ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

マクドナルドの成功の理由と、ビジネスの厳しさがわかる。
一応、経営学部だし、終始興味を持って観れたな。

毎日世界の人口1%が、マックでハンバーガーを買ってるんだってさ。すごい。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.5
とんでもない人間だ。レイの「執念」が今のマクドナルドに繋がっていることはわかった。…"Founder"ね。お人好しはビジネスには向いてない。私もそれなりの話術は身に付けたいものです。
千屋

千屋の感想・評価

3.5
たまたま感銘を受けたお人好し兄弟のビジネスモデルを力技で横から掠め取ったレイ・クロックさんというクズのお話なんやけどマイケル・キートンという役者の顔力によって説得力がついてるなこれ。エンドロールでのレイ・クロックインタビューでもクズさを全く隠そうともせずに武勇伝として語ってるのすげー。なんつーか、これのメンタリティが許された時代でそういう国やったんやなという…稼いだモン勝ちというか
Mitchu

Mitchuの感想・評価

4.0
恐ろしい話だった。
ドッグ・イート・ドッグ。
昇って行く時代もあったのだろうが、
初老の男が野心のみがガソリンで走る話。
つか見逃しそうだったが、
世界規模にしたのは2代目だったな、
こっちも凄いバイト上がりだった。学校の英語教科書でのレイクロックの話はもっとスマートだった気がした。
ピカレスクだけどロマンは無い、野心だけでできた空っぽ人間! 一体何なんだお前……いやマジで何なん……。そんな怪人の存在を納得させる怪演、監督。カタルシスが無いのも狙い通りでしょう。
Besburg

Besburgの感想・評価

3.6
英雄か。怪物か。
①ハンバーガー帝国の秘密とは
いかにしてマクドナルドは世界一になったのか、なぜ世界一になれたのかそこに隠された秘密とは。最後にマクドナルド兄弟がレイクロックに答えを聞くシーンでなるほどって思う。
②50過ぎてからのチャレンジ
主人公の創業者レイクロックは50過ぎ。これだと思ったことに全てをかけて取り組む姿はすごい。たくさんのものを失ってもトップに上り詰めた執念は凄まじい
③小説版もおすすめ
映画の内容は小説的には半分くらいなのかな。
もっと知りたかったら小説を読もう!
悪党ではないにせよ、真面目に自分の信念で暮らしている人間にはこういう輩は一番嫌だし苦手だしできれば関わりたくないという典型。この映画をマクドナルド兄弟は肯定しマクドナルド社は否定しているという、そりゃそうだろう。大企業になるには発想し研究し成功させる者と、執念と忍耐で突き進む者が必要で、その両輪が別々であれば後者のゴリ押しの方が圧倒的に強い。まさにアメリカのイメージそのもののようだ。それにしてもマイケルキートンがハマり役過ぎる。
Natsuko

Natsukoの感想・評価

3.8
のちのマクドナルド創業者であるレイ・クロックが卓越した先見性と実行力でどんどん成功を収めている裏側で、家族との関係の寂しさやマクドナルド兄弟の憂いに焦点を当てている。明暗の二面性を描写しようとしているところが味わいどころ。
とし

としの感想・評価

3.6
巨大企業になったマクドナルドがどのように成り上がり成長したのかがわかりけっこう衝撃的だった。本来ドラマ的なストーリーなら悪い奴が陥落して結局は正義が勝つみたいなところがあるけど実話だけにそう上手くいかずむしろこれが現実なんだなとモヤモヤした。信念、理念なんてズル賢い奴が全て壊してしまう悲しさだけどチェーン展開出来る能力がなければこの世にマックがここまで大きくならなかったのだろう。毎日世界では1%の人間がマックを食べているのも凄い。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.0
私は今のマックはあんまり好きじゃない。薄くてちっちゃなバーガーで、安かろう不味かろうって感じだ。高くてもモスの方が好きだ。

だから、映画を見始めて最初に思ったのが、ハンバーガーがデカい!ということ。今のマックの倍くらいデカい! 子どもの頃、小学校の近くに初めてマクドナルドができた頃は、口を大きく開けても食べられないくらいのビックマックのデカさにビックリしたものなのに…

前半のマクドナルド兄弟ふたりが1号店を出すまでの件は、成功物語として楽しく見られる。店内の導線を確認するために行われたテニスコートの件は最高だ。

中盤、クロックがフランチャイズ方式を思いつき、その方法を確立していく件も、最初のうちは「マクドナルドは新しいアメリカの教会になる」とか「マネージャーをユダヤ人教会でスカウトする」とか興味深いエピソードがあっておもしろかったが、

終盤はどんどんきな臭くなって、これぞアメリカンドリームという資本主義の暗部が浮き彫りにされ、マックを食べるのも嫌になる。「THE FOUNDER (創始者)」というタイトルが大いなる皮肉であることが思い知らされる。

それにしてもマイケル・キートンの「バードマン」以降の活躍は素晴らしい。どんどん野心に満ちた眼差しに変わっていく怪演が、本作のテーマそのものだろう。

(余談:私が小学校5年生の時、小学校近くにマクドナルドができた。小学生の間でも話題になったが、開店後すぐに広まったのが「マクドナルドって猫肉なんだぜ」という噂。「俺、見たんだ」とか言う奴も出てきたりして、当時はみんなで「ねえ、知ってる? マクドナルドって…」って噂を広めたっけ。くだらないけど、懐かしい話です。)