ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

erinko122

erinko122の感想・評価

3.8
重々しくなりすぎないように明るいシーンもあるけれど、やっぱりテーマ的にも観ていて緊張感は半端なく、彼らの勇気と行動力に震える。数々の映画でも題材となる悲劇的な歴史だし、本当はあまり想像もしたくないけれど、こういった実話があったなんて知れてよかったし、匿う側も匿われる側も心情がよく描かれていて観てよかったと心から思える作品だった。
kojiメン

kojiメンの感想・評価

3.4
実話映画。
戦時中にワルシャワ動物園を夫婦で営なみ、ヒトラー率いるナチス政権ドイツの時代に、慈悲深い時を過ごした物語。
こういうのが賞を頂けないのが、本当に残念。最高の映画。
まつこ

まつこの感想・評価

3.6
実は実話なユダヤ人救済劇。

2時間があっという間だった。面白いというよりそれだけこの人たちが濃ゆい時間を過ごしてきたからだと思う。匿う側と隠れてる人の緊張感を想像したら変な汗が出そうになった。

ジェシカの色気がハンパない。
osugggi

osugggiの感想・評価

4.5
尊敬。

ナチスの服きてた
アイドルおったけど
これみてどう思うのやろか
hanaa

hanaaの感想・評価

3.8
第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに占領されたポーランドのワルシャワの動物園で、園長をしていたヤン・ジャビンスキとその妻アントニーナが、迫害されていたユダヤ人を助けた実話をもとに創作された小説「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」を原作としている作品です。
小難しかったら断念しそうな話だなと思っていましたが鑑賞してみて話も分かりやすくラストが好きな終わり方だったのでよかった。
また重苦しい話でしたが動物達の愛くるしい仕草に救われました。
あき

あきの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

汽車に乗せてとせがむ子供達の可愛い笑顔
息子死ななくて良かった
えみ

えみの感想・評価

3.7
実話の評価はとてもむずかしい。
この時代、まだまだ埋もれているこうした事実は大小たくさんあったんだと思う。
自分はあの時代のあの場所で同じことができない気がして、なんとも言えない気持ちになる。
当たり前の平和が当たり前に全ての人にあるといいのに
1939年。ワルシャワ動物園でユダヤ人を匿うお話し。人間動物園、丸見え作戦とは?

アントニーナさん。
夫のヤン氏。
飼育員のイエジクさん。
※ずっと目立たないけれど、最初から最後まで偉いのはイエジクさん。

ナチスの動物学者ヘックさん。
ユダヤ人のマグダ女史。
昆虫研究家のシモンさん。

アントニーナの息子リュス君が、月日を経て大きくなって美少年からブ少年に変貌するのは我慢する所😅
幸

幸の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実話を基にした話ということでまず驚く。
見つかったら殺されることは承知でユダヤ人を地下に匿う夫妻。
ドイツ兵が急に来たときのあの緊迫感は嫌だ。

冒頭からアントニーナの動物や自分の家族に注ぐ愛情がすごく優しくて、これはへックも好きになるわなーと思った。

最後がバッドエンドでなくて良かったと安堵した。
Maki

Makiの感想・評価

4.0
戦争に関する作品でもこの時代の背景、とくにナチスドイツの事例はホントに筆舌に尽くしがたい…同じ人間なのに、なぜ?どうして?それ以外の思いは無くて。

シンドラーや杉原千畝、そしてこの動物園の彼等みたいに、同じ気持ちで似たような行動を起こす人たちは、きっともっと居たはず。そう思いたい。