ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 91ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

taku

takuの感想・評価

4.0
面白かったです!マクドナルドってこうやって作られたんだと創業秘話の数々に驚かされました。見た後は無性にハンバーガーが食べたくなって、マクドナルドに行っちゃいました(笑)

マクドナルド兄弟のハンバーガー作りに感激してフランチャイズを目指すセールスマンのレイ・クロックだか、次第に兄弟の意に反して野望・金の為に発展させていく姿が凄まじかった。人としては最低、だけど綺麗事では成功できない弱肉強食なビジネスの世界だからこそ仕方の無い事かもしれないですね。でも生みの親のマクドナルド兄弟が可哀想すぎる・・・・

バードマンや最近のスパイダーマンの悪役に続き、マイケル・キートンの熱演が絶好調で素晴らしかったです。
えい

えいの感想・評価

4.0
「欲しい物は何がなんでも手に入れる」「根気と信念を貫いたものが勝つ」
映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に見るマイケル・キートンの怪優ぶり!

主人公レイの、マクドナルドのフランチャイズ化に今までの人生の巻き返しを図る猪突猛進ぶり、マクドナルド兄弟との対決、ビジネスは軌道にのるが、マクドナルド創業(ファウンド)の話になると一瞬ためらいがちになる表情、
これらの局面を演じ分けたマイケル・キートンに感服!

ビジネスを成功させるには根気が大事、と言っておいて、前の奥さんやマクドナルド兄弟を不幸な目に合わせる、悪魔スレスレの野心家レイ。

レイのサクセスストーリーには違いないが、なぜか観てるこちらの心はモヤモヤ。
たまに流れるピアノ音が、そのモヤモヤ感を倍増させる。
2yas2

2yas2の感想・評価

3.8
兄弟が2人で夢を叶え、お互いを思い協力し、あれはダメ、これは成功!よしこれでいこう!と試行錯誤して出来たのが画期的な今の早い!安い!のマクドナルド。
日本でも海外でもどこに行ってもあるマクドナルドの誕生のヒミツ。

兄弟に情が湧いてしまうけど、経営者としてはレイの貪欲さ、儲け、フランチャイズ化が正しいのかな。
兄弟とレイの目指してるところが違うんだけど。

マック兄弟の現状満足(というか、品質をさげたくない思い)と
こんなに素晴らしい効率の良いレストランをもっと広げたいレイ。

マック兄弟から横取りじゃん!ってムカつくけど、レイのおかげでマクドナルドが日本にも広がった現実。
こういう人がtopに立つんだね。
辞めた会社の社長を思い出した⇦

レイのおかげで世界的にも大きなハンバーガーチェーンになったけど、
マック兄弟の信念とかこだわりを世界中で働いてるマクドナルドクルーにしってほしい。
黒川

黒川の感想・評価

3.9
マイケル・キートン目当てで観ましたが、こういう少しイラッとくる小悪党的な役が巧すぎて、大好きな俳優さんなのに毎回嫌いになりそうになる。

マクドナルド兄弟が作った画期的なレストランが如何に世界を席巻したか?という物語と思わせておいて、その実は部外者レイが如何にしてファウンダー(創設者)まで登り詰めるのかというサクセスストーリー。冒頭のアドラー心理学レコードが最後のレイのスピーチ練習シーンにつながり、彼が不要と感じた周囲を切り捨てマクドナルドを巧妙に乗っ取る姿、そしてフランチャイズを大きく逸脱するように土地を買いそれを貸すという不動産業務的なことを始める様子は遊星からの物体Xの様な侵略ものSFスリラーの様相すら呈しており、これもうホラー映画なんじゃね?めっちゃ怖い。マジでインベーダー。しかしながらそれが世の常であり、またアメリカという新しい国がどのように国家となったかという部分と似ているのもなんとも興味深い。あとレイってユダヤ系だったんですね。なるほど。

Educated Foolの様な言葉もとても印象的で、マクドナルド兄弟の野心がレイ程ではなかったがために乗っ取られる様子に心が傷んだ。しかしながら年代的にこれが最後のアメリカンドリームとも言えるように思われる。いや、アップルとかよく考えれば成功例結構あるから、むしろえげつねえアメリカンドリームの始まりなのかもしれない。

マクドナルドのフランチャイズが豚の餌のような扱いを受け、貧困層の食べ物と揶揄される今、それでも帝国は世界中へと拡がっている。そしてそれぞれの国の物価指数をも反映するものとなり得たのは偏にレイの敏腕さなのだが、果たして不動産業が実態というなんだこれやっぱ怖い。

あとどうでもいいけどキング・クリムゾンもマクドナルド兄弟が歌えるピアニスト募集してたら歌えないギタリスト(子門真人似)が来てバンド乗っ取ったよね…
T

Tの感想・評価

4.0
滅多に行かないけどマックに行くたびにマイケル・キートン思い出しそうで萎える。
なんという狡い奴だと当然思う訳だが、見ていてムカつく訳だが、実際ビジネスの現場にはこういう人は結構いる。立ち止まったらゲームセットになってしまう世界だから。
ローカルなビジネスマン風な感じをマイケル・キートンがうまく出してるよなとか思いながら観てたら、事態は全米規模でエスカレートしていった、、、(泣)
まつげ

まつげの感想・評価

4.3
目的の為には手段を選ばないスタイルで鑑賞側の倫理意識を揺さぶってくる。
これからマクドナルドの新入社員研修はこれを観るのかな?
うらやましいな。
海月

海月の感想・評価

3.8
マイケル・キートンがいい味だしてますね。
イヤらしさ4、厳しさ4、サイコパス2って感じでしょうか。
ドロドロしたビジネスバトルものが好きなひとは十分楽しめると思います。
そういう理屈っぽいのが嫌いな人はやめたほうがいいです。「ソーシャル・ネットワーク」とか「ウルフ・オブ・ウォールストリート」とか好きな人はオススメ。