいいのにな」なんて思ってたわけですけど、「オペレーションそのものが尊いわけでは全くないんやで。それを野心的にマネジメントするかどうかや」っていう着地に考えさせられました。
個人的にはゴッドファーザーやカリオストロの城のミートボールスパゲッティ級にマクドナルド食いたくなる映画でしたね。
痛快なアメリカンドリームな話だと思っていたら観終わってめっちゃ悲しい気分…しばらくマックは食べたくない。

2017/10/22 ルミエール秋田
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ファウンダー(創設者)という
タイトルではあるが
実際のストーリーは
ひとりの大きな野望を抱いた男が
マクドナルド兄弟の会社を
乗っ取るまでが描かれている。

最終的に
主人公が創設者を名乗ってしまうなんて
なんという皮肉だろう…

マクドナルド兄弟が
自分たちの仕事をいかに効率良くするか
シュミレーションしている場面では
まるで指揮者が演奏を操るかのような
堂々たる姿であった。
しかし、彼らはある種の悪魔を
招き入れてしまったがゆえに
全てを失ったのだ。

そう思うと
利益を求めることは
時に大切なのかもしれない。

1番可哀想だったのは主人公の奥さんかな。
てっきり彼女から離婚の話をすると思いきや
まさかの主人公から!
しかもすぐに同じく野望を秘めた女性と
ゴールインしているという…
彼女ほど強かな人はなかなかいない。
Lara

Laraの感想・評価

-
知らなかった〜。マクドナルドってなぜかたまに行きたくなる。
ヒミツというか、まあそうだろうって感じでした。
やはりあれぐらいやらなければ、今日のマクドナルドの世界展開はなかったでしょう。
チェーン店の数は多くなっても、創業者兄弟のお客さんに対する誠意は伝わっていると思います。


さて、マクドナルドの映画ということなので、ここで私のオススメのメニューを紹介します。
私がマクドナルドに行って必ずといっていいほど注目するのが「チキンクリスプ」です。
これはシンプルだけど飽きない美味しさで、さらに100円で買えるのでお得です。
これに夏場はコーラのS、冬場はホットコーヒーのS(どちらも100円!)を付ければ私は大満足です。
皆さまもぜひお試しください。


※これを読んでチキンクリスプを食べたら感想を聞かせてください(笑)。
>|