ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

タニー

タニーの感想・評価

4.0
マクドナルド兄弟、かわいそう。
けど、レイクロックが目をつけなければ日本にマクドナルドがなかったと思うし・・。
けどやっぱり、レイクロックみたいな人が近くにいたら嫌だな〜。

レイクロック仕事術として観るのは勉強になります。
はせ

はせの感想・評価

4.0
1954年、アメリカ中西部。あんまり売れないシェイクミキサーのセールスマンのレイ・クロック(マイケル・キートン)のもとに、ミキサー8台の注文が入る。発注元のマクドナルドというドライブインレストランに興味を持ったレイは、経営者のディックとマック兄弟による、高品質、コスト削減、スピードといった合理主義を徹底させたビジネスコンセプトに感銘を受ける。契約を交わしてチェーン化を進めるが、ひたすら利益を求めるレイと兄弟の仲は険悪になっていき…

マイケル・キートンがマクドナルドの創業者(ファウンダー)レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。創業者はマクドナルドさんではなかった!怪物のような資本主義が兄弟からマクドナルドの看板を奪い取るまでを、飽くまで中立に、淡々と描いている。

マイケル・キートン、本当に素晴らしい。特典映像の記者会見で他の俳優が指摘していた、兄弟への罪悪感がほんのちょっぴりだけ垣間見えるシーン。確認のために見直したら確かに一瞬だけ目の色が変わっていた!

レイ・クロックは言う。「マクドナルドの良いところは…名前だね!名前の響きがいかにもアメリカらしい。クロックなんてスラブ系の名前のバーガー店に食べに来るか?」
raika

raikaの感想・評価

3.5
私は嫌いじゃないな。こういう映画🎬
確かに、作り上げてきたディック、マック兄弟には可哀想な話だけどこのストーリーはレイ・クロックにフォーカス当てた映画だしテンポも私好みだった!

"執念"あるのもの成功者、と彼は言ってたけど確かにそうだなと。動いた者がどれだけ成功に近いか。食って食われるビジネス世界だからこそ、失敗成功を重く経験した彼の強い執念が感じられたな〜。

怪物かどうかと言われたら、怪物だけどね😂
金の斧

金の斧の感想・評価

3.8
金の斧


どうかフィクションであってください。
マック兄弟が可哀想過ぎる。

でもレイのウィキペディアを見てみたら、大体映画通りだった。
なんてこった。


怪物か、英雄か。

いやアンタ悪魔だよっ!


それにしても、ローラ・ダーンっていつもちょうど良い脇役するわよね〜。
romi

romiの感想・評価

3.8
勉強になりました🤓
Shota

Shotaの感想・評価

3.6
マクド隆盛の裏話
実話やからしゃーないけど悪い意味で後味悪い
勉強させて頂きました。

ハンバーガーとポテトとコーラを買って来て観ましょう。
Moomoooo

Moomooooの感想・評価

2.5
怪物かなあ
トス

トスの感想・評価

3.5
マックの創業とグローバリゼーションに至るまでの物語。

面白かったです。派手さは無いものの、実話ベースの物語として良く出来ていました。

基本的に主人公については大嫌いだと思いつつも、私たちが日々マックを味わえるのはこの人のおかげ…ん〜微妙な気持ちになります。

マックは若い時は何の疑問も持たず、ただ安いし、便利、まぁ美味しいと思ってましたが、子供生まれからは自分が歳を取ったこともあり、あまり食べない様にしてました。(数年前の衛生問題もありましたし…)しかし、数年後数回しか食べてないのに子供のポテト中毒ったら怖いものです。しかもハッピーセットという擦り込みによって、大人になってもマックを食べ続けるという話も聞いた事があったし…、

マックは怖いと何となく思いながらも、まんまとマクドナルドの思惑通りに動いてしまう自分に、レイがマクドナルド兄弟と上手くやってくれてたら、と仮の話ながらそんな事になってたらもう少し良い世界になっていたのではと思いました。

より詳しく知りたいなら町山さんのたまむすびを聴くのがオススメ。また「スーパーサイズ・ミー」を観るとマック食べるのためらう様になります。
あゆむ

あゆむの感想・評価

3.8
“ニワトリが先か、卵が先か。”

誰もが知る、あのマクドナルドがいかにして大きくなったのか、というお話。

子供頃なんて、ハンバーガーはマクドナルドでしか食べられないと思っていたほど、世の中に浸透している世界的大企業マクドナルド。

マクドナルドが好きか、嫌いかって?
もちろん I'm love it! 笑
ジャンクフードが好きな僕にとってはなくてはならない飲食店です。

色々な伝記映画を見たりしましたが、割りかし、みんなハッピー的なストーリーが多い気がしますが、今作はちゃいまっせ!

本気で何かを成し遂げる人は綺麗事だけじゃ済まない、年齢なんて関係ない、野心と執念を貫けッ!!

という感じに、マクドナルドの基盤を作っていたマクドナルド兄弟をも踏み台としてフランチャイズ化を進めたレイさん。

マイケル・キートンのいい人ではないけど凄い人役がハマります。スパイダーマン・ホームカミングでも敵役ヴァルチャーで見せた演技にも似た部分がありました。

総じて、面白かったです。笑

さぁ今日もマックへ!
>|