ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 92ページ目

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

既存の慣習やこだわりを捨て、合理的に考え、ビジネスとしての成長を求めていく。

言葉にすると素晴らしいものでも、人間として生きていく上でそれがいかに大変なことかが丁寧に描かれていたと思う。
強面でアクが強く切れ者、だがしかし憎めない主人公レイはマイケル・キートンの雰囲気にぴたりとはまっている最高のキャスティング。

素晴らしいビジネスマンとは。
人間としての生き方とは。

自分だったら、、、と、重ね合わせて深く深く掘り下げたくなる映画だった。

主人公の生き方は好き嫌いが分かれるところだと思うが、自分はそこにビジネスマンとしてのプライドを感じ共感してしまった。

いい映画だった。
Layla

Laylaの感想・評価

3.5
マイケル・キートンの脂の乗ったいやらしい名演技により、見事に英雄であり怪物の話になっていた。実在の人物が主人公であるからして、描き方次第でどのような映画にもなりえたのかと思います。トム・ハンクスが演じていたらただのいい話になってそう。マクドナルド兄弟の立場からすれば恐ろしい話なのに、色彩豊かで牧歌的にも見えるような雰囲気の不思議な映画でした。
KiiHan

KiiHanの感想・評価

2.6
わかりにくかった。
皮肉で残酷でかわいそう。でもそれがビジネスなのが現実。
井D

井Dの感想・評価

3.7
向上心の塊。ある意味傲慢で容赦ないところが究極、アメリカの本質なのかなと突きつけられる。

I'm national. You're f'kin local. ファストフードの歴史を知れる良作!
レイ・クロックがいなければマックのハンバーガーを食べる機会は無かったかも知れないが、マクドナルド兄弟が作ったハンバーガーやシェイクも味わってみたい。
ビジネスってこんなものなのか…。
昨年の映画納めは飛行機内のこれでした。マクドナルドがマクドナルド兄弟から奪われて、マイケル・キートンが演じるレイが世界に拡大していくまでの物語。よく出来てるし、何よりマクドナルドらしさが伝わる映画でした。
kunico

kunicoの感想・評価

3.7
敗者から勝者へ。
得るものと失うもの。
成功体験は人間を変えるね。
morita

moritaの感想・評価

2.5
マイケル・キートン扮するクロックって、悪者のように描かれているけど、事実だけ見るとそんなことないような。

嫌なやつかもしれないけど、無法者だったり、非合理ではない。話の筋は通しているし。

今の時代だったら、むしろけっこういい人の部類なんじゃ・・・とか思ったりした。
Yukko

Yukkoの感想・評価

3.8
マクドナルドの創業秘話。
どれだけ稼いだとしても、奥様には優しくしましょう。
7e3

7e3の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

面白いのですが、結末が結末なので、見終わった後大変複雑な気持ちに…
アイデアとは…でもそれを世界中に広げる手腕もすごいけど…けど…複雑