ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

怪物でもあり、英雄でもある。
たくさんの人を幸せにもしただろうし、たくさんの人を殺したとも思う。
面白い。
マクドナルド兄弟とレイの関係はクリエーターとプロデューサーに似てると思う。
独創性があってこそ最高の利益を生むとチャンスを掴むのを恐れる人が実に多いって言葉が印象的。
まし

ましの感想・評価

3.6
“食うか食われるか”
そりゃそーなんだけど!
自分の成功の為に人が作り上げたものを取り上げて自分のものにする。
システムだって社名だって。
私はひどい話だなぁと
マクドナルド食べるの心苦しいなぁ
と思ってしまった
マクドナルドがいかにして全米へ展開することになったのか、その軌跡を描いた作品。

なんのビジネスをやっても上手くいかない主人公は、ある時マクドナルドというハンバーガーショップを知り全米展開の野望を抱く。

マクドナルドを世に知らしめた人物はマクドナルドの創始者ではなかったということに驚いた。
横取りのような感じだったけど、創始者のマクドナルド兄弟との確執や様々な過程を経てビジネスが成功したというストーリーは、まさしくアメリカンドリームだった。
結局、兄弟を締め出し、一人勝ちした主人公にとってはアメリカンドリームだったけど、創始者の兄弟にとってはかなりかわいそうな結果だったと思う。

マクドナルドという響きが素晴らしいという主人公の言葉は、まさしくその通りだと思った。
たしかに心地よい響きだと思う。

M・キートンがハマり役だった。
くたびれたビジネスマンの姿がドンピシャだった。
「マクドナルド」という名前に惹かれ、真っ直ぐな己の欲望に忠実に、執念で帝国を作り上げた男の物語。そもそも、あのマクドナルドの始まりにこんな出来事が⁉︎、という「身近にあるものの初めて見る裏の顔」を垣間見る面白さが本作には詰まっている。

見る前は、レイ・クロックがマクドナルド兄弟から全てを奪っていき、しがないセールスマンからのし上がっていく、というある種のビカレクスロマンを想像していた。
だが実際見てみると、その側面も十二分にあるがそれだけでない、多面性を持った話になっていた。

レイの行うことは、強引で身勝手な部分も多々ある。自分の利益の為なら他者を蹴落とすことを厭わず「ライバルが溺れてたら、ホースを口に突っ込め」と言う。
しかし、彼の大胆さ、野望の強さがマクドナルド帝国をここまで大きくしたのも紛れも無い事実。彼のフランチャイズ化への戦略とその方法の柔軟さには素直に唸らされるし、あの兄弟だけだったらマクドナルドは今、自分の街にあっただろうかと思ってしまう。「小心者には帝国は築けない」というのも一理あるように聞こえるのだ(でも、もしレイがいなくても、いわば「第二のレイ」が現れ結局乗っ取られていたのでは、とも思う)。「創業者(the founder)」という肩書きの垣根が危うくなる。

勿論、この巨大企業の根底をつくったのはマクドナルド兄弟だ。彼らがレイに「注文から30秒で出す」というスピード・システム等のアイデア、革新的なコンセプトを回想を交えながら語るシーンは、リズミカルな編集も相まって、非常に愉しくワクワクさせられる。おそらくレイも同じ気持ちだっただろう。

その後、レイとマクドナルド兄弟は手を組むが、その時既に彼らが目指すものにはズレが生じていた。究極の効率化や経費削減を目指すレイに対し、各店舗での商品やサービスのクオリティへの拘りを第一にする兄弟。「鶏小屋に狼を入れた」事に気づくも時すでに遅し。劇中で言われる「幸運は大胆さを好む」という諺通り、野心を滾らせ、明確なビジョンと話術で積極的に動き回ったレイに勝利の女神は微笑んでいる。電話での会話シーンでレイは社長室にいるのに、彼らがいるのはただの田舎の一店舗だ。その過程はある種、痛快でもある。

だが、チャンスを掴み、そこまでのし上がり、奪い取り、アメリカン・ドリームを味わった男がラストに見せる顔は、実に空虚だ。彼が手に入れたもの、そして失ったもの。
オープニングと同じくカメラ目線で語るレイの目の前にいるのは、気づけば鏡に映った自分一人だけである。彼が練習しているスピーチの内容は、序盤で彼が聞いていたレコード「ポジティブの力」の模倣でしかない。自分のオリジナルではないマクドナルドで帝国を築いた彼らしい。ラスト、背を向け歩く彼の姿とその足取りは、どこか疲れと悲愴を感じざるを得ない。



書き忘れた諸々
・テニスコートに厨房の図面を書き、効率の良い動線を模索する場面(いいシーン!)で「Music For A Found Harmonium」が流れたのでビックリ。『ナポレオン・ダイナマイト』やドラマ「カルテット」でも使われていたので、個人的にお馴染みの曲。

・レイをマイケル・キートンが演じることであのギラギラした悪役ヅラが映えつつも、それだけではない非常に人間臭い人物になったと思う。それから、マクドナルド兄弟2人の絶妙な掛け合いも見ていて微笑ましかった。

・レイの妻役のローラ・ダーン、何処かで見た顔だと思ったら「ジュラシック・パーク」の博士だった。時代の流れを感じる。
ワカメ

ワカメの感想・評価

3.5
うん…えげつない話でした(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ⌑ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)

弱肉強食って感じ!
確かにこうゆう人が居ないと世の中にいい物は広がらないのも現実…

ただ、兄弟に対しての誠意はもっとあってもいいと思う( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )

英雄か怪物か…自分の見方だと彼は後者かな、野心家の方は英雄と思うんだと思う

なかなか面白かったです!
ダニー

ダニーの感想・評価

3.5
見応えがありましたね。
マクドナルドの始まりの話。
やはり大成しようとしたら綺麗事だけじゃダメなのかもですね。
勉強になりました。笑
にしても、マイケル・キートンすごい。
怪演!!
id

idの感想・評価

3.7
マクドナルドの過去にこんな事があったもはとても驚き。
レイのやり方がえげつなさすぎて、創業の2人が可愛そうすぎる、、、、。

悲しいけど
レイの経営者として実力は本物で、今のマクドナルドがあるのも彼のおかげだろうな。

かなり衝撃でした。


21
rimi

rimiの感想・評価

3.5
大好きなマクドナルドの歴史にこんな影があったとは…。
創業者であるマック・ディック兄弟の意志は無視するし、権利を奪い我が物顔で自分の功績を讃え、影で長年支えてくれた妻を捨て、ビジネス仲間の妻を奪い、、、事業を成功させるためには目的も手段もいとわない。とんだクソ野郎じゃねーか…。
だけど、ビジネスマンとしての彼の先見の明、数々の好運を掴み取る力、野心と執念には唸らされる。
フランチャア〜ィズ、フランチャーイズ、フランチャァア〜ィズ、フランチャイズ
Skyler

Skylerの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

機内で鑑賞
とても興味深く面白かった。

マクドナルドが世界規模でチェーン展開した裏側。
タイトル通りまさにファウンダー(創業者)の話だった。

1950年代のミズーリ州にある兄弟で営むバーガーショップマクドナルド。
当時の常識を覆した、ナイフもフォークもプレートもない、ただ紙で包まれただけのハンバーガー。
作業も効率化され長蛇の列ができても、待ち時間は長くない。そんなハンバーガーショップに商用で偶然立ち寄った主人公のレイ。
仕事が長続きしない自己啓発好きの主人公は、この店の味とシステム、それからマクドナルドという響きが気に入ってしまい、結局は力でこの店を自分のものにし、チェーン展開に成功する。
事業の拡大より、品質にこだわりのあったマクドナルド兄弟は騙される形で店を手放すことに。

正攻法で成功する者もいるが、恐らくこれがリアリなビジネスに成功する人間の特徴ではないかと思わせる。
これを観た後、マクドナルドが食べたくなくなった人は少なからずいると思うし、仕事だけでなく、仕事仲間の奥さんまでも盗んでしまった人間としてのクズ具合も描かれていることが、マクドナルド兄弟の執念にも似たリベンジに思えた。