ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

ymko

ymkoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後まで面白く観れた。
自身がマックでバイト経験しているからか

マクドナルド兄弟の不憫さ、元妻の寂しさ悲しさ、土地の土を確かめるように触るシーンの野心に溢れるところがよかった

観ているひとを励ますような希望はあったのかはわからない。
映画だからいいんだろう
Youhei

Youheiの感想・評価

3.5
勉強になった映画
フランチャイズとはなんぞや

単なるバーガー屋じゃなくて不動産業ですよってさ。
事業家としてはすごい人なんだけどやっぱりこの映画観ると
いや〜えげつないなぁこいつと思いました。
シェイク製造機セールスマンのレイは今日も地方のドライブインを手当たり次第に回って売り込みを掛けるが思ったような成果は得られていない、そんな折り、事務所に連絡を入れたレイは6台口の注文が入ったと知らされ、というところから始まる「persistence」ってお話

多分知らない人はいないであろうマクドナルド、この企業の始まりから一大帝国となる迄のストーリーを2時間弱でまとめた本作、スピードシステムを構築しながらも自身のシステムと商品価値に拘泥する職人気質のマクドナルド兄弟とそのシステムをアメリカ全土へ向け拡大、拡張路線へとひた走るレイ・クロック、という図式で物語は進む

世界に冠たるマクドナルドのファウンダーを『明らかな悪者』として描くワケにはいかないだろうからマクドナルド兄弟の弟ディックを意固地に描くことによってそれを回避しようとしているんだけど、なんだかちょっと悪し様が過ぎる気も、けど、レイは多分サイコパスなんだろうなぁ、「自身の周りの才能を利用して」というと聞こえは悪いけど、要は人生の中で見落としがちな『ここぞ』という出会いや機会、タイミングを逃さないアンテナ、機微を捉えることに長けていて、それで他人がどうなろうが気にしない、・・・うん、やっぱりサイコパスだゎ

マックは、大好きで良く食べています!
でも、どうしてそんなに大企業になったのか…気になる!!!

「ウォルトディズニーの約束」の監督であることもあり、期待通りの良作でした!!✨

ビジネスの貪欲さ…て言うか、人のアイディアを盗んで、最後は金に物を言わせて自分の物にするってどうなの?って💦
どうしても、人が良いマクドナルド兄弟に同情してしまう…。あと、最初奥さんも💦

これも、ビジネスなのかとも思ってしまう…信用出来ない他人には絶対に手の内を見せてはいけないですね!

“貪欲と覚悟”を忘れず、自分も行動したい!
KEIKO

KEIKOの感想・評価

3.5
マックが少し嫌いになった…。
主人公の性格がひどすぎる…奥さんのこと、何だと思ってるの!?

マクドナルド兄弟が作った本物のマクドナルドが食べたい!!
もっ

もっの感想・評価

5.0
こーゆー話めちゃめちゃ好き

ちょっとだけマルチ商法にハマった友人を思い出す、元気なのだろうか

Facebookやら、Appleやら、いろんな話を思い浮かべたのは私だけじゃないはず

ソーシャルネットワークの構想をパクられて激おこだったイケメン双子、懐かしい〜
マクドナルド兄弟のお兄さんがマックという名前だと知って、やっぱり略語はマックと呼びたいと思った。
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

4.2
誰もが知ってるマクドナルドの誕生といかにして巨大企業になっかがわかる。
タイトルを和訳すると『創業者』で、一見ブラックユーモアにも捉えれるのだがこの作品を観終わったらどちらかが悪いとかではなく両者に対するリスペクト(両者とも偉い!)なのだと思った。脚本、監督、プロデューサー、俳優陣はお見事!
映画作品としてはもちろん、資本主義ルールやビジネススキルを学べる点でもとても楽しめた。新しいモノやサービスを発明・創業するのと儲かる仕組み作りや拡大展開する必要能力は異なる。
そういえばこの1年くらいマクドナルドには行ってないなぁ…。
azs

azsの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

怪物のお話

盗人の話です

私はこう言う事する人が許せないタイプです。観終わってからすごく腹が立った。レイクロック、私は大嫌い。



また映画で一つ勉強できました。
ゆーか

ゆーかの感想・評価

3.1

2018年11作目

これもすっごい気になってた作品。

もーね、マクドナルドはよくこの映画を許したな、って感じ。
マクドナルドにとってよいイメージ一切わかないし、むしろ、もーマック行きたくなくなると思うんだけど…

でもチキンタツタだけは好きだから、すぐに行くけど…苦笑

ストーリー展開もパッとしなくて、
他になんかエピソードなかったの?って思った。

しかも、何にも自分でやってないのに、偉そうすぎてキライすぎる。

成功には野心かー、これが現実かとがっかりさせられる。
映画にはやはりリアルなものより、ファンタジーやフィクションを期待していることを確信しました。