ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.9
マクドナルド関連で初めて読んだ本が、当時日本マクドナルド社長だった藤田田氏が書いた『ユダヤの商法』。これが十代後半の自分にはとても面白く、藤田田氏の他の本もほとんど読んだ。

マクドナルドの英語の発音は全然違うのだけれど日本語で言いやすいようにマクドナルドにしたとか、ロゴマークの赤と黄色の色使いが注意を引いて食欲にも訴えるとか、コーラの温度は4℃が一番おいしいとか、家族をターゲットにして子どもの頃からハンバーガーを食べてもらえば、一生ハンバーガーを食べてもらえるし、さらにその人の子どももハンバーガーを食べるようになるとか。

マーケティングの手法として今では当然のことかもしれないけれど、当時としては斬新で、自分に無限の可能性があるかのように感じていた歳ということもあってか、こりゃスゴイや、いつか自分も、と夢中になった。

2007年に『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝』という、本作のもととなる本が出版され、これも読んだ。内容はユニクロの柳井正氏、ソフトバンクの孫正義氏が絶賛する、金儲けの指南書みたいな感じ。しかし、この頃になると自分への幻想はほぼ消滅し、金儲けが疑いもなく価値があり、良いことであるとも思えなくなっていた。

そして本作は、本にはなかった(と思う)レイ・クロックのダークサイドの部分やマクドナルド兄弟との関係についてもしっかり描かれていて、そこがイイ。

画期的で合理的なビジネスモデルを考案するも、品質と顧客サービスを第一に考え店舗展開に慎重なマクドナルド兄弟(特に弟)に対し、パートナーになりたいレイ・クロックはイケイケ。そりが合わない者同士のはずだけれど、マクドナルド兄弟もそこは弱い人間(特に兄)だからか、レイ・クロックと組むことにしてしまう。

自分達の承諾なしでは何もできないように契約でレイ・クロックを縛ったマクドナルド兄弟だったが、レイ・クロックはコンサルタントの入れ知恵によって盲点をつき、契約をなし崩しにしていく。

レイ・クロックの非人間的な振る舞いにより、大切なはずの人々との関係は破綻していく。悪役のレイ・クロックには落とし穴にはまるとかしてもらいたいところだけれど、実話をもとにしているだけに、溜飲が下がることはない。

ビジネスの世界で大成功するような人というのは非人間的な部分がある。逆に言えば、どこかしら非人間的でないと大成功はできない、ということかもしれない。「ああはなれないし、なりたくもない」(マクドナルド兄)というのが一般人の本音だと思うけれど、成功した者にはヒガミに聞こえるだろうなあ。

レイ・クロックの手腕なしにはマクドナルドが全世界に展開することもなく、従って日本でマクドナルドのハンバーガーを食べられなかったかもしれない。しかし、マクドナルド、もしくは似たようなチェーン店がなかったら世界は不幸だったのかといえばどうだろう?

2014年7月、マクドナルドで食品消費期限切れ問題が発覚する。こうした問題についても映画で描いて欲しかった。とはいえ、レイ・クロックが顧客よりも利益を重視する“ファウンダー”であったことは十分描かれているから、そこは察してくれよ、ということなのかもしれない。

●物語(50%×4.0):2.00
・レイ・クロックとマクドナルド兄弟がきっちり描かれていて面白い。もっとスカッとしたかったけど、これはこれで良しかな。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・マクドナルド兄弟が理想のキッチンを設計していくシーンが好き。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・普通に良し。
GAJIROCK

GAJIROCKの感想・評価

3.8
これほど、盗人猛々しい人物を初めて見た。
M字頭の男が全米中を駆け回る。M字は女子ならエロいが、男なら野心の証。野心家すぎる男が夢を追う。野心こそ人生の醍醐味。コヤツの野心と口車のお陰で全米中にマクドナルドのゴールデンアーチが光り輝いた!   

そうか、M字カットはマクドナルドのMだったんだ。単に禿げ上がっただけだと思っていた。このわかりにくい伏線は何だっ!

マイケル・キートンがグイグイ迫って来る。まさに押しの強い暑苦しい男。欲しいものは全て奪い取る超ゲスい男を演じる。マクドナルドの大成功の陰にゲスい男あり。本作を観ているうちにゲスバーガーが食べたくなってきた!
マックの事がよくわかった〜〜。
凄いなぁー。あの兄弟も。
新しいこと始めるのはやっぱり大変やな〜〜。失敗があるからそうやって生まれてくるんやね。
ってか昔は、わざわざ車まで運んでたんやねー。皿とかで。めんどくさ〜〜💦
ローラースケートで。笑
ジャッキーの映画でスパルタんxでしてたの思い出したわ〜。

マックシステムを大きくしたのがあのおじいちゃん。でもあの、助言してくれた人がおったからだけどね。
兄弟とも裏切って。悪いおっちゃんやー‼️お金は渡したけど約束守らんし〜。サイテーや。
でもマックが食べられるのはこのおじいちゃんのおかげではある。
まー凄いなぁー。出だしが遅いのに。あるのは口とピアノが弾けるだけって言ってたしね。本物の人がでてたし。
マクドナルドの名前が欲しかったんやね。
凄い話でした。
Ginny

Ginnyの感想・評価

3.5
マック食べながら書いてますŧ‹"(o'ч'o)ŧ‹"ŧ‹

わー!楽しかったーー!⤴︎⤴︎⤴︎
ではなく、
うん…楽しかった…⤵︎という感じではありますが、面白い映画でした。

あのマックの始まりとも言えるファーストフード店を始めたマクドナルド兄弟と あのマックの創始者レイクロックの話。
なんでこんな書き方というと 今 私が日本に生きててマックを食べれるのはレイクロックの存在があったからだと思うから。

今日のマクドナルドも少し前まで経営が傾いて社長が悪いだの 経営陣を変えてジャンクな方向にぶっちぎったら回復しただの話題にはなりますが マックの始まり、みんな知らないんじゃないでしょうか。
私は知りませんでした。
だから本作を観て全てが真実ではないとしても大筋だけを受け止めても中々衝撃でした。

紆余曲折を経て 効率重視のオリジナルファーストフード店を出店したマクドナルド兄弟。考え抜かれていて工夫をしながらも 品質を維持するため妥協しない2人。
それに相対して金稼ぎと話題作りと異常に上昇志向が高いレイクロック。彼はサイコパスですな。
マイケルキートンの演技が異彩を放ってました。目がイっちゃってる。
狂人、ではなくスーツに身を隠してビジネスマンに擬態してるのをうまく表現していると感じました。

彼がやったことはあくまで「ビジネス」で片付けられるし、「成功例」でもある。
人道的にどうなんだと多くの人が疑問に思うだろうけど。

レイクロックが窮地に陥るたびに明晰な頭脳を持った人や解決策を提案してくれる人が彼をサポートしてくれて、導いてくれて 今のマックが出来上がった。大成功者だ。
それに対してマクドナルド兄弟は権利を売却してお金は受け取ったものの彼らが生み出したものに相当する対価と言える分は得られていない。

皮肉である。

美学を持った、堅実なマクドナルド兄弟は、私利私欲のモンスターに蹴散らされてしまったのです。

それは往々にして私たちが生きるこの世の中に溢れかえってると思うからこそ本作は楽しくも恐ろしかったし、多くの人に見てもらいたいと思った。
それは、マクドナルド兄弟のような才能やアイディアを持った善人がこんな目に遭わないでほしいから。

これ以上手を広げたくない、と思ったところでも 怪物に目をつけられてしまったら搾取されてしまう。
搾取されただけで済めばいいけれど、懐に入られ搾取され続けて命まで奪われたら溜まったもんじゃない。
日本の凶悪事件、遺体をスケルトンにしちゃった有名な2つの事件とかは 変な人に目をつけられてしまったのが運の尽きというか…そう思うので。

自分の身を守るというのは、
体という物理的なものだけでなく、
自身から生み出された知的財産なども守る必要があり、そして未来永劫守るためには 自分がそういう知識を持つか、信頼できる専門家を早いうちに味方につけるかしなくては ただ搾取することだけを考える人たちに目をつけられたら危ないのだなと思いました。

ただただ純粋に 良いものを良い形で残そうと思ってくれる人だけではない。
芸術もそんな風に汚されてきたもの、本来であれば残れたのに残れなかったものがあるんだな、と思うと苦しい。

ということで、興味深い、一見する価値のある映画でした。

マック、私好きだよ!
なんだこいつ!ムカつくぜっギィイイイ!!!
ってなるけど甘い…これがビジネスなんや…
悔しいっ…!!
この映画を観るとマクドナルドについて考えが変わる

ハンバーガーと言えばマクドナルド。モスバーガーは高いし、ロッテリアはよーわからんし、ハッピーセットでハッピーになれるマックが一番。
ちなみに自分の住んでる地域ではマックと呼ぶ。
マクドじゃなくマックだ。

マクドナルド成功物語。
いやー恐ろしい話だ。ホラー映画よりも怖かった。
人間が一番怖いというが、その通りである。

簡単に言えば、変なおじさんに目をつけられた話。
このおじさんが、マクドナルドを作ったわけではない。
ディック&マック兄弟が作ったマックをのっとて支配してしまったのだ。
こういう人っているよね。おいしい所だけもっていく。
でも、この執念は少し見習いたい。

明日のお昼は、マックにしようと思ったけど少し考えます。笑
自分がマックでいつも注文するのはベーコンレタスバーガーセット。
ドリンクはコーラかシェイク。

wowow
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

4.8
文句なしにおもしろい。
マック行こかな(●´ω`●)
ま

まの感想・評価

3.1
記録
>|