ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

色々と凄い!自分でサービス作って売って巨額を得るのは最近では理にかなってるから兄弟が可哀想とかは感じないかなー。
時代も好きやし面白かった!
zakfj

zakfjの感想・評価

2.8
主人公、外ではそれっぽいことを言って尊敬やら名声を集めようとするわりに、
家庭とかでは全く尊敬できない/人間的に魅力がないタイプなんだろうなという大人を体現してて最高だった。
菱沼

菱沼の感想・評価

4.0
主人公レイ・クロックの成功への執念が凄いので観ているこちらは圧倒されて、こういう人には敵わないと納得させられる、というかするしかない。
またマクドナルド兄弟が善良そうな人たちなので、尚更レイの貪欲さが際立って見えてちょっと怖かった。ラスト、スピーチの練習をする主人公がある部分で言い淀む場面があったが、あれを入れたのはよかったと思う。
mari

mariの感想・評価

3.5
マクドナルド誕生の話。勉強になるというか面白かった!

レイはすごい人だというのはわかったけど、全然好きになれないなこの人。って感じだった笑
マクドナルド兄弟と奥さんかわいそうすぎ!!!
偉大なものには亀裂がつきもの!?
ソーシャルネットワークに引き続き、創業者たちが喧嘩ケンカで、、、(笑)
マクドナルドファンを増やすための映画かと思いきや、、こいつキライ!ってなりそうなシーンも多くて逆に面白い映画でした。兄弟のことも想いながら、明日からも有り難くポテトをいただきます。。
BB

BBの感想・評価

3.6
マクドナルドの創業にあたって、こんな黒歴史があったなんて知らなかった
マイケル・キートンはうさんくさい役が似合うな
Lisa

Lisaの感想・評価

3.3
知らなかった事実。延期してマクドナルド社の許可も押し切って世に出した作品ってどんなのと思ってたけどここまでとは、、、
マクドナルド兄弟かわいそう。
Nii

Niiの感想・評価

3.7
演技が上手いんだね、マイケルを嫌いになりそうになるよ。兄弟が可愛そう。そして、人の女はダメです。だけど、最高に口が上手い人であり、人に助けられて成功したんだなと。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
1954年、アメリカ。52歳のレイ・クロック(マイケル・キートン)は、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。そんなある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはマック(ジョン・キャロル・リンチ)とディック(ニック・オファーマン)の兄弟が経営するハンバーガー店“マクドナルド”があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得、契約を交わすのだった。フランチャイズ化は次々に成功していくが、利益を追求するレイと兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るため、兄弟との全面対決へと突き進んでいく……。
世界中にフランチャイズを広げたマクドナルドに隠された、マクドナルド兄弟とフランチャイズを広げたレイ・クロックの対立とマクドナルドがいかに世界中にフランチャイズを広げたかについての実話を元にした映画。
マクドナルド兄弟は、ハンバーガーなど人気商品に絞ったメニューの簡略化、作業毎に分業して流れ作業でハンバーガーを作る「スピード・サービス・システム」、ミルクシェイクはアイスクリームを元に作るなど高品質にこだわるなどの経営方針で、マクドナルドを成功させた。レイ・クロックは、マクドナルドをフランチャイズ化して全米に広げるために、ミルクシェイクを本物に近い味の粉の原料に変えるなどして更なるコストカットして、全米にフランチャイズを広げるが、クロックの短期的な利益追求に走り質を落とす姿勢はマクドナルド兄弟の怒りを買い、経営権などをめぐって泥沼の訴訟合戦になる展開に力を入れた演出は、ファーストフードのフランチャイズだけでなくチェーン店が広がることで地元企業や文化が割りを食ったり、利益追求が行き過ぎて商品の質を落とすなどの弊害に対する反省も込められている。全米のマクドナルドは、ミルクシェイクの原料をアイスクリームに戻したり、放牧した牛の肉を使ったグルメハンバーガーが流行っている。日本でも、普通のハンバーガーのパティより厚みがあり質が良いマックグランも、利益を上げている。
サービスの質とコストのバランスが上手くいく企業が利益を上げていることを、この映画を通して分かる映画です。
Masa

Masaの感想・評価

3.5
義理や人情のない、野心の塊の親父のサクセスストーリー。なので、鑑賞後の後味がよくないです。しかも、実在の人物。
鑑賞後は、若干店舗から足が遠のきます。