ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.5
「バードマン」、「スポットライト」で最近大活躍のマイケル・キートンがマクドナルドの屋号をじわじわと乗っ取っていくセールスマンを演じる。今や世界中にフランチャイズしているマクドナルドの創世の裏にはこんなにドロドロした駆け引きや策略があったとは。私にはこのような策略を巡らせることはできないだろう。おそらく、気がついたら自分が騙されて乗っ取られているだろうから。これは将来、起業してみたいと思っている人向きだ。でも、人間ドラマとしてもしっかりとしたプロットであり、一聴の価値ありです。
史実に基づき、史実を伝えた映画。
マイケルキートンは本当にこうゆう役にぴったりだな。
奥さんがものすごく素晴らしい人。
昔のが美味しそうだな。
Shuuuuu

Shuuuuuの感想・評価

3.9
マクドナルドの誕生を描く実話に基づく映画。マクドナルド兄弟が作った人気のハンバーガー屋をレイ・クロックがどのように世界最大のハンバーガーチェーンへと成長させるか。ビジネスを学べる映画。
サンゴ

サンゴの感想・評価

3.0
マクドナルドの創業物語としてより、ビジネスの映画として観ると面白い。
マクドナルドが他の外食FCと比べて圧倒的に儲けているのかがよくわかる。
Cocoa

Cocoaの感想・評価

2.0
このオッサンがマクドナルドをフランチャイズ化したのか。(俳優やし本人やないけどね) 実話に基づくストーリー。
”マクドナルドって名前がいいんだ”って言ってるオッサンだが、当のマクドナルド兄弟が哀れでならない。ようフランチャイズ化してくれましたな。この仕事へのモチベーションはどこから来るの?何が楽しいの?全く共感できなかったわ。
しゅー

しゅーの感想・評価

3.2
当時の雰囲気がしっかり出ている。
レイクロック感がすごい、持続力と決断力が物事を進めるとかなんとか。
ただ、マクドナルド映画としては個人的にはスーパーサイズミーのが良かった。
samiam

samiamの感想・評価

3.5
きっとこれが真実なんでしょうね。映画にできてしまうところが面白い
うえの

うえのの感想・評価

3.5
世界で最も有名なファストフードチェーン、マクドナルドの誕生を描いたノンフィクション作品。

良く言えば仕事に対するモチベーション向上作品、悪く言えば事実を忠実に描いた後味の悪い作品。
レイクロックという人物のビジネスにおける高い目標を実現するための常識も人情も厭わない、なりふり構わない方法で次々に成功を収めながらも、妻や本当の創始者とされるマクドナルド兄弟との泥沼な関係になって行く様をマイケルキートンがコミカルにパワフルに狡猾に演じる。
ベシャリの達者さや身振り手振りの激しさなど近年の傑作、バードマンを彷彿とさせる演技で嫌な役を快演する笑。

また序盤のマクドナルドの厨房システムを説明する件が秀逸。
ここが1番テンションがあがった笑。
完璧にプログラミングされた、集団行動の競技のような動きでスムーズにハンバーガーを作り、ポテトを揚げ、ソフトドリンクを詰め、包装する。
ここ観ててめちゃくちゃ気持ち良かった笑。

もちろん観終わったあとはマックに行きました笑。
ただ最近はバーガーキング派です笑。
dosage

dosageの感想・評価

3.9
クロックが酷いやつ!!胸糞悪いわ!!
では決して終わらない。
彼がいなければ今のマクドナルドはないし、あのスタイルがなければ多くのファストフードの形態は大きく違っていたかもしれない。
全権を手放してからは数年で兄弟の店は閉店したらしい。当時としては莫大な譲渡金も手にしているし金銭面では不幸ってこともなさそう。
なので、兄弟もそこまでクロックを憎んではいない?。
最後にクロックがマクドナルドにこだわった理由に納得。
絶対に見終わったら食べたくなると思ってたのに実際は逆でした。
野心と根気でビジネスでの成功を収めた、マクドナルド創業者の実話。時には手本として、時には反面教師として、主人公の物語は人生や仕事についての学びを与えてくれる良作でした。ぜひ社会人で仕事に行き詰まってる人、やる気を出して成功をつかみたい人には観ていただきたい。

ジョン・リー・ハンコック監督作品はいずれも脚本が良く、過去の作品でも個人的に好きなものが多い。奇をてらった演出はなく王道とも言えるが、温かく包み込むような優しい人間の描き方がいつも心地良い。本作の主人公は倫理的に見て善人とは言えないし、夫婦関係における人間性の欠如など問題はあるが、それでも悪人というレッテルは貼らずに一人の人間として平等な目線を保っている。

マイケル・キートンは「バードマン」以降どれもはまり役で、本作も彼以外考えられないくらいの名演技。平凡さとカリスマ性を同居させるというすごいことができるのがマイケル・キートンである。

彼がマクドナルドにこだわる理由、それを確信する瞬間を見つけるためにもう一度観返したい。