ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

anzu

anzuの感想・評価

-
(自分用鑑賞記録)
マクドナルドの裏側にはこんなことがあったのか!と驚きばかり。
正直、本作を観て無性に胸くそ悪くなった。しばらくマックは食いたくない。(実際に美味しいと思った事はないので、他にカフェが見つからない時に年に数回程度しか食わないけれど)

結局は乗っ取りやであり、利己的な嘘つきであり、ろくでなしの野心家が展開したハンバーガー屋って事だ。

執念と覚悟ってカッコよく言ってるけど、その中身や目的が下衆過ぎる。反吐が出るわ。

広告を死ぬほど打って、イメージ戦略やマーケティングで大衆、特に貧乏人や女子どもを騙くらかして儲けようとしている。いかにも強欲なアメリカ的合理主義のケチな商売だ。

Fuck you!

・・と思ったひとも少なからずいるに違いない。よくぞマクドナルド発祥の国アメリカの足下で映画化されて、上映されたものだ。まさにアメリカ的なバランス感覚と言論の自由。そこも驚き。

かたや正義中毒者や小市民的な「ふつう」基準信仰に溢れ、一部のクレーマーやパラノイアのSNSに無批判にのっかるマスコミ批判を恐れて広告主やごく少数の「大衆」や誰の意見を代表しているのか明確ではない「世論」に忖度しまくる日本。うわっ面の綺麗事の仮面の裏で笑ってるのは誰か?民主主義や言論の自由は果たしてあるのか?
Mikitty

Mikittyの感想・評価

3.7
誰もが知ってる現在のマクドナルドが出来上がるまでのサクセスストーリーで面白かった。マクドナルドをフランチャイズ化させた男、レイロックが52歳からマクドナルドの帝国を築き上げたのがすごい。52歳までにそれやで数々の商売を始めては失敗してを繰り返しながら、それでもなお諦めずに続けたのが、本人も言ってたけど、覚悟と執着、これに尽きるんだろうなと思った。
まのん

まのんの感想・評価

3.7
マクドナルドの起源がドロドロの泥沼だったことが知れて、とても面白い映画でした。
私は主人公の野心は嫌いじゃないです。
Benjamin

Benjaminの感想・評価

4.0
執念があればなんでもできる、いくぞー!

って感じ

明日のお昼はチーズバーガーとポテトとシェイクにするか
週に一回は食べないと気が済まないくらいマクドナルド好きなんで、歴史を知りたくて観ました。

知らないことだらけで、うわーそうだったんだ!っていちいちビックリ!
創業者はマックとディックのマクドナルド兄弟で、この兄弟がかなり天才!
序盤の2人でマクドのシステムを考えていくシーンがすごくワクワクしました。
で、この映画の主人公は、兄弟が作ったマクドナルドを世界に広めたレイ・クロックなんですけど、この人がほんっとクソ!!!!笑
野心だけは人一倍で、ジョブズにしろザッカーバーグにしろビジネスで成功するにはクソ野郎にならなければいけないのか…って考えてしまった。
いや、そんな人生つらいって。(周りが)

途中あまりにも兄弟が不憫で、もうマクド食わねえよ!と思ったその日にマクド行って食べてしまった。(シェイクまで頼んだ)
だってめっちゃ美味しそうだった。やっぱレイ・クロックさんすごいわ。クソ野郎だけど。

世界にマクドナルドを広めてくれてありがとう。
クソ野郎だけど!!!!
Gopan

Gopanの感想・評価

2.9
正直気持ちのいい映画では無かった。
ビジョンをもって生きることはとても大切だが、大きすぎるビジョンを持つことで身近にいる大切な人を不幸にしてしまうのではないだろうか。そういう意味でレイ・クロックとスティーブ・ジョブズは似てる気がした。

このレビューはネタバレを含みます

今では当たり前のように食べているマクドナルドの成り立ちの話。
ビジネスで成功させるためにはずる賢さが大事であることを訴えかけるようなアメリカンなビジネスストーリー。

これからマクドナルドへの執念が変わってくるかも知れないですね。
ゆ

ゆの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

すごく興味のある話だったけど、実際観るとかなり残酷な話でモヤモヤ、、横取りやーん🤣
兄弟とレイクロックもっと仲良く上手くどちらもハッピーでいってほしかった、、という甘ったれたこと言ってるとここまで成功できないんだろうねえ🤣
み

みの感想・評価

3.8
マック創業者の映画をマック食べながら観賞。面白かった!やってること本当に残酷でえげつなくてめちゃめちゃ人のこと不幸にしてるけど、同時に世界中の人をサービスで幸せにしてるし自分もマック好きすぎるから複雑な気持ちになった