ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

紫式部

紫式部の感想・評価

3.8
世界各地で親しまれているマクドナルド
その画期的な生産システムの誕生とフランチャイズ展開の裏側を映像化

なるほど!と前半は映像に釘付けになり、後半のえげつないフランチャイズ方法に引いてしまうくらいでしたが、今こうしてマクドナルドを食べている現実を考えれば、レイの野望と情熱と根気の賜なのだろうと、ちょっと複雑な気持ちになります

勝てば官軍、ではないけれどマクドナルドの真の創業者の製品への誠意と敬意は残しておいて欲しい
sk

skの感想・評価

2.5
"根気""信念""大胆さ"
後味の悪さにリアリティーがあって何とも言えず小気味いい
dante4274

dante4274の感想・評価

3.0
マクドナルドの黒い過去。
創設記。

何かを得るには何かを犠牲にする必要があるあれ。

幸せって何でしょうね。

胸糞悪い映画認定すな。これは。

マクドナルドだけじゃなく、大きい会社、企業に対する見方が変わる人は変わる。
az

azの感想・評価

3.8
何かで成功する人って、性格ひん曲がってる人多いよなあ、という感想が出てくるほど主人公がひん曲がっていた。笑
けどやっぱり根気はすごいし、情熱もすごい。
マクドナルド兄弟のことを考えると胸が痛くなる、、、
おもしろかったーー勉強になりました
今またマイケル・キートンの主演作を大画面で観られる、という僥倖に思うところはさて措いて。

予告編などで予備知識を入れてしまってから観ると、物語としては驚きが少なく、また、瑣末なエピソードや丁寧な描写を重ねた割りにはそれを劇的に回収してみせる事もせず、演出も淡白な印象。

もっとえげつない展開を、もっとあくの強い人物像を、なんて求めてしまうのは、俺の舌がファストフードに慣れてしまっているからですかねえ。

全体、ちょいと刺激が弱く物足りなく感じてしまいました、と。

このレビューはネタバレを含みます

おもしろいけど、なんか、いやーな気分にさせる映画だった。
レイの行動がどっか好きになれないのは、レイの積極さが過剰だからと思う。50代で先がなかったり、今までの苦労もあるから、同情の余地はある。でも、他人の奥さんを寝取る、自分のやりたいことを優先させる、その結果、自分の奥さんをほっとくし、自分の思い通りにならないと自分から電話を切ったり、経費削減のために質を落とすこともする。中年の危機な様子と自分勝手な性格、こうなりたくない人間を体現していて、それがいやーにさせる原因なんだろう。
演じるマイケル・キートンはうまい。魅力も感じさせて、不快になりすぎないように押さえて演技してる。これをやりすぎてたら、ほんとにみなきゃよかったって映画になったと思う。

主人公のレイは根気が大事というけど、観終わると、そのとおりに生きてきてたのがわかる。
50代にさしかかって、いろいろやったけど成功はしていない。それでも諦めずに、毎日積極的思考のオーディオブックを聴いて、セールス文句を練って、練習する。
そしてマクドナルド兄弟の店と出会いチャンスをつかむ。投資をして、上手くいくかと思ったらピンチに陥る。そこを救う助っ人が登場して大成功する。
展開的にはアメリカン・ドリームな物語だけど、観てみると、そう思えないのが余計に歪にかんじる。
反対にマクドナルド兄弟は、アイデアを発明するところとか、兄弟のやり取りとか、見ていてかなり面白かった。この兄弟の話を観たいくらい。演じてるニック・オファーマンとジョン・キャロル・リンチもいい。

レイの才能は「口が達者」というよりも、言葉に対する感覚、ってことにこの映画は着目してる。冒頭と最後が観客に向って話すところもそれを意識してると思う。マクドナルド兄弟を口説くところやミキサーの販売してるところを見ると、そんなに口が上手いとは思えないし、卵と鶏の例えとか、セールスなのに自己啓発っぽい言葉を使うのも変だった。でも、それが鍵になるから、おもしろい。
ディックに聞かれて、マクドナルドという言葉が気に入ったこと、レイ以外の人間にも厨房を見せていたことが明らかになると、店名なんて気にならないようなことが成功の道のりの端緒になっていた。こういう小さなきっかけで未来がどうなるか分からないから、怖くもあるし面白くもあるよな。

背景で店の客層を説明したりと、語り口がスマートでわかりやすかった。包み紙や食べるスペースがないのが画期的だった描写も、時代のギャップを感じて面白かったな。店の品質にこだわるディックがかなりいい。フランチャイズを金持ちじゃなくて、ユダヤ教の教会や軍人の集会に通うカップルに営業するのもおもしろかった。
☆☆☆★★★

2017年8月17日 渋谷シネパレス/シアター1
TOYOTAが濁点なくした話を思い出した。はやいテンポの中にロックオンされるフェイクシェイクのグラスの口紅。動線開発わくわくするわー
ghost

ghostの感想・評価

4.0
この事実に基づくストーリーにもだけど、このタイミングで上映する意味ってのがわかったら、もっとなるほど感あった。
sushiyama

sushiyamaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ライバルが溺れてるときに、口にホースをつっこむことできねーって思った直後に、見事にホースを突っ込むレイに感心した。
ただ成長にちょっと抗う創業者兄弟もそこまで気の毒だとも思えなかった。AかBだけでなくAもBも取る方法を考えたい。