ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 172ページ目

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

OANIL

OANILの感想・評価

3.0
やっぱ戦略に関わる仕事をしてて二番目くらいに思うのは、上手く物事を推進する人はみんなADHDで、サイコパスかアスペのどっちかだって事だけど、まさにそれを体現したかのような映画だった

良心が破壊される映画でもあるし、人にオススメはできないね
"競争社会を生き抜くためにえげつないやり方を…"
yuka

yukaの感想・評価

3.0
資本主義経済の考え方の話し。
弱いユダヤ人と強いユダヤ人の話し。
naoyama

naoyamaの感想・評価

2.5
むずかしくて途中で寝てしまった_(:3」∠)_
まぁ仕事成功する人の考え方ってこんな考えなんだろーなーって感じ?
衝突もあるよねぇってゆぅ。
ずる賢さの勝利。
Bigs

Bigsの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!!意外な拾い物でした!

個人的に好きな要素が多い映画でした。
1つめはピカレスクロマン(と言っちゃっていいのかな?)。最近、ナイトクローラーのような、アメリカンドリームのダークサイドを描いた作品がありますが、本作の主人公も資本主義の象徴みたいな人物で、そういった過剰な成功主義によって生まれたサイコパス的人物像でした。でも憎い悪役かというとそうとも言い切れなくて、ウルフオブウォールストリートみたいな、ハイテンションでバイタリティー溢れる人物で悔しいけど魅力的にも見えてしまう部分も。
2つめはお仕事モノとしての楽しさ。これは前半部のことで、特に最初のマクドナルド兄弟のシステム確立までの説明が面白かった。その説明の映像化も上手くて、最終的に出来上がった調理システムの斬新さと凄さが、テニスコート上で視覚的に(=映画的に)わかるようになってました。
たくみ

たくみの感想・評価

3.5
見応えは充分!マイケル・キートンの演技が悪かろうはずもなく、出番は少ないがローラ・ダーンもやはり秀逸!色々と考えさせてくれる作品には違いないが、観ていて楽しくないのも確か。

世界中にチェーン店を持つマクドナルドの創業者であるマクドナルド兄弟。その革新的なシステムに惚れ込み、現在の巨大企業へと発展させた男の対立を描いた実話ベースの物語。

巨大な成功には理想が犠牲になると言う典型的な例を観客は見せつけられるので、今の日本におけるマクドナルドの衰退の理由を見た気がして、苦笑いしてしまう。

ある程度の成功はしたいとは思うけれど、愛する人に嫌われてまで成功したくはないな。
『創業者』とは言いも言ったり。アメリカの
資本主義の露骨さと、脱法的権利の主張がよくわかる。

このレビューはネタバレを含みます

マクドナルドやアメリカ文化に対しての批判的内容。
オリジナルのハンバーガーはおいしそうだったね。
世界中で経済成長ではない物差しをインストールしないと。そこについては希望はもてないけどね。

2017/8/6現在
「成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男」の帯に ”柳井正、孫正義、成長のバイブルが映画化” と書いてある
http://amzn.asia/iOq6rlV

映画の意図と真逆だ。。。
売れりゃなんでもいいという、レイクロックの自伝の帯としては正しい。

レイ・クロックのやり方は汚いかもしれない。
けど、を悪人扱いできる?大なり小なり、仕事ならしょうがないって飲み込んだり見過ごしたりしてるでしょ。

町山智浩さんが、あの自己啓発のレコードあったでしょ
あれ、トランプ大統領もお気に入りなんだって。
Norman Vincent Peale「The Power of Positive Thinking」
Tetsujirou

Tetsujirouの感想・評価

3.7
成功者は、リスクにおじけることなく投資を惜しまない。信念と根気を持つこと。営業に大切な心構えである。才能があっても報われない人はたくさんいる。最後にはやはり自分の信念が問われるのである。なにかの先見性というのも大切なことだ。とにかくインスピレーショナル。
あかね

あかねの感想・評価

4.3
創業者の話…ではなく創業者の立場を奪ったビジネスマンの話。


根気ではなく、彼の強気は「狂気」

だけどこういう人が世界に渡って築き上げていくんだなと。面白い、みんなが寄ってきて幸せになることを作り上げていくんだなと。

自分の野心のために数々親愛的な犠牲を重ねて一石二鳥の富は幸福か。


答えはラストの表情で明らかになる。
Shu

Shuの感想・評価

3.0
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」観てきた。とても興味深く面白かったー♪
あのマクドナルド創業者の実話物語。なるほど当のマクドナルド非公認に納得w 創業者レイは猪突猛進で自分勝手であまりいい風に描かれていない。Appleの創業者スティーブ・ジョブズの伝記映画(アシュトン・カッチャー主演の方)を思い出す。マクドナルド創業の話にとどまらずアメリカ資本主義とはこう言うことだと教えてくれる。良くも悪くもこれがアメリカンドリームなのだな。
それにしてもローラ・ダーン、歳を重ね更に円熟味を増してた♪