ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 92ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

kenz

kenzの感想・評価

4.0
伝記モノなのに退屈させないのは凡人にもなじみの深いテーマ性のおかげ。アイムラヴィニッ。
マイケルキートンの大仰な演技が野心溢れる主人公を再現している。尺の関係上創業者兄弟との確執やオーナーの奥さんを奪ったところなどもう少し掘り下げればストーリーにより深みを増し増したと思う。ピアノベースの音楽がいい!
湯呑

湯呑の感想・評価

4.6
世界最大のフランチャイズ企業であるマクドナルド社の「いかがわしい出自」を暴いた事だけが、この映画の肝ではない。それなら単に社会正義を振りかざしただけの退屈な作品になっただろうし、そもそもこんな昔の話を蒸し返したところで、マクドナルド社には痛手でも何でもないだろう。問題は、『創業者』という原題が示す通り、私達が生きる大量消費社会において、「起源」というものは存在するのか、という事なのだ。本作の主人公クロックは、自身がマクドナルド社の「創業者」ではない、という事実に最後までコンプレックスを感じていた。しかし、その様な「起源」への欲望は、アメーバの様に拡散し増殖する資本の波に飲み込まれ、やがて意味を失ってしまうだろう。マクドナルド社の今日の発展は、発明者であった兄弟2人のおかげでも、経営者だったクロックのおかげでもない。資本を喰らい資本を生み出す、マクドナルドという名のウロボロスの蛇がひとりでに育っていったのだ。そこに集う人々は、ハンバーガーやポテトではなく、既に「マクドナルド」という「名前」を消費しているに過ぎない。本作に「教会」や「聖書」といった宗教的モチーフが散見されるのも、その様な意味で示唆的である。宗教とは、神の「名前」を消費する人々の集いだからだ。
HOUSHI

HOUSHIの感想・評価

3.8
マクドナルドの創業者と全国展開にまつわるおはなし。
競争社会のドロドロとした現実を突きつけられた。しかもあのおなじみのマクドナルドにこんな闇の深い話があったのかと、鑑賞後もすっきりしない気持ちだった。
とにかく兄弟が不憫。でもこれが現実。
yoshi44

yoshi44の感想・評価

3.7
成功の秘訣は「根気」だと彼は言った。
いや違うね。本作を見る限りそれは真実ではない。
「野心と成功欲求」こそが、全ての源だ。
.
『溺れているライバルの口にホースを突っ込む』こと。それは、常人が抱くであろう嫌悪感をものともしないと言うこと。
.
「多店舗化と売り上げ」は比例の関係でなければならず、「多店舗化と品質」は反比例の関係になりがちだ。つまり、品質を維持しながら売り上げを増して行くことは非常に困難。
そのためのブランディングであり、効率化であったりもする。
.
マクドナルド兄弟が嬉々として語る美しき工夫、レイ・クロックの野心と成功欲求。この2つが恐るべき化学反応を起こし、歴史上稀に見る飲食店が生まれた。
.
今日のランチはマクドナルド。
その品質が果たして兄弟が望んだものなのかは分からない。
ただ、いつもと変わらない味がそこにあることに改めて驚くのだ。
yukimi

yukimiの感想・評価

3.1
面白かったけど、なんか後味悪い‥切なくなる感じ‥
大成功ってこういうことかなぁ‥
ほどほど幸せってのが丁度良いのかな
K

Kの感想・評価

3.5
ビジネスの恐ろしさを学べた。
競争社会では、幸せにはなれないなと感じた。
The Founderは、これからも絶対に幸せになれないよ。
因果応報の人生が待っているね。
憎まれるようなことしたらダメだよ。
奥さんは、大事にしないとダメだよ。
この反面教師的な感じになれるから、良かったよ!

自分はこの競争社会の世界には入りたくないね!

だから、公務員になろう!

他の職業のほとんどは、人を蹴落として行く世界だから、幸せな生活は待っていない。

幸せになってやるわ!

金持ちではなくても、

ある程度の生活は手に入るよ!

公務員になれば!
前半はあっ今日マクドナルド買って帰ろ!てはるけど見終わった後は「一生食べるか」みたいな気持ちになる

このレビューはネタバレを含みます

ある意味ホラー映画。
「ナイトクローラー」を観たときの感じになった。

何があっても基本的に無表情なマイケル・キートンがサイコパスにしか見えなかった。
前半を観ているとマックに行きたくなるが、後半からラストでマックに行きたくなくなる。
「溺れているライバルの口にホースを突っ込むことができるか?」というセリフで凍り付いた。

主人公の生い立ちが映画の中では語られないので、何故そこまで成功に執着するのかよくわからなかった。
人の良さそうなマクドナルド兄弟に感情移入してしまう。
脚本がレスラーの脚本家だけあって良い。やや違和感を感じる序盤のカット割りは王道ハリウッドとも異なる期待を生じさせる。アイディア的にはソーシャルネットワークに似てて、ソーシャルネットワークの下位互換といった感じか