ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

怖いおっさんや

でも、このおっさんのおかげでマクドナルドが食べられるんだなぁ
ピノコ

ピノコの感想・評価

3.7
昔、なんかのテレビでマックのお話やっててなんとなくこの話知ってた。

嫌なやつなんだけど、この人がいなかったらマックはこんなになっていなかっただろうって考えると正解ってないよな~って思ってしまう。

青春時代、マックでバイトして楽しい思い出ばかりのことを思うと私にとってマックが無かったらあの青春も無かったんだと考えてしまいました✨
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.6
セールスマンからのビジネス展開技術を描いた作品。

ビジネスマンとはをものすごく表している作品だと思いました。

ただ、何が正しいのか。
わかっていながらも、ものすごく葛藤し考えさせられる作品でした。
ずー

ずーの感想・評価

3.7
実話。おもしろかった。
やっぱり発想の転換ができる人、ビジネスをビジネスとして考えられる人は成長するのだなと思った。蹴落としてでもビジネスチャンスを掴む。これに尽きる。
Mouki

Moukiの感想・評価

-
記録

面白かった。
そこまでエグくなくバランスの良い感じで後味はよかった。
まあ、それでマクドナルドのイメージを落としたらどうしようもないし、
観やすいちょうどいい感じ。
ハンバーガー食べたくなったから、明日は朝ロッテリア
20180415
wami

wamiの感想・評価

3.0
ストーリー6
キャスト6
映像4
音楽4
またみるか6
プラス要素4
何かに取り憑かれた執念の男の話。
野心を持ち自分をバカにしてきた人たちを見返すため、家庭も顧みず仲間も裏切る。
「溺れたやつの口にホースで水を注ぐ、ビジネスとは戦場だ」そんな風に言われると社会人一年目の自分は身震いしちゃう。怖ぇ。
マクドナルドのシステムが構築させられた、ちょっとエンタメにしづらい部分を可笑しく表現されていて見入った。
フランチャイズ化のために様々なアイデアを生み出していく姿は、冷酷だけど尊敬できる。
まぁ後味の良い話ではないし、万人に勧められるエンタメ娯楽作ではないけれど、ビジネスアイデアがどういうプロセスで生まれ、それを人脈・営業トークを駆使して実行に移す姿はなんだか勉強になったし、間違いなく面白かった。

こういうタイプの映画を面白いと思えるようになったから、僕はだいぶ大人になれた気がする。
「野心こそ人生の醍醐味」

世界一のハンバーガーチェーン・マクドナルドを「創業」したレイ=クロックの自伝的映画。

我々の食生活において今や当たり前となっているマクドナルド。そのマクドナルドがどのようにして現在のグローバルブランドの地位を確立したのか、その歴史的背景をレイ=クロックを主人公に据えて描いている。

社会人の自分にとって、勉強になることが多かった映画でした。
haru

haruの感想・評価

3.1
成功するには並大抵の執着じゃダメなんだと感じたし人並み外れてるから怪物と呼ばれるんやなぁ