ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

涼

涼の感想・評価

-
まずマクドナルドの革新的なシステムがどのように作られたのかは単純に面白かった。
話のほとんどは男の野心の話。前半は野心に任せた行動が爽快だったが、終盤の暴走は決して後味の良いものではない。
特に、マクドナルドのシステムを真似るだけにしなかった理由の場面。綺麗事で話を締めるのかと思いきやひたすらに野心のことしか考えていなかったのが印象に残った。
いい意味で、おとぎ話ではない、ノンフィクション特有のすっきりしない感じを味わえる作品でした。(絶対に作った人もすっきり感を与えたくないって思ってるはず。)
帰り道ではしっかりとマクドナルドのハンバーガーを味わいました。
ここ

ここの感想・評価

3.5
ちょっと面白かった。
それぞれ人には得意なことがあってこなせる人こなせない人がいますね。
マクドナルドがこんなに大きいのがすごいなぁって改めて感じさせられた。
紫

紫の感想・評価

-
2017/09/16-24 飛行機の中で
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
2017-155-120-035
2017.9.28 塚口サンサン劇場 Scr.3

・へぇ~( ゚д゚)。知らなかった・・・
・バットマン、バードマン、ヴァルチャー。
そして鬼になる
・52歳からの出発

何気に評判が良かったけど見逃していた本作(^_^)
ありがとう!塚口サンサン!
(* ̄∇ ̄)ノ♪
(もういい?(ФωФ)笑)

いや~、知らなかったけど、マクドナルドにはこんなドラマがあったのねぇ~

( ゚д゚)ポカーン

創業家のマクドナルドさんが別にあるってのと、確か経営者がユダヤ人だってのは何となく知ってたけれど。

見応えのあるドラマでした(^_^)

しがないセールスマンに過ぎなかったレイ。
マクドナルド・ハンバーガーと出会ったとき、彼の中で何かが弾ける。

彼は乗り気でないマクドナルド兄弟を必死で口説き、マクドナルド・ハンバーガー・レストランのフランチャイズ化に着手する。
口八丁のセールスマン!( ̄▽ ̄)b!

事業を拡げるために幾多の苦難を乗り越えたとき、
彼は既に、嘗ての彼では無くなっていた・・・

悪人・・・て訳じゃないけどね。
自分を通す強さを持ったってことかな。
彼はマクドナルド兄弟を嫌いではなかった筈。

ドラマが多少一本調子かなとは思った。
最初のマクドナルド兄弟の開業秘話が面白かったのね(^_^)
で、ついレイにも期待してしまったのだけど・・・
ビジネスの深いところや、家庭問題。
レイの苦悩。
そういったものはあまり深掘りせずにテンポ優先だった印象。

それでも見応えのあるドラマになっていたのは・・・

マイケル・キートン!( ̄▽ ̄)b!

彼の圧倒的な存在感と、磁力が観るものを強力に引き付けるのだろうな。
伊達にバットマン、バードマン、ヴァルチャーと、濃い処を演じてきた訳じゃないよね(^_^)(笑)

そんな彼が本作で演じたのは、鬼。
レイは鬼になった。

鬼が幸せなのか否か。
それは本人にしか分からない。
だけど彼は、
飽くなき欲望に拠って立ち、
修羅の世界に身を置く餓鬼となった。

自らの信念を貫くことは難しい。
そして美しい。
魅力的な人物に映る。
友達になりたいかって言われると微妙だけどf(^_^;(笑)

凄いよな。
マクドナルド兄弟と出会ったとき、52歳だって。
そこで、妻がありながらも、全てをかけてチャレンジするメンタル。
自分の気持ちに素直(^_^)
それは素晴らしい。

そこは羨ましい気がしたな。
そういうメンタルは持っていたい。

・・・まぁ、自分の気持ちに少し素直過ぎる処もあったけどなf(^_^;(苦笑)

図らずも色んなことを考えさせてくれて、楽しませてくれた作品でした。(^_^)
主人公は『散歩する侵略者』の宇宙人よろしく「その夢、いただくよ」といとも簡単に奪っていった。イメージを鮮明にさせといて。概念を抜かれた人たち以上に、あの夢を抜かれた兄弟の虚無感たるや。。
スクリーンに映る夜のゴールデンアーチの美しさに、二度と行きたくないと思った。勝てば官軍、嫌いな言葉です。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.7
my映画館2017#86>鑑賞後にマック、もとい、マクドナルドのハンバーガーを食べたくなるかと思いきや、そうはならず(笑)
かと言って、これからも以前と同様にマクドナルドには行くし、マクドナルド兄弟とゴールデン・アーチは思い出すかな。
で、正直、優しい日本人の方にはオススメしませんが、いわゆる勝ち組になりたい方は必見かも。
ビジネスで成功するには、時には非情ってのは分かっちゃいるけどね・・・成功しなくとも人情と義理を大切にすべきか、さて、どうなんでしょう。
奇しくも、前日鑑賞した『アウトレイジ 最終章』にも通じるモノがあったりして。
マイケル・キートン、またハマってましたね。
マイケル・キートンが主人公レイ・クロック役

マクドナルド兄弟の店を乗っ取り、人妻も乗っ取り、自分が創始者としてフランチャイズを広げていく男の話

この主人公、The power of positive thinkingという啓発レコードを愛聴しているのだが、町山智浩さんの解説によると、トランプ大統領も尊敬する著者なのだとか

この映画は、ある意味マクドナルドの黒歴史を描いている

ビジネスを大きくするというのは、こういう人の暗躍が結構多いのかも、とも思う

日本で大広げに公開されてないのが残念
Sachii

Sachiiの感想・評価

4.0
何気なく選んだ映画だったけど
見入ってた☆
マクドナルドの裏側に
そんな話があったとは…。
想像以上の結末で
なんかざわざわ。

主人公の決意と根気強さは
素晴らしかった☆
GANDYMANGO

GANDYMANGOの感想・評価

4.0
Watch and think from two sides. Ray or brothers side.
アメリカ資本主義の象徴といわれるマクドナルド。
そのマクドナルドの創業秘話を実話をもとにした、資本主義の哀愁漂う現実と理想や光と闇を凝縮している物語。

セルフサービスや客席の回転率が凄く高いシステムを開発してマクドナルドの原点を構築したマクドナルド兄弟。
その合理的で高品質である画期的なハンバーガー店に目をつけ、フランチャイズ化を展開して世界規模の会社にしたレイ・クロック。

クロックは貪欲で情熱的な野心家で、50代にもなって衰えぬバイタリティと行動力に圧倒される。

お客第一主義のマクドナルド兄弟の気持ちが、高品質で効率的で堅実な店舗運営と料理サービスを生み出したが、事業拡大・利益優先のクロックの志向にはそぐわないく次第に対立する緊迫感は秀逸。

意外と言っては失礼だが、当初は品質第一主義な高品質なことに驚く。

チェーン化を進めるが、兄弟との契約が足かせとなり思うような利益を手にできないクロックは家を担保にしてやり繰りし、偶然出会った税理士の助言をきっかけに、契約の抜け穴を利用した不動産投資ビジネスを実行し大成功する。

この不動産投資ビジネスがマクドナルドが他の企業のチェーン店と異なる点で、店舗の不動産をマクドナルドが所有し、フランチャイズ会社の売り上げの一部を賃貸料を徴収するシステムであり、「マクドナルドの本質は不動産業」と言われることがある原点や過程が描かれていて面白い。

クロックと兄弟のどちらの視点に立つかで映画のイメージが全く異なる作風に。

この映画が、成功を収める過程に嘘や裏切りの暗部を描いていることがアメリカの懐が深いところである。
日本映画では大企業で膨大な広告料を払っている企業を題材にして暗部を描くことは無理だろう。

クロックの人生を諦めなかった根気に敬服する。
バイタリティと行動力が運と成功を引き寄せた所以だろう。