ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 234ページ目

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

マイケルキートンはバードマン以降映画の通り良い味出てて観たくなる。安心感ある。
バードマンのマイケルキートンはレスラーの時のミッキーロークと復活する感じが似てるなぁと思ったら、この映画の監督はレスラーの監督なんだな。
まぁ関係ないけどな。

マックの生い立ちの映画。
ドライブスルーじゃなくて駐車して車の中で食べるってのがあったんだな。現代でやったら受けそうだ。あのドアに引っ掛けるテーブルがカッコいい。あと粉じゃないミルクのシェイクを飲みたくなった。
機内映画で観たんだけどほんとはハクソーリッジを見たかった。他の人が観てるのが見えて日本人がこの場で観れる映画じゃねえなってこれを観た。
ハクソーリッジはリアル過ぎ。心して観たほうが良さそうだ。
話が逸れたが、この映画はビジネスで成功するにはタイミングとか人との繋がりとか情熱とか様々な要因が必要だけど、一番重要なのは諦めないでやり通せるかどうか。
犠牲を払ってでも。
あとは説得力と存在感と行動力。
おれ的にはビジネスとか自己啓発的な映画だったな。
nerimzfc

nerimzfcの感想・評価

1.5
マクドナルド兄弟のプラン、アイデア、創作物に対するプライドや管理は素晴らしい。彼らはある意味アーティストで尊敬に値する。彼らの概念があってこそのマクドナルドであり、ビジネスを拡大するにつれてそこへの尊敬を希薄にしていくレイのやり方には到底賛同出来かねる。

事が大きくなるにつれて、大切なものがどんどん薄れて行くのは世の常であり、マクドナルド程の大企業になるには、映画には描かれていないたくさんの犠牲もあったであろう。

ビジネスマンってそういうものなんだろうけど、彼のやり方が正義だとは思わない。

私がビジネスマンには向いていないのは確かだが、正義が勝たない映画は好きじゃない。

結局破れる夢かもしれないが、どちらかというとマクドナルド兄弟にスポットを当てた映画の方が夢があって観たい。
マクドナルド嫌い。

ロッテリア派。
ERI

ERIの感想・評価

3.5
ノンフィクションってストーリー自体がすでに面白いから、映画にあれこれ趣向を凝らさなくても十分面白い。
小夜子

小夜子の感想・評価

3.5
野心家のマイケル・キートンに、鼓舞されたり、イライラしたり…。アメリカンドリームを掴むことが、はたして勝利なのか、わからなくなる!
fushiko

fushikoの感想・評価

-
マクドナルド誕生までの秘話が描かれたドキュメンタリー映画。ファストフードの代表的スタートを切ったといっても過言ではないマクドナルドについて多くのことを知れたのは面白かった。ただ、まさしくドキュメンタリーっぽく淡々と話が進んでいくので途中から睡魔が襲って来て所々寝てしまった。。何故いまこの映画を作ったのか、日本人だからか深く考えてしまう。
マクドナルドの歴史を生そのものとして見せてくれる作品。

そこには感動や奇跡はなかった。
Vlad

Vladの感想・評価

4.0
As a person who majored in Economics, I was naturally drawn to this movie. The movie does a good job laying out the story of McDonald's, there are more than a few memorable scenes explaining why McDonald's is what it is today.

It could have been a bit shorter but Michael Keaton's performance and my affinity to business themed movies made it enjoyable.
The Founder shed light to the unsung tale of "The Golden Arches" and is every bit as entertaining than one would have imagined. Keaton graces the screen as the hot-headed salesperson that birthed the modern American church. Just like a piece of a Big Mac, Keaton's performance is simply irresistible! But, in line with the company's products, as you feast more and more you realized that its bland.
ewe

eweの感想・評価

3.1
||劇場|| シェイクのマシンのセールスマンがマクドを全米に…という説明を読んで、シェイクで天下を取ったのかと思ったww 違ってよかった。

Rayの野心とか成功に導く意思は素晴らしいんですけど、仕事に向かい過ぎて家庭人としても人としてもなんだかなあ。 と言ってもマクドナルド兄弟も大概ですねヽ( ´ー`)ノ

この映画を見てマクドを好きになる人は珍しいでしょう。でも、観終えたら食べたくはなります。なんなら観ながら食べたい。
50'sの空気感は大好物。ああ、あの年代のアメリカの空の下で食べたら特別美味しいのかも。

2017-9