ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

funny3

funny3の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

以下にマクドナルドが成功したかの話。主人公はフランチャイズを持ちかけた人物。

元々は、回転率と美味しさをモットーにしていた地方のハンバーガーショップ。二人の兄弟が作った。

そこに現れた主人公。

それぞれの思いと意地と根性で、マクドナルドは今の地位を築き大成功を収めるが、タイトルのファウンダー(創業者)は、単数形。二人の兄弟はそこにはいない。

良いものを作り上げたクリエイターとそれを売るメーカー。そんな視点で観るのも面白いかも。
なべ

なべの感想・評価

3.6
実話に基づく話。世界を代表するファーストフード店に成り上がるまでの苦悩と葛藤、そして大成功を収める上で重要な話術とコンセプト、そしてその裏に隠された真実。これから生きていく上で大変勉強になる、かつ 考えさせられる映画。

「野心」「根気」「信念」 結局この3つに着地していましたが、何かを斬り捨てる勇気、すなわち「犠牲」もまた必要であるのかと思うと複雑な気持ちになりました。

「不動産ビジネス」なるほど。
kazuかず

kazuかずの感想・評価

4.3
起業家のカリスマ的存在であるレイ・クロックの伝記的作品。この人、ハンバーガー界の帝王マクドナルドの実質的な創業者(ファウンダー)なんです。

ミルクシェイクミキサーの営業マン、当時52歳。
ミキサー6台を注文したハンバーガー店に行くと、そこで画期的で効率的な販売プロセスを目の当たりにする。そのプロセスを開発したのはマクドナルド兄弟であった。レイは、彼らに店のフランチャイズを持ちかける。

いや〜のし上がるには、根気と継続、情熱、そして野心が必要。52歳にして、仲間を蹴落としてでものし上がるレイ・クロックの姿に凄いな〜と感心しながら観てました。自分にはそんなこと到底出来ませんが(*_*)

マクドナルド創業には、こんな事実があったとは(*_*)マクドナルド兄弟とレイ・クロックの関係性も興味深い。自分がマクドナルド兄弟だったら腹わた煮え繰り返るほどに恨むと思いますが、やはり強者は強い。Mのマークの由来もなるほど〜と納得。

これからマクドでハンバーガーやポテトを食べるときは、この映画とレイさんの存在を思い浮かべるやろな〜と思うほど強烈な作品でした。

マイケル・キートンは貫禄の演技。バードマンに続きオスカーノミネートされてもおかしくはないんしゃないでしょか。

ちなみにパンフが、マックポテトの形でした。笑
いやー金が人の心を悪にしていくことを思い知らされた。

最初の方はレイクロック、5Sとか店長のやる気とかそう行ったところ重視してたから、こいつ真面目やん、やるやんけ思ってたら

まあー、後半よね

違うやり方見つけてからめっちゃ金儲けしてって、どんどん悪なっていく。
金は怖いなぁ

ほんで、最後の字幕
世界の1%の人がマクドナルドを食べている。かそんなやつ
普通にこわっ!ってなった
マクド本気出したら全人口の1%殺せるってことなんやから。
遅ればせながら。兄弟がノウハウを説明するシーンなど、退屈になりがちな話をテンポの良いカット割りで見事に盛りあげている。手に入らないものもあると示したラストは、あえて気持ち悪さを残すという誠実さを感じました。
aka

akaの感想・評価

3.3
ほんと兄弟がかわいそう😂
うるさくて気が荒い人きらい💦🙏
asuka

asukaの感想・評価

4.0
マクドナルドっていう多分ほとんどの人がわかるくらい有名なお店の話。
実話を元に描いてるって途中からは「え??」ってなってきて最後には「えええ!?まじか」ってなったやつ。
今では大企業。
ここに来るまでって本当に色んなドラマがあったんやな。

正直、レイにはむかついた(笑)
人の商売を横入りしてぶんどるなんて!!
でも、レイがいなければ多分マクドは今ほど有名じゃなかったよね?
皮肉だなぁ。


マクドナルド兄弟が考えに考えたあのシステム、すごいよね。
テニスコートで再現してってやつ。
観てて面白かったー!

なんか、みんなこれを観たあとマクドに不思議と行きたくならなかったって言ってるけど、私はお腹減った(笑)
chan0ken

chan0kenの感想・評価

3.8
面白かったなぁーー

レイクロックがまるで、無邪気でワガママな子供みたい、自分のやりたい事に突き進んでいくのは、かわいくもあり、恐ろしくもあり…

シンプルなキャラなのに深みがあるのが良かったなぁー

根気のある子供は強い 笑
あか

あかの感想・評価

3.0
マクドナルドってこんな経緯で大企業に成り上がったんだ!古きよきドライブスルーも今見るとおしゃれだとは思うけど、マクドナルドの計算し尽くされたシステムは革命的だったんだな。本家兄弟たちのお店が本人たちの知らないところで乗っ取られていくのが恐ろしかった。契約書は拡大解釈されないものを作ろう!主人公の後妻さんはお金の嗅覚がすごいな。マイケルキートンの普通のダメダメなおじさんっぽいのに狂気を孕んだ感じがピッタリだった。
斑点

斑点の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

本家マクドナルド兄弟から事業を乗っ取ったレイ・クロックの人格の評価は賛否分かれるだろう。
マクドナルドの屋号を金にものを言わせて奪うのは人並みの良心があればできることではないが、彼にはその良心の呵責に勝る野心を持っていた。

レイは前半と後半では人柄が変わったようにもみえる。しかし、彼は一貫して、全米規模でビジネスを行う野心と、お互いに助け合うチームへの憧れという2点の行動原理に基づいて行動しているようにみえた。


レイのことを周囲の人々は目新しいものになんでも飛びつくただのミーハーとして捉えていたが、周りにどう思われようと彼の野心は鎮火することがない。
営業回りで宿泊したホテルでは自己啓発のレコードをかけ、52歳になっていたが、いつか夢を掴むことを信じていた。そのストイックな執念は狂気といっていいかもしれない。
レイはある日、革新的なハンバーガーショップ(マクドナルド)のシステムに遭遇し、その仕組みの効率のよさに心を奪われる。彼は常識を覆すアイデアに感動し、今度こそうまくいく!と確信しフランチャイズ出店に乗り出す。
フランチャイズ契約を兄弟から取り付け、まめに系列店を巡回しクオリティを管理する。複数店舗の運営は兄弟自身かつて試していたが既に失敗しており、多大な労力を必要とした。
店舗を出すために、妻にも秘密で、自分の家を抵当に入れ背水の陣で運営に精をだす。
彼は自分の持てるものをすべて事業拡大のみに捧げた。

そんな彼がチームを組むべき仲間だと認めたのは、フランチャイズ展開の評判を聞きつけて新たに出会った、法律コンサルタントや、新開発の粉シェイクを提案してくれた女性ジョアンだ。
そこには、品質維持を最優先として事業拡大に否定的だったマクドナルド兄弟や、それまでの妻は含まれていなかった。

人生50年分の思いが蓄積された執念は想像に及ばないが、彼が味わったであろう辛酸を考えると後半の冷酷な態度にも頷ける部分がある。