ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

ビジネスえぐいねー。映画というよりは、テレビ番組内の紹介再現ビデオ見てる気分で観ていた。
誰でも知ってる有名ファストフード点『マクドナルド』。アメリカ南部の片田舎から始まったハンバーガー店を世界中に展開したあるビジネスマンの成功と執念を描く。
ハンバーガーとポテト片手に見たかったけど深夜なので断念。。マクドナルドの当時では画期的だったシステムや自分たちがつくりあげてきた伝統を重んじる創業者一族とマイケルキートン演じる目的のためならあらゆる手で成功を勝ち取ろうとするセールスマンとの対立などを丁寧に描いている。丁寧すぎるくらいでこれを見たマクドナルドさんは怒らなかったのだろうか…?
大企業の根っこゃ裏にゎ大概ドロドロした確執があるもんだょ❗

オイラゎマックよりモス派だから、どうでもいい
更に云うなら、ハンバーガーよりホットドッグ派 (Not boiled but steamed) なんだけど、好きな店ゎ消えてしまう
Doggie Dinner, San Franciscoも
Chicago Dog, 六本木 然り

誰か美味しい店、教えてくれ❗

(^_^;)
john2

john2の感想・評価

-
描かれ方もあってか主人公の人間性には魅力を感じられなかったけれど、経営者として成功したことは尊敬できる。
人として正しいかそうでないか は別として、あれだけガツガツやっていけるのはすごい。
でもやっぱり、創業者の兄弟の心情を思うと胸が苦しくなった。
ForN

ForNの感想・評価

3.4
品質 VS 拡大
職人 VS ビジネスマン

この作品は、その一方の視点から描かれているため、現在の結末が正しいのか間違っているのか自分では判断できない。

ただ、レイ・クロック氏が執念(persistence)で実現した、街に溢れているゴールデンアーチのショップに今までもこれからもお世話になるのは間違いない事実。


少し街の見え方が変わった。


監督のジョン・リー・ハンコックは舞台の裏側を魅せるのが本当に上手い!
たかぎ

たかぎの感想・評価

3.5
超有名ファストフードチェーン店の創始者の話。う、うわぁってなるある意味怖い話ですよ、、興味深く見れました。
英雄であり怪物でした。

無駄を排除し効率を求め革新的なシステムを創ったマックとディック。
普通にすごいなって思いました。
安定的にある程度の利益はどんどんあげられただろうな。

そこで偶然か必然か出会ってしまった怪物。
頑固で大胆な行動力やばいマン。
あの手この手で拡大を模索し、成功するまで諦めず、"執念"に囚われた彼はまさに怪物でした。
不動産や採用までも手を伸ばし、
自分の直感で成功を見出だしたことへ一直線。
周り見えなくて自己中だなーってところは多々あったけどね(勝手に家を抵当はね…)。

店名もシステムも商品もアーチも考えたのはマックとディックなのにそれで儲けまくるのって何だかスッキリしないなーとか思っちゃったけどビジネスってそういうもんだってことね。

お見事天晴れです。
マック知らない人いないもんなー。
当たり前を創っちゃったってことなのかー。
すごいです。

初号店の名前外れるところを見てる二人の背中がとっても寂しそうだった…印象的です。
wowowの録画で。執念ねぇー、…、はぁー、って感じでした。以上。
brouillard

brouillardの感想・評価

3.5
マクドナルドの桃のシェイク(限定)、
なかなか旨いですね。

それはさておき、マクドナルドって、
こんな風にして出来たのですねー。
でも、なんかわかる気がする。
いや、マクドナルドに限らず、
外食産業の大半がこうなのかも?
骨肉の争い、やたら多そう。
味を守りたい人 vs 商売したい人。
前者を応援したいのだけど、
勝つのは後者だったりするね。

いかにもハリウッド的な
「マクドナルドのちょっといい話」
ではなく、かと言って、
「マクドナルドの闇を暴く」
でもなく。
主人公は、はっきり言えばクズなんだけど、
でも、そこまでは憎めない。
むしろ、
「そりゃ、それくらいしないと
勝てないですよね」
と変に共感出来ちゃうんだけど、
かと言って尊敬は出来ないし、
見習おうとも思わない。

作品自体についても、
面白いけど、感動はしない。

自分にとっては、なんか、
マクドナルドのハンバーガーみたいな
一作でした。
だぶ

だぶの感想・評価

3.5
北海道のラッキーピエロ的なバーガー屋を地球規模展開させたえげつないおっさんの映画

メクデェァーナー