ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 199ページ目

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

akinaki

akinakiの感想・評価

4.5
マクドナルドという名の「企業帝国主義」を痛烈に描いた快心の一作。座右の銘とされた「執念(Persistance)こそが才能すら打ち克つ」が冒頭と最後で全く違う意味を兼ねるという衝撃。

イノベーションを「匠」と捉えるか、「システム」と捉えるかで結果に如何なる影響かあるかを示すと同時にその選択は、事業から人の温かみを排除する否かの決断でもある。

マイケル・キートンの安定した怪演も冴え、今作はまさに彼にとっての独断場。
とがり

とがりの感想・評価

3.5
マクドナルドの”創業者”レイ・クロックが、いかにしてその帝国を築き上げたかを描く実話系ドラマ映画。

成功への情熱が野心と欲望に変わるマイケル・キートンの、ギラついた演技が良かった。
マイケルキートン久し振りに見た。
マック(マクド)のビジネス展開の
歴史がよく分かる映画。
まさにアイデア勝負と抜け目なさの世界。
Polly

Pollyの感想・評価

2.8
主人公が嫌な奴だった。嫌いだわ〜〜
ここまで非情にならないと大成功者にはなれないのか。
私はね、世界的企業じゃなくても、自分のアイディアで夢を叶えて、堅実に兄弟経営してる彼らが好きです。そのほうが人間らしいと思いませんか。

映画的にも無駄なシーン多かったり、人の名前も無理やり出して最後につなげようって感じだし、微妙でした。
マクドナルド、世界進出の知られざる裏話。ビジネスものとして非常に面白い!
でら

でらの感想・評価

3.5
機内で。観てる間、物凄くハンバーガーとコーラを飲みたくなったんだけれど、いつの間にか‪そうマクドナルドというものに刷り込まれてるよね。

‪何かを成功するには何かを犠牲にできて、貪欲である必要がある。みるみるうちに利己的になっていく。ビジネスで成功するには狡猾でなくてはならない。まるで見えない魔物が膨れ上がっているようだった。
‪兄弟で大事に作ったものがあずかり知らぬところで、制御出来ないほどに、あまりにも強大になりすぎてて、太刀打ちができず、兄弟の考えた独特なシステムとマクドナルドという名前‬までもが奪われてしまった。
いつの日か、これがよかったこれが正しかったと思える日はくるのだろうか。
名誉と名声と地位を築き上げてしまった、確かに成功者の話ではあるのだろう。
michiko

michikoの感想・評価

3.2
見事に嫌なやつ。面白かったけど、これからもマックは絶対食べない
へー、知らなんだ〜という感じ
マイケルキートン最近のってるな
Tory

Toryの感想・評価

4.0
機内で鑑賞。

粘り強さ、行動力、説得力、野心、
そして、タイミングと人脈。
常日頃からの心構え、高い意識を持つことが、人生を豊かにする方法の一つなんだろう。

胸糞悪い主人公だが、今日本で簡単にマクドナルドが食べれるのも、彼のおかげかと思うと、なんとも言えない気分になる。豊かさとはなんぞや、マックのポテトを食べながら考える、、、
narajun

narajunの感想・評価

2.8
本のほうがいいかな

主人公ただのひどいおっさんみたいに映画では見えるし、日本人的にうけるかなー?