ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

マクドナルド兄弟が気の毒...。
でも主人公がいなければ、ここまでの世界的大企業にはなってないだろうと思うと複雑。

これからマクド行くたびにこの作品がよぎる予感。
miho

mihoの感想・評価

3.7
人情とか努力とか才能とか
そういうのを尊いと思っている私は
多分成功できないタイプなんだな、と。
思ってしまうような映画でございました。

レイ、ムカつくわーw
アメリカンドリーム怖いわー。
マイケル・キートンハマってたわー。

面白かったですけども。
イラッとしたわ。
マクドナルド行くけど。
予想とは違った内容でしたが、それでもおもしろかったです。具体的に販売方法を解説するではなく、とにかく野心家が突き進む様を描いています。まさに「Stay hungry, stay foolish」ということですね。
レイのやり方は経営者としてはすごいのでしょうが、人として血も涙もない。どこまでが史実でどこまでが脚色かわかりませんが、手放しで賞賛はできませんでした。私は結局下っ端のようです。
Barolo

Baroloの感想・評価

4.6
私は、経営コンサルタントのようなものを生業としています。その経験も踏まえて、この作品を考察してみました。実はこの映画を観てから、レビューを書くのに相当時間がかかってしまいました。職業上の理由は大きいと思っています。レビューも長くなってしまいましたが、もし、お時間あるときにお付き合い頂ければ幸いです。

昨今、モスバーガーとの比較で、うまくいってるように喧伝されてるジャンクフードチェーンのマックですが、あれはいわゆる、提灯持ち記事じゃないですかね?金貰って書いてるんじゃないでしょうか?株価対策の常套手段です。だいたい、黒字化するのに3年もかかって、しかも今後の成長は見込めないのですから、先は明るくありません。チェーンの外食産業で、人口の減ってる国で店舗数激減させたら、ある一定の利益はとれますが、その後成長する余地は残念ながらありません。

そして、これは、そのチェーンを立ち上げた、1人のクソ野郎の物語です。経営者という人種に、人間性の優れた人など殆どいません。暴力の代わりに金が力を持つようになった資本主義の世の中では、力=金を手に入れたものが賞賛されますが、普通のことをやっていたのでは、力は手に入りません。芸術家とその作品との関係と同じで、経営の成果も人間性との因果関係など一切ありません。金を沢山儲けたからといって、その人の人間性には全く関係ありません。むしろ、悪いことでも平気でやれるような無神経さとモラルのなさが、金を儲けられる人の特徴と言ってもいいかもしれません。

他人のパクリでのし上がったビル・ゲイツにザッカーバーグ、他人の人格を貶めても全く平気なレイシストのジョブス。彼らが世に出した製品は、彼らがいなくても他の誰かが出していたことでしょう。でも、巨額の利益を出せば、偉人と称えられるのです。日本でもS正義しかり、某自動車最大手の創業一族しかり。Sバンクは、レバレッジ経営なんて格好いい名前付いてますが、要は商社です。右から左へモノやサービスを流してるだけ。革新的な何かを産み出した訳でも、海外で大きなプレゼンスを得たわけでもない。過去に未曾有の新卒大量内定取り消しという前代未聞の悪行などなども、いまじゃ誰も何も言いません。自動車最大手のTだって、工場での奴隷のような酷使、外国人労働者への不当な扱い、そんなことがあっても、経済的貢献という錦の御旗の前には誰も文句言わないんです。この間の金メダリストの小平奈緒選手への、日本電産の重森社長のコメント見ましたか?品性も知性のかけらもない愚かなものでした。社員を家畜のように扱い、利益を得ながら、「わしが雇用を創出してやってるんだ」の傲慢発言、その他もろもろの数々。他、どこの大企業の経営者も似なりよったりですが、金の力の前にメディアの声は小さくなるばかりです。

そんな輩の1人が、マクドナルドを乗っ取ったレイ・クロックで、その人物の卑怯な生き様を描いたのがこの作品です。マイケル・キートンの演技は見事としかいいようがなく、卑しい悪党を演じ切ってます。わざと嫌悪感を抱かせるような笑い方など、素晴らしい。なんで、この人が未だにアカデミー賞とってないのか、分からない。バードマンでも、スポットライトでも素晴らしかったのに。

レイ・クロックは、傲岸不遜で、自己実現のためなら手段を選びません。自分を長年支えてきた妻を切り捨て、他人の奥さんを横取りし、平気で嘘をつき、契約すら守らない、そんな人間です。この作品は、アメリカン・ドリームの体現者などとは、虚実だということを巧く暴き出して秀逸な作品だと言えます。

恐ろしいのは、「やっぱり普通のことやってちゃ、成功出来ないんだよねー、このくらいやらないとダメなのかねー?」と正当化してしまうことではないでしょうか?倫理学のどの教科書にも、人間が社会的生活を営むにあたっての倫理規範になることが同じように書いてあります。それは、「人を物理的に傷つけることをしてはいけない」と「人を騙してはいけない」で、この二つは人が人足りうる基盤なのです。ホリエモンは、「倫理観は時代によって変わる。俺のやったことは後世で評価される」と逮捕時に嘯きました。彼らしい愚かな詭弁です。倫理観は変わっても、人を騙そうとしたことは、決して容認されないのです。レイのやったことも、システムの網の目をくぐり抜けてはいても、人としてやってはいけないことであるのは、明らかです。

勝ったやつが強い。強いやつが正義だ。この世は弱肉強食なんだ。という言葉を曲解している人のなんと多いことか。弱肉強食とは、実は生物学上にはない用語です。適者生存こそが正しい言葉で、人間が、他の動物を抑えて生物のトップに君臨しているのは、先ほどの二つの倫理基盤をもってして、適者となるべく高度な社会システムを構築したからです。「素手で戦えば人は猫にすら勝てない」と、熊殺しの空手の達人、大山倍達氏は申しました。猫どころかライオンにすら脅かされない生活を我々が送れるのは、人が互いを信頼しながら運営・運用されるシステムの上で生活してきたからです。その社会生活を送るためには、人を騙していては成立しえないのです。即ち契約を遵守しないなどとはあり得ないことなのです。それを皆がしたら人間社会はたちまちのうちに崩壊してしまいます。

だが、どんなルールにも穴はあり、完全なシステムはありません。そこでズルした人間がうまい汁を吸っているのが現状で、マクドナルドはその点、典型的な例と言えるでしょう。私は社会主義者ではないけれど、今の資本主義の限界はギリギリのところまできてるのではないかと思っています。それに対するソリューションは今のところ残念ながらないけれど、少なくともレイのような人間の行為を曝け出して、世に問うことは意義があることだと考えます。

経営コンサルタントなんて、ヤクザな仕事してると、ホントに腐りきった人たちばかりを見てきて嫌にやることがあります。でも、そんな輩を相手に商売して飯食ってる自分も所詮は同じ穴の狢かと思うと失笑ものですね。そうして凹んだ時は映画を観て癒されようと試みるんですが、この作品には考えさせられました。レイのような人間を決して容認してはいけないんだな、と。そして、この映画は、自らを映し出す鏡のようなものだな、と。

ふと鏡を覗き込むと、そこには眼の血走った、疲れた顔をした醜い中年男がこちらを睨んでいるばかりだった。
Musashi

Musashiの感想・評価

3.5
毎日、世界人口の1%が食べてる【マクドナルド】の創設者の話。


創設者とは聞こえはいいが、実際は二人のマクドナルド兄弟が立ち上げたハンバーガーショップをフランチャイズ化をして【執念】で奪い取り全米へ展開、やがて世界に広がっていく。

見る人によってはマクドナルドを奪ったレイ・クロックが悪者に見えるけど、彼がいなかったら世界に【マクドナルド】が浸透することがなかったかもしれないと思うと、日本でマクドナルドを食べられる今は彼に感謝せざるおえない。
MU

MUの感想・評価

4.1
健康志向の現在なにかとイメージの悪いファーストフードですが、誰でも知ってるマクドナルド、そして今では定石の様なスタイルも当時はとても革新的だったんだなぁと感じさせる。
古き良きアメリカ、ダーティーなビジネス話、そしてマクドナルドを愛する方には是非オススメ。
K

Kの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

この映画で語られている話は、現在のマックの商品に現れている気がした。

スピードと対価を感じる美味しさ。

そこには繊細な心遣いや優しさはなく、とても現実的な味に思える。

それが嫌いかと言うと、そうでもなく、あのスピードと値段では満足せざるおえない。

少々値がはってもいいから、兄弟が追求していたマックも味わってみたくなった。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.4
期待してたけど、ちょっと違ってたかも、、、
でもこれがアメリカか〜。
This is America。

天才、才能、学歴よりも

『執念』『覚悟』があれば無敵

マクドナルドの響きがいい。

さすが筋が通ってる人の言うことは違う!!

マクドのポテトが食べれてるのもあなた方のおかげです。本当にありがとう。
マクド。関西ではもっぱら、マクドです。
でも、僕は英語発音のマクダーーナルが好きだな。
でも、その響きが美しいからってマクドを買収するかというと、しない。そんなお金ない。しかし、そのマクダーーナルの美しい言葉の響きに心奪われ、我が物にしようとした実在の人物、レイ・クロック。

そんな彼の伝記であり、世界最大のファストフードチェーンストアの創業当時を振り返る物語。

レイ・クロック、恐ろしや〜!怖いわ〜!

強欲
我儘
浅ましい
駄々っ子の様に、欲しいものは全て手に入れる執念の男。

はっきり言って苦手なタイプだけど、マイケル・キートンがその毒っ気と、しかしながら真っ直ぐな生き様を魅力的に演じており、楽しめた。

1954年、レイ・クロックはレストランに足を運び、ミルクシェイクミキサーを売っていた。売れ行きは芳しくない。そんな中珍しく大量注文を受けたレストランを訪れる。マックとディックという兄弟が経営するマクドナルドというレストランは、メニューをハンバーガーとポテトとソフトドリンクのみに絞り、30秒で商品を提供する人気店。レイは兄弟にフランチャイズ化を持ち掛ける。

商業主義からは距離を置いていた筈のマクドナルド兄弟だが、レイの執念に根負けし、彼にフランチャイズのマネジメントを任せる事になる。

商品の質を重視し、堅実な経営を目指す兄弟と、大量出店を加速させ、経費を抑え利益を上げる為には変化も辞さないレイ。このぶつかり合いが面白い!

何が怖いって契約が守られない事。
ビジネスの為なら悪魔にもなる。
そんなレイを相手にした兄弟があまりに不憫だ。

最後にちょっとしたネタバレあり、です。














マクドナルドという店だけでなく、気になっていた人の奥さんまでも、欲しいものは全部手に入れるレイ・クロックに背筋が凍る程の脅威を感じる。

ラスト、屈託なく笑いながら人のものを奪い取って誇らしげにしているご本人のインタビューに心底ゾッとした。

…けど面白い!
shinobu

shinobuの感想・評価

4.2
チャイルディッシュ・ガンビーノじゃないけど、この映画はThis Is Americaだ。

今のアメリカ、いや日本を含めた世界に大いに関係がある話だ。

ファストフード、ファストファッション、巨大モール。

全てはここから始まった。

奴らは低価格を売りに我々の街に近づいて、どいつもこいつもボク達もやられてしまうのだ。

ファウンダーは創業者って意味らしいがポスターにでかく写ってる男レイ・クロックはマクドナルドの創業者じゃない。だが、創業者になってしまう…どういう事か?
それは映画を観てのお楽しみ。

怖い映画だとは思ったが、マイケル・キートン演じるレイ・クロックのセールスマンとしての口八丁手八丁ぶり、その情熱は見習うところはある。

そして、実話なのに一切美化をしない映画が出来上がってしまうのもThis Is America。

めちゃくちゃ面白かったです。