ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

なめこ

なめこの感想・評価

4.0
マイケル・キートンの元々のちょっと悪顔に加えて、演技も素晴らしいので、憎たらしい!!でも、この人がいなかったら、マックを食べることは出来なかったんだな~。奥さんがいい人でちょっとかわいそうだった。
モnahぁ

モnahぁの感想・評価

3.3
この映画を観て久しぶりにマックに来ました。んで、レビュー書いてる。
ビジネス系サクセス物は結構好きなので楽しんで観れました。
テニスコートで店内のオペレーションを徹底的に検証するシーンが面白かったなぁー。色んなバイトしたけど店の設計悪くて効率悪くなっちゃってる所いっぱいあるから参考にした方がいいと思いましたよ。
創業者のディック&マック兄弟のアイディア本当に素晴らしい。しかし野心家のレイは一枚上手だわね。世界的展開にするにはこれくらい仕事の変態じゃないと成功しないもんだよな〜 ケンタッキーはカーネルサンダースが1人で頑張ったのかな…?
マクドナルドって音の響きがイイんだよ、ってのも興味深かったな。商売のセンスある人って、こーゆう事言うよね。
タビ

タビの感想・評価

3.8
wowowにて鑑賞。
前から観たかった作品。

マクドナルド兄弟から会社を乗っ取った?男の話しで、実話もんです。
面白いです。ダラけず一気に観れます!

レイは野心家で成功を夢みてる中年男性。
長年のセールスマン的な感でマクドナルドを手に入れようとする。
本当に酷いやり方で嫌な奴です。
でも、マイケル・キートンやからそんなに嫌な感じを受けなかったな。
ハマり役やなぁ😆

マクドナルド兄弟の最後のシーンは切ない。半分騙されるた様な感じやし。
けど、レイがいなければ私達はマクドを食べられへんかったわけやし。
ビジネスと理想は相反するものかも知れない。

マクドナルドは本当は不動産が凄かったのねと、目から鱗でありました😵
大成功するためには、才能だけじゃダメなのよね……としみじみ感じられる話。

いろいろ思うところはあるけど、ひとつの才能が爆発的に開花して、世界を動かしたのは間違いない。
マクドナルドがマクドナルドのままだったら、今頃世界はどうなっていたのだろう。
DaiOsaki

DaiOsakiの感想・評価

3.7
食のドキュメンタリーばかり見ていたので、見る気は無かったのだが、WOWOWでやっていたので予備知識なしで観ました。

紆余曲折を経て食のビジネスモデルを築き上げる様を描いているのだが、やはり食が商業主義になり、現在に至っていることを考えると、かなり健康に害を来すことが見て取れ、ある意味食のドキュメンタリーより現実味があった。
売り上げを伸ばすことを優先するのはビジネスである以上仕方がないのだが、食となると話はちがってくる。何故なら食は毎日摂取し、日々身体に影響を与える。
あまり知られていないし、報道も少ないが、身体の不調、病気の原因はほとんどが食にあるからだ。
もちろん摂取する側が選択すればいいのだが、選択肢に低コストで作られたものしか選べない現実がある。その利益至上主義の行き着く先が現在であり、この映画が成し遂げる成功が現在へのスタートだ。
この世に生まれて成功したいと思わない人は少ないだろうが、何をもって成功とするのかが、今の社会ではお金だから仕方ない。となってしまう。この映画の主人公は、本当に成功を収めたのだろうか。
映画としてはとても中立な立場で描かれ、見る人によっては良い話、悪い話になり得る不思議な映画でした。
マクドナルドハンバーガーを一躍、アメリカ全土に広めたロイ・クロック。
マクドナルドとの出会いから全米へフランチャイズ化する様子を描く。 

普段食べているマクドナルドの意外な一面が見えた。

マクドナルド兄弟の精神がもう少し、今のマクドナルドに残っていたらなぁ。

マクドナルドがモスとかと違って、メインメニューがハンバーガーじゃないのはクロック氏のせいかも?!

でも、画期的なシステムはもちろん、それよりも「マクドナルド」という名前にアメリカらしさを見出し、売れる秘訣として捉えていた。というのはスゴイと思う。
クズリ

クズリの感想・評価

4.0
さして期待してなかったのに見始めたらぐいぐい引き込まれた。マイケルキートンの顔力で執念燃やされて迫られた日にゃ誰もが根負けする気がする。マクドナルド兄弟にしてみれば、ハイエナに目をつけられて根こそぎ持ってかれた悔しさしかないお話。
前半のマクドナルド兄弟がいかにしてこの効率的なシステムを築き上げたかが語られるところがとっても面白い。テニスコートのシーン最高。
マクドナルドという名前が安心感を与えるというところが日本人としては
いまいちピンときてなかったんだけど、町山さんの解説聞いて納得。イーアイイーアイオーなんだな。

このレビューはネタバレを含みます

【才能があっても成功できない者はゴロゴロしてる】
って何度も出てきて、ラストの マクドナルドの看板を降ろされてるのを見上げている兄弟のシーンに、このセリフが流れていたのが印象的。
彼は成功しなかったわけではないが、レイクロックが彼らに向けた言葉な気がする。

才能があって、上にいける力があるのにそれを生かさない兄弟が許せなかったのかな、嫉妬かな。自分にはそんな才能がないから。彼に兄弟にはない別の才能があったけどね..。
冷静に考えたら酷い奴だけど、あれだけ欲望に忠実にじゃないと、何かを捨てなきゃ、大きな物を手に入れられない。
ラストシーンの彼のなんとも言えない切なそうな?顔が、よかったな〜
成功する人って多少の狂気を持ってるのかなぁと思ってしまう。創業者が町工場の職人のような堅さを持ってるのがいい。経営がヘタだが発想が豊かvs天才経営者の構図はどこの国の会社にもある程度存在するだろうな。
こんぶ

こんぶの感想・評価

3.5
マクドナルドが世界中にあって身近な存在になったのは、この人の功労なのかと思うとなんだかすごい話でした。
創立者兄弟と主人公の対比的な描きかたがよかった。兄弟目線でみてるとつらいことが多いのですが、ビジネスは優しさだけじゃできないことの権化のような主人公で、才能より学歴より執念!な力強さがすごい。
マクドナルドのファーストフードたる所以もわかって面白かったです。勝手にドキュメンタリーチックかと思っていたのですが、しっかり映画でした。最後文章で出る事実が興味深いです。