ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

紫

紫の感想・評価

-
2017/09/16-24 飛行機の中で
はらこ

はらこの感想・評価

3.1
クズの特徴を捉えるのが上手い。
この話の主人公は自分の事しか考えず、失敗をしても自分に原因があるとはカケラも思わず、そしてすぐキレる。
あと、こういうクズって大概人を説得する時に壮大な夢と感情論を語るような気がする。
盛り上がりには欠けるがある意味印象に残るので一見の価値あり。
《I'm lovin' it》どころじゃない。
ハンバーガー帝国を築いた男は、「好き」を飛び越えた「執念」で勝利を掴んだ男でした。

私自身、ビジネスの世界にはいないので主人公の執念に共感することはできず、むしろ弱者を食い物にする怪物にしか見えませんでした。経済の世界が合戦場で、生き残るには綺麗事だけでは済まされないことも理解しておりますが、好きにはなれない。

もっとも彼も皆が自分のスタイルに賛同するかどうかを求めてはいないでしょう。彼の理念に共感する一部の人間が付いてくれば、それで良いのだと思います。
マクドナルドを教会と同じくアメリカのシンボルに変えたように、彼にとってマクドナルドはビジネスの枠を超えたある種の“信仰”だったのかもしれません。
信仰に従わない異端者は切り離して生き残り続けたのでしょう。

私が生まれた時からマクドナルはすぐ近くにあって、子供の頃から何度も楽しんできました。家族で朝マックしたり、友達と夕方に集まったり。
ビジネスが美しくなくても、執念の味は確かに世界中の舌を支配しているのではないでしょうか。
SEX山口

SEX山口の感想・評価

3.4
心底胸糞悪い映画だった。故に面白かった
彼が野心家になって残ったものと失ったものを考えると
人として見習いたいのは断然マクドナルド兄弟だけど、彼のおかげでマック食べられるんだもんなー

ふとしたときにまた観たい映画
リアルなビジネスの話。弱肉強食の世界をあえてドラマティックに描かないところにこの映画の独自性を感じる。大企業は悪、下町の町工場が正義の勧善懲悪ものとは一線を画す。野心や欲望のために突き進む主人公の転落がありそうで、実際はないまま覇道を進む。後味が悪いと表現するのは簡単だが、これが現実という重みなのだと思う。
Sp

Spの感想・評価

-
よかた
Babybrown

Babybrownの感想・評価

3.4
マイケルキートン
>|