ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 162ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

ヤット

ヤットの感想・評価

5.0
現在のグローバル経済化のはじまりのはじまりのお話。
随分前に本で読んで概要は知っていましたが、具体的に映像化されるとなかなかのモノがありますね。トランプの敬愛するあの方の件とか色々と考えさせてくれる素晴らしい作品です。

暫くマクド利用してないけど、今後も行くことはなさそうかなぁw
ここは敢えて星5つで。
GON

GONの感想・評価

4.0
マクドナルドが嫌いになる素晴らしい映画。とにかくこの主人公が糞すぎる。創業者に対する敬意無いし。糞みたいな口をきく。典型的口がうまくズル賢いクズ。成功した途端嫁を棄てるとかありきたりすぎるクズ。とにかく人として大事な感情が欠落しているのでいくら金持ちになろうがクズである。
TuneIshi

TuneIshiの感想・評価

3.4
主人公クロックの最終目的である
ビジネスでの成功や自己実現に
これっぱかしも共感できないので
彼がマクドナルド兄弟が作った
ハンバーガーチェーンで全国制覇
&彼らを事業から駆逐してしまう
ドラマに微塵もカタルシスを感じ
なかった。

ビジネス上で兄弟から完全に
チェーン経営の主導権を奪った
時に、成功の為に俺のように
とことんやれない奴は負ける
しかない、みたいな決めゼリフ
がある。

溺れた奴の口にホースを突っ込め
るか⁇

マクドナルド兄弟はやらないし、
やりたくもないと答える。

私もまったく同感。

マクドナルドという名前への
執着とか苦労させた女房を
ポイ捨てするトコもただただ不快。

映画自体は決して駄目ではないし
こういう醜悪な面も明らかにして
いるのも評価すべきかもしれないが。

観終わった後の気分は良くない。
ky

kyの感想・評価

3.6
彼がした事は、ビジネスの世界では当然で、むしろ「美しい生き方」だと捉えるか、逆に大金を掴む為にはどんな手段も厭わない、「醜い生き方」だと捉えるか。

自分は社会人になるまで前者の考えだったが、働き始めてからは綺麗事だけでは生きていけないのかなぁと、年々覚悟みたいなものが芽生えてきた。

「乗っ取った」と言えばそれまでだけど、それを成し遂げた事は素直に賞賛すべきで、優秀な人材を探し出す嗅覚、言葉巧みな話術は彼ならではの武器だったはず。

マクドナルドの創業者なんて、今まで注目されなかったのに、何故今更なのかはさておき、大企業の誕生秘話は映画化できるほどドラマチックなんだと実感。

フランチャイズ化の裏の部分も見れて企業人としてタメになった。
未知

未知の感想・評価

3.5
マクドナルドの創業者兄弟からマクドナルドの看板を奪い取った男の話。
アメリカン・ドリームの闇を暴くのであればもう少しエグみが欲しいところだが、如何せん世界有数の大企業が突っ込んで欲しくない部分を描いているためソフトな仕上がりになっている。
これはスコセッシが監督してないだけで内容はスコセッシが監督してもおかしく無い作品

まさに「クソ野郎の成り上がりストーリー」

真の創業者である兄弟の弟ディックこそが真の「天才」といえますがそこはレイの名言?!「根気がないやつは天才でも埋もれる」理論により華麗に踏みにじられていきます。
あのフェニックスの店舗を観たレイはあの瞬間から何かに魅入られたような感じがあります(まぁその店舗デザインもディックなんですが)

とまぁありとあらゆる手を使って元々の創業者を厄介払いして最終的には自分が創業者と言い張るあの感じがめっちゃ呆れます、本当に悪びれた感じがなくて「ん〜まぁそうなんだけど、何がダメなの?」っていう無邪気な感じがタチ悪いw
この辺が痛快な要素になってますね
夏休み映画的ではないですが、大人が観て楽しめる作品かと思います

これを観てからマクドナルドに行くとまたいつもと違う印象になりますよ〜

しかしながらなんでこんなに公開規模小さいんだ!?
あとなんで劇中で一回もハンバーガーが美味しそうに描かれないの?
7/29 角川シネマ有楽町
ストーリーとしては単純明解で、サクセス譚をアメリカ人好みに脚色。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

3.7

世界的有名なハンバーガーチェーン店、マクドナルドの話で、マクドナルドのシステムを構築したマクドナルド兄弟とアメリカ全土にマクドナルドのフランチャイズ化を進めたレイクロックの話。

レイクロックはロクでもない人間だなぁと思った。けどあれだけ仕事に情熱持てるのはすごいなぁって感心するところもあった。

それにこの人いなかったらマクドナルドなんてこんなに普及してなかったかもしれないしな。

でもマクドナルド兄弟が報われないのはやっぱり嫌だなーって思った

マクドナルドが有名になるのにはこんな裏話があったんだと思って見ると結構楽しかった!

創業者ね…
voltboy

voltboyの感想・評価

3.0
マクドナルドの創業者『ファウンダー』の男を描いた実話。けして創始者ではない男の話しなんではっきり言って好感度が低い( ̄▼ ̄;)

現在、ここまでマクドナルドが広まった功労者ではあるし、最後の大事なのは『根気』のセリフは説得力あり(^。^)
主演のマイケルキートンが流石のハマり役ではあります。
この映画のミソは、レイが1号店を出すときに既にコカ・コーラと提携することを視野に入れていたことだと思う。
ホントはもっとドロドロしてそう…。