ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 130ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

マクドナルド、世界進出の知られざる裏話。ビジネスものとして非常に面白い!
でら

でらの感想・評価

3.5
機内で。観てる間、物凄くハンバーガーとコーラを飲みたくなったんだけれど、いつの間にか‪そうマクドナルドというものに刷り込まれてるよね。

‪何かを成功するには何かを犠牲にできて、貪欲である必要がある。みるみるうちに利己的になっていく。ビジネスで成功するには狡猾でなくてはならない。まるで見えない魔物が膨れ上がっているようだった。
‪兄弟で大事に作ったものがあずかり知らぬところで、制御出来ないほどに、あまりにも強大になりすぎてて、太刀打ちができず、兄弟の考えた独特なシステムとマクドナルドという名前‬までもが奪われてしまった。
いつの日か、これがよかったこれが正しかったと思える日はくるのだろうか。
名誉と名声と地位を築き上げてしまった、確かに成功者の話ではあるのだろう。
michiko

michikoの感想・評価

3.2
見事に嫌なやつ。面白かったけど、これからもマックは絶対食べない
へー、知らなんだ〜という感じ
マイケルキートン最近のってるな
Tory

Toryの感想・評価

4.0
機内で鑑賞。

粘り強さ、行動力、説得力、野心、
そして、タイミングと人脈。
常日頃からの心構え、高い意識を持つことが、人生を豊かにする方法の一つなんだろう。

胸糞悪い主人公だが、今日本で簡単にマクドナルドが食べれるのも、彼のおかげかと思うと、なんとも言えない気分になる。豊かさとはなんぞや、マックのポテトを食べながら考える、、、
narajun

narajunの感想・評価

2.8
本のほうがいいかな

主人公ただのひどいおっさんみたいに映画では見えるし、日本人的にうけるかなー?
(👨‍👩‍👧)【実話】カナダ飛行機にて

どうしてマクドナルドが大きくなったか の映画

そうだったのかーと楽しみながら観れた

レイロックさん、52歳までミキサー売ってたのに 野心と根気で マクドナルドを築き上げた

マクドナルドは不動産収入なんだなぁ
敏珂

敏珂の感想・評価

3.5
2017年5月19日 アムステルダム発日本行きKLMの飛行機にて
aibon1125

aibon1125の感想・評価

3.2
マクドナルドがいかにフランチャイズビジネスとして発展を遂げたかを追った実話ベースのドラマ映画。
「ファウンダー」というタイトルなだけに、マイケルキートン演じるビジネスマンがいかにして夢のマクドナルドを創設して成功まで導いたか、という話かと思いきや、どちらかというと、地道にコツコツとレストラン経営をしてた兄弟から成功の秘訣となるビジネスモデルを奪ってハンバーガー帝国を作り金儲けをする、という若干夢のない現実的な話でちょっと映画としては残念な気がしました。
Aaaaaaam

Aaaaaaamの感想・評価

1.0
とにかく胸糞悪かった。テンポがいい胸糞悪さだった。見終わったあとマクドナルドのものは一切食べないと心に決めた