ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 148ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

ueyoshi

ueyoshiの感想・評価

3.4
マクドナルド帝国を築く為には、様々な大切なものを切り捨てて、いかなければいけないのか。尊敬も軽蔑もしないけど、主人公よりもあの人はどうなってしまったんだろう。そんなことを考えてしまう悲しい映画。
Aiko

Aikoの感想・評価

4.9
レイ・クロックは、マクドナルド兄弟と手を切る代わりに、安価で一定のクオリティを保ったハンバーガーを買える世界を作った。数えきれないほどの多くの人間に食べ物を恵んだ。そこをキリストの教会を反映させた演出にすることで、キリストのパンを配給した姿に重ねている様に見せた。よく出来た映画だった。
フィレンツェ行きの飛行機にて

私が得たものはひとつだけ「マクドナルドという名前だ」は、とても印象的だった。産み出した人間よりも広げた人間の方が価値がある、と個人的には思う。
firo

firoの感想・評価

4.2
最後10分飛行機が着陸の為見れず、、
最後まで見たい。。
その夜はマクドナルドを食す。
non

nonの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

このひと
ビジネスマンとしては
目の付け所がよくて
やり手なんだろうけど
人間として…
でもこれがファストフードの
基礎を築いたと言われたら
こういうひと必要だったのか…
いやでもそもそも
システム自体は既に兄弟が
考えていたわけだから…と
もやもや

名前だけを買収したならまだしも
システムとかマークとかアイデア
丸パクリとか!
兄弟かわいそうすぎる。
彼らは儲けたかったわけじゃないし
彼らなりの成功はしていたのに。

結局紳士協定も守られなかった
てことだよね?


マックできるだけ
買わないぞっと思ってしまった。
あまり食べないけど…。
でもシェイク飲みたくなる。
しかしアレは粉か…
まあそうだろうけど…粉なんだ…
じゃあ家でも作れるのでは…
もやもやループ
aktr

aktrの感想・評価

3.0
題材はよかったが劇映画としては盛り上がりが欠ける印象。心理描写が乏しいのか。
ドキュメンタリーの再現ドラマでも代替できそうに思えた。
utahca

utahcaの感想・評価

-
伝記物は、基本その人物の背景を調べたり(知ってたり)してからフィクションとして観るのだけど、今回は前情報無しで観た。それが少し失敗だったかも。

映画自体はとてもテンポが良い。ただ伏線に見せかけてなにも回収しない描写がいくつかあったのでちょっと物足りない感。
この手の映画はThe Social Networkが優秀過ぎて超えるものが中々出てこないな。
Tsubaki

Tsubakiの感想・評価

3.8
偉大なるマクドナルド帝国がいかにして生まれたのか。最初は単なるアメリカン・ドリーム的なストーリーかと思ったが、全然そんなことなかった。しかも後味悪い。マクドナルドの創業者兄弟と、そのノウハウに惚れ込み、FC展開でビジネスを拡大していく男。今現在の日本のマクドナルドを思い、時代ってこうやって変わっていくのだなと実感した。
akinaki

akinakiの感想・評価

4.5
マクドナルドという名の「企業帝国主義」を痛烈に描いた快心の一作。座右の銘とされた「執念(Persistance)こそが才能すら打ち克つ」が冒頭と最後で全く違う意味を兼ねるという衝撃。

イノベーションを「匠」と捉えるか、「システム」と捉えるかで結果に如何なる影響かあるかを示すと同時にその選択は、事業から人の温かみを排除する否かの決断でもある。

マイケル・キートンの安定した怪演も冴え、今作はまさに彼にとっての独断場。
とがり

とがりの感想・評価

3.5
マクドナルドの”創業者”レイ・クロックが、いかにしてその帝国を築き上げたかを描く実話系ドラマ映画。

成功への情熱が野心と欲望に変わるマイケル・キートンの、ギラついた演技が良かった。