ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

aka

akaの感想・評価

3.3
ほんと兄弟がかわいそう😂
うるさくて気が荒い人きらい💦🙏
asuka

asukaの感想・評価

4.0
マクドナルドっていう多分ほとんどの人がわかるくらい有名なお店の話。
実話を元に描いてるって途中からは「え??」ってなってきて最後には「えええ!?まじか」ってなったやつ。
今では大企業。
ここに来るまでって本当に色んなドラマがあったんやな。

正直、レイにはむかついた(笑)
人の商売を横入りしてぶんどるなんて!!
でも、レイがいなければ多分マクドは今ほど有名じゃなかったよね?
皮肉だなぁ。


マクドナルド兄弟が考えに考えたあのシステム、すごいよね。
テニスコートで再現してってやつ。
観てて面白かったー!

なんか、みんなこれを観たあとマクドに不思議と行きたくならなかったって言ってるけど、私はお腹減った(笑)
chan0ken

chan0kenの感想・評価

3.8
面白かったなぁーー

レイクロックがまるで、無邪気でワガママな子供みたい、自分のやりたい事に突き進んでいくのは、かわいくもあり、恐ろしくもあり…

シンプルなキャラなのに深みがあるのが良かったなぁー

根気のある子供は強い 笑
あか

あかの感想・評価

3.0
マクドナルドってこんな経緯で大企業に成り上がったんだ!古きよきドライブスルーも今見るとおしゃれだとは思うけど、マクドナルドの計算し尽くされたシステムは革命的だったんだな。本家兄弟たちのお店が本人たちの知らないところで乗っ取られていくのが恐ろしかった。契約書は拡大解釈されないものを作ろう!主人公の後妻さんはお金の嗅覚がすごいな。マイケルキートンの普通のダメダメなおじさんっぽいのに狂気を孕んだ感じがピッタリだった。
斑点

斑点の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

本家マクドナルド兄弟から事業を乗っ取ったレイ・クロックの人格の評価は賛否分かれるだろう。
マクドナルドの屋号を金にものを言わせて奪うのは人並みの良心があればできることではないが、彼にはその良心の呵責に勝る野心を持っていた。

レイは前半と後半では人柄が変わったようにもみえる。しかし、彼は一貫して、全米規模でビジネスを行う野心と、お互いに助け合うチームへの憧れという2点の行動原理に基づいて行動しているようにみえた。


レイのことを周囲の人々は目新しいものになんでも飛びつくただのミーハーとして捉えていたが、周りにどう思われようと彼の野心は鎮火することがない。
営業回りで宿泊したホテルでは自己啓発のレコードをかけ、52歳になっていたが、いつか夢を掴むことを信じていた。そのストイックな執念は狂気といっていいかもしれない。
レイはある日、革新的なハンバーガーショップ(マクドナルド)のシステムに遭遇し、その仕組みの効率のよさに心を奪われる。彼は常識を覆すアイデアに感動し、今度こそうまくいく!と確信しフランチャイズ出店に乗り出す。
フランチャイズ契約を兄弟から取り付け、まめに系列店を巡回しクオリティを管理する。複数店舗の運営は兄弟自身かつて試していたが既に失敗しており、多大な労力を必要とした。
店舗を出すために、妻にも秘密で、自分の家を抵当に入れ背水の陣で運営に精をだす。
彼は自分の持てるものをすべて事業拡大のみに捧げた。

そんな彼がチームを組むべき仲間だと認めたのは、フランチャイズ展開の評判を聞きつけて新たに出会った、法律コンサルタントや、新開発の粉シェイクを提案してくれた女性ジョアンだ。
そこには、品質維持を最優先として事業拡大に否定的だったマクドナルド兄弟や、それまでの妻は含まれていなかった。

人生50年分の思いが蓄積された執念は想像に及ばないが、彼が味わったであろう辛酸を考えると後半の冷酷な態度にも頷ける部分がある。
Garu

Garuの感想・評価

4.3
観終わったらその足でマック

誰もが知っているモノの良く知らなかった話。

前半はいかにしてマクドナルドが世界に広まったのか、もうフランチャイズで成功する事は知っているから、いったい何がどうなって?の目線で、今ではあたりまえのシステム化された営業方法と店舗改革をわくわくしながら観る。
わかりやすいし単純にとても面白い。

こんなにも有名な事の細かい部分をなぜ知らなかったのか?話は後半になるにつれて驚きの展開をする。
なぜ知らなかったのか、それもなんとなくわかるようなシビアな人情ではない話になる。

現代ではまたちょっと違うと思うが、きっとあの頃に世界的に躍進を遂げた企業にはそれぞれきっとこういう事があったような気もする。

「温故知新」ではないが、忘れて失われたものはたくさんあると思う。
なぜ「ファウンダー」と言うタイトルなのかは観ればわかる。

そしてなぜあのやり方だったのかを語る終盤でのトイレでの嘘みたいな会話は必見。

オープニングの語りもラストには効果的になり、全体的な出来も素晴らしいし、
何よりバーガーやシェイクなど「語られるモノ」に対してどんなものかの説明はいらない、そんな誰もが楽しめる映画だと思う。
ともや

ともやの感想・評価

4.0
とてもおもしろい作品だった
いろいろと学ばせてくれた
レイのやり方はえぐいけど見習うべきとこではある
〝今度こそは成功してやる、今度こそ〟

1954年、シェイクミキサーのセールスマン、レイ・クロックに8台もの注文が飛び込む。注文先はカリフォルニア州でマクドナルド兄弟が経営するバーガーショップ「マクドナルド」だった。合理的なサービス、コスト削減、高品質という、店のコンセプトに勝機を見出したクロックは兄弟を説得し、「マクドナルド」のフランチャイズ化を展開する。しかし、利益を追求するクロックと兄弟の関係は次第に悪化し、クロックと兄弟は全面対決へと発展してしまう...



劇場で観るのは諦めてましたが、
運良く近くの映画館が今頃公開開始!
なぜ!
ありがとうございますー!

そんな感じでウキウキで観に行った作品ですが...|ω・`)




〝ファウンダー(創業者)〟なんてタイトルとマイケルキートンがどーんと写ってますが、
この人は本当の創業者ではない...!
コツコツやってたマクドナルド兄弟のお店のフランチャイズ化の権利を持ったレイクロック(マイケルキートン)が次第に彼らのお店を乗っ取っていき遂には創業者を名乗る...



一言でいうと最悪!
胸糞悪いお話です....



野心家が周りを押しのけながら根気でのし上がっていく。
マクドナルド兄弟は言わば彼の踏み台です

マクドナルド兄弟がこだわりにこだわりぬいた結晶とも言うべき最高のハンバーガー店がフランチャイズという商業主義、そして1人の男の野心に呑み込まれていく...


いつの間にか乗っ取って笑みを浮かべながら創業者を名乗るシーンはゾクッとします

〝勝者が歴史をつくる〟と言いますが
まさにそれです!





怪物か英雄か。
どちらにしても世界中で店舗をたくさん持つ一大チェーン店。
マクドナルド兄弟だけだと絶対にここまで有名にできなかったと思います。
ビジネスの世界は厳しいですよね
「ナイトクローラー」でも思いましたが
どちらにしても世で成功するにはここまでの野心がないとのし上がれないんだな〜と感慨深かったです





監督はジョンリーハンコック。
マクドナルド兄弟の悲劇、レイクロックの栄光をバランス良く描いていて
語り口もテンポよくすごく観やすかった!
ここ最近の2作は観ていませんが興味出ました!


あと主演のマイケルキートン!
スパイダーマンホームカミングでも見せた怪演はやはり見応えあります!
怪物にも見えるし英雄にも見える、
やっぱすごい役者さんだなー!




そして、
これ観終わったあとはやはり自然とマクドナルドへ。
〝フランチャイズ化は質を落とす〟
良くも悪くもどの店舗も味は同じ、むしろクオリティ的にどうなのかというお店もあります。
今のこの現状を観てマクドナルド兄弟はどう思うのかな〜

とりあえずクォーターパウンダーを復活させてほしい(´▽`)






以上、「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」!
マクドナルド関連でいえばハンバーガーを食べ続けたらどうなるのかに迫った傑作ドキュメンタリー「スーパーサイズミー」も合わせてオススメです!


あと、映画評論家の町山さんによる解説で、
今作のレイクロックはトランプ大統領と重ねることができるってのは、へーってなりました!
事実に基づいた作品。まさにこれがアメリカン・ドリーム‼︎オモロかった\(^^)/
アメリカといえばマック。マックといえばアメリカ。と言っても過言ではないのではと思う今日この頃。
今の自分が知ってるマクドナルドにこんな過去と歴史があったなんてとビックリでした。感想を書きながら改めて創業者のマック兄弟の不憫さがすごいなと。
はじめは彼らを騙そうなどとは思ってなかった主演を演じたマイケルキートン。なんて素晴らしい俳優なんだと実感した。バードマン以降本当に数々の素晴らしい作品に出演して盛り上げてくれてありがとう!なんて感想を言える機会があればいいたい。
ただこのような映画を作れるくらいにマックの歴史が経ったのだなと感じられました。アイムラビニット