ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.8
勝者側から見た内容なので致し方ないが
内容的には爽快感はなく
非常にモヤモヤした感じ。

気の毒なマクドナルド兄弟何とか頑張れ!
と最後はアンチ主人公の視点で
見てしまった。

でも、あれだけの企業を作るとなると
下衆いこともいろいろやらないと
綺麗事だけでは成し得なかったのでしょうね。
kameta2525

kameta2525の感想・評価

3.6
ビシネスは食うか食われるかという意味がひしひしと伝わる作品。
強引な手腕はあまり好きではないですが、今日のマクドナルドがいかに大きく発展し、アメリカ文化に根付いたのか分かります。
レンタルiTunes
マクドナルドの創業秘話を描いた映画。
面白かったです。
創業者であるレイ・ロックが毎日聞いていたレコード「積極的思考」を聞いてみたい
知らなかった。マクドナルドにこんな黒歴史があったとは。
まさにやるかやられるかの世界。
最高の作品
ただ自分がこういう映画見るとは思わなかった。
序盤はアメリカ版カンブリア宮殿
後半は非情なビジネスストーリー

マイケル・キートンの憎さたるや、創業当時のマクドナルドの理念みたいなもんはもはやないのかもね
赤足

赤足の感想・評価

3.7
しがない52歳の営業マン"レイ・クロック"が2人のマクドナルド兄弟が経営するマクドナルドを世界一のファーストフード店に展開するまでを描いた。サクセスストーリー(実話)とヒューマンドラマ!

マクドナルドの創業者とされている"レイ・クロック"の自伝的な映画ではあるのだけれど、内容的にはマクドナルド創業物語といった方が正解のような…。 初期のイメージでは、ドキュメンタリー作品を想像してたけれど、ちゃんとしたストーリーと役者を使い描いてくれてて安心した。

話のテンポは良く前半は心地よく見れるが、後半は胸糞悪く、レイ役を演じたマイケル・キートンの演技はすごかった。お陰で途中からレイのことが本当に大嫌いになったが、彼の根気と信念はだけは本当に凄かった。
資本主義の非人間的な部分と社会主義で人道的ではあるがビジネスセンスはなく、その場に善も悪もなくまさに食うか食われるかの弱肉強食の世界は人間の闇であり、弱さが垣間見える人間ドラマは見てて気持ち良いものではないが、すごく興味深く印象的であった。

しかしレイには本当に、最後は痛い目にあってほしかったなと思わせられる映画だこれ!
天狗

天狗の感想・評価

4.1
観たかった作品。

マクドナルドは不動産業であるというのが目からウロコ。

でも実は予備校ビジネスもそうだ。駅前の一等地にビルを構え客(予備校生)を呼べる(売上を上げられる)講師は実はテナント。客数が減ったら講師をすげ替える(テナントを入れ替える)。

重要なことはビジネスの本質が何なのかを見極め、他社を圧倒すること。

ビジネス・コンサルティングの観点からも本作は観るべき価値はあります。ま、本読めばわかるんですけどね。

自分は超保守的なあの兄弟にとてもイライラさせられたほうです。
道徳の教材のような映画。

この映画は決してマクドナルドの成功を映画化したものではない。
厳密に言うと、サクセスストーリーだけではない。

この映画は前半と後半で確実に色の違いを見せている。

前半はファーストフードのファの字もなかった時代の人々が当時高価で手の届きにくかった外食を文化として取り入れていく様を見事に描いている。
特に効率化は考えたマクドナルド兄弟が、テニスコートの半分に機材の配置や役割を決めて俯瞰的に見やすいようにロールプレイングを繰り返し最も効率的な方法を探求するシーンは観ててワクワクする。

後半は経営者の野心からこのマクドナルドでお金を稼ぎたいがために様々な手を使って世界中に広める。時には大事なものを捨ててまでも。

マクドナルドがいかに日本でも身近になったのかが、よくわかると同時にこれほどまでの犠牲者の上に成り立っていることまで痛烈とわかる。
技術者と経営者の考えはここまで食い違うものであり、大きな権力にはけっきょく勝てない。
もちろんこれだけがあくまで成功する秘策ではない。
人によって意見は様々であろう。
だからこそ皆が考えるべきことだと思う。
>|