ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.8
勝者側から見た内容なので致し方ないが
内容的には爽快感はなく
非常にモヤモヤした感じ。

気の毒なマクドナルド兄弟何とか頑張れ!
と最後はアンチ主人公の視点で
見てしまった。

でも、あれだけの企業を作るとなると
下衆いこともいろいろやらないと
綺麗事だけでは成し得なかったのでしょうね。
やまと

やまとの感想・評価

3.6
◆勘違いしてはいけないのは、マクドナルド創業者の物語ではなく、ある1人のビジネスマンがマクドナルドの効率的なシステムに魅了され野心的に全国展開を果たす物語。
◆とある本に
「どんな最高な成功も、誰かの最悪な結末の上に成り立っている」
という言葉があり、まさにこの映画、この言葉通りでした。
◆端から見れば凄い野心的でマクドナルドを世に広めたビジネスマンですが、端から見れば強情で利益のためなら手段を選ばない狂気的な人物だなと。
◆ただ映画のタッチ的にそこも明るく、とんでもない手腕くらいに描かれてました。またそこも怖いですが。
◆そもそもミルクセーキのミキサーの独占販売権を持ちながらあちこち旅してるとこから始まるので既にヤバイ人だったのかも。
◆映画に出てくる物も当時の時代背景にしっかり合わされてて、例えば車やファッション、音楽やちょっとした小物まで。凄いですよね。それでも古臭く感じないタッチで映ってて、単純に目で楽しめました。
マクドナルドもほぼ食べないし、別れた妻も兄弟も知るかって感じなんだけど笑
だって所詮中出しやん?
本当主人公がキモすぎる見た目 だいたい見た目キモい奴は気をつけた方がいいって映画で習ったwwww

まぁ約1年間ぐらいマックでバイトしてたんですけどwwwwwwwwwwwww
Sugar

Sugarの感想・評価

3.2
マクドナルドは飲食業ではなく不動産業だというのが印象に残った。
non

nonの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

主人公!人の店取るわ人の女房取るわで強烈!
結局、口の上手さと手段を選ばない精神で上り詰めた!こういう人嫌いじゃないけど直接かかわりたくはない…
映画で見るくらいで丁度いい。
「ライバルが溺れてたら口にホースを突っ込む」は名言…笑
最後、やっぱり約束守らない所が流石。
ぐっち

ぐっちの感想・評価

3.7
観てる途中でとりあえずマクドナルドを買いに行きました。
執念………いいですねぇ(笑)子供の頃、病院の待合室で伝記本を読んでいたのでストーリーは大方知っていたけど楽しめました。最後の、実話ベース映画あるあるの、あの登場人物はどうなったかシーンで、冴えない女秘書がめちゃくちゃ出世してて笑った。兄弟か主人公か、どっちのタイプの人間になりたいかと問われると難しいよなぁ。
職人の理想と経営者の理想が衝突して悲劇と狂気を生む濃厚なドラマ
AR

ARの感想・評価

3.9
野心、執念は時として怪物を生む。
>|