ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

2018年 108本目

今まであまり味わったことのない胸くその悪さを感じた。キートン何してん!!!
「仕事」という寄生虫に囚われた男が、ある兄弟が立ち上げた「マクドナルド」を乗っ取る寄生虫になってしまう。大好きなマックにこんな逸話があったなんて。
そりゃもちろん最初はマイケル・キートン演じるファウンダーのことを応援してたよ。なかなか成果が出せない営業セールスマン。あの微妙に怖いキートンの表情の変化が、すごい好き。彼が、当時はまだローカル店だったマクドナルドを創業した兄弟に出会ってからが、もうダメだ。そこからはもう主人公に全く好感は持てないし、「もうやめて…」という他ない。兄弟が長い年月をかけて考案したアイデアが徐々に取り込まれていって、最後には全てを失ってしまった…。
経営のことは疎いけど、経営者としての苦難がビシビシ伝わってきた。食っていくためには、どんなチャンスも逃せないし、誘惑に食いついてしまう。
これからマックに行くたびにラストの、兄弟が自分たちの店の看板を見つめるあの寂しそうな顔が浮かんじゃうな。
今になって、こういった事実を暴いた映画が作られて、マック側は何か影響なかったのかな?大丈夫かな。
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

3.5
人は、ここまで悪魔になれるのか。
でも商売をするのに、あの兄弟はあまりにも優しすぎた。
言葉を変えるなら、甘すぎる。

信念こそ立派だが、信念はビジネスの成功の上に成り立つもの。
こぢんまりとやりたいのなら、人を入れるべきではなかったし、任せるべきでも無かった。
契約の仕方も正直下手くそ。
色々な経験をしていたレイの方が数倍上だったのは見て取れる。

しかし、金の匂いには、やっぱり人が群がるね。
一人の野心を正当化して、おこぼれを貰おうとする人が必ずいる。
そういう人は、優秀な人が多いから、会社も上手く回ったり。
世の中の仕組みがよくわかる。

ただ、俺は兄弟の様になりたいかな。
もし負け犬でも、ああいう人になりたいかも。
人間性としては、圧倒的に上だと個人的には思う。

商売という世界がどんなものか。
勝ち組になりたい人は一見の価値ありです。
運命ってすごいな〜

マクドナルド創業の話かと思ったらマクドナルドを成功に導いた一人の男レイの話。
これは面白い!テンポ良くて見やすい。

やっぱりね、商才のある人って嗅覚が凄まじいですね。
日常の些細なことを見逃さず成功へのヒントとして常にアンテナを張り巡らせてる。
そして運もいいんだなぁ〜と感じるんですがそれもやっぱり商才なんでしょうね。

当時は相当画期的だったんでしょうマクドナルド。
包み紙で食べ歩く。すぐに料理がでてくるって今なら当たり前のような事ですが当時は理解がなくて批判だらけだったなんてやっぱ先進的なものには苦労は付き物です。

やっぱりレイが成功したって分かるから創業者の兄弟の分からず屋具合には腹が立ってしまうんですよね。
とりあえずやったらいいじゃないか!って。でも自分たちが立ち上げた店を他人に好き勝手されるのは気にくわないでしょうけど。
レイももっと上手くやればいいのに、野心家過ぎます(笑)

フレッドターナーの伏線は見事でした。
あとマクドナルドという名前の響きだから成功したっていうのは何故か妙に納得してしまいました(笑)
マクドナルドは全然行かないんですけどね(´ω`)

なにを始めるにも遅すぎるってのはない!
一番のビックリはローラ・ダーンがあんなに老けてしまった事。

実直で真面目な、しかもあのシステムを作った兄弟には「お気の毒に‥」としかいいようがないのですが。

マイケル・キートン演じる主人公が擦り寄ってこなくても、他の誰かにやられてしまって同じ結果だったのではないかな?と思ってしまう国だよね米国は。
 
チヤホヤされお金を持つ事で人はあそこまで開き直れ、自分の所有物と過信してしまうものなのだと。でもコイツのお陰であのゴールデンアーチのハンバーガーが食べれたのも確かか。
虎氏

虎氏の感想・評価

3.5
マクドナルドの創業の秘密を描いた作品。
マクドナルドは企業として勝ち組ではあろうが、色々とえげつない行為をした上で巨大化したという印象は強く残った。マクドナルドからは非公認だが、マクドナルド兄弟の遺族の公認ではあるという点が、全てを物語っているのだろう。

心証は悪くなったが、今後も使ってしまうのだろうなぁ…。
「ニワトリが先か?卵が先か?」
イライラするけど、小憎たらしい彼を嫌えないのは、結局彼が"勝者"だからなのかもしれない。
mayu

mayuの感想・評価

3.6
WOWOW

うーん、スッキリしないね
実話なんだから仕方ないけど、なんかイラッとするわー
りょか

りょかの感想・評価

3.8
誰もが知ってるマクドナルドが出来た話とか絶対面白いに決まってる。
ただほんのり胸糞悪かった。
紳士

紳士の感想・評価

3.0
好みのジャンルです、面白かったです。
ただ全体的にもっと振り切った描写でもよかったかなぁ、、全体としてこじんまりしちゃいました。
この手の映画話はストーリー展開と演出でも盛り上げてほしいですが、マイケルキートン頼みのところも気になりました。
Kana

Kanaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

野心のもとに発展したのがよくわかるし、マクドナルド兄弟には公認で、マクドナルドからは非公認。その理由がわかった気がする(笑)