ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

すず

すずの感想・評価

3.0
ヤン(旦那さん)も素晴らしい人です

🐰🐯🐘🐫🐷🐯🐘🐫🐰🐯🐘🐫🐷🐯🐘🐫🐰🐯🐘🐫🐷
動物園で飼育された動物たちは戦争では不要なもの。どうせ生きられないのだからと殺されるのが見ていてツラい。

でもその行為を行ったのは動物園の人ではない。動物園を開園している夫婦はユダヤ人を助けようと匿う決意をします。アントニーナは家を守り、旦那は外でユダヤ人を見つけてくる。2人の善人ぶりは素晴らしいですね。

一緒に行動するわけではないので段々とお互いに我慢していた思いが募るのだけど、どっちも辛いのよ…

ラストは脚色かわからないけど、感動的でした。会えて良かったね(^^)

救ったと思ったのに救えなかった命もあったけど、それでも沢山の人を救ったこの夫婦。実話でおなじみのラストの字幕にやっぱり目頭が熱くなります。

映画は奥さんのアントニーナに焦点をあてているが、原作は[ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語]。夫婦ともに素晴らしい人なのです。
RundryDRY

RundryDRYの感想・評価

2.0
歴史に興味をもつきっかけになりました。うっすらとしかしらなかったユダヤの歴史。
内容は古典的な展開でみやすく、でも政治色の強い感じをうけました。
主人公がいい人すぎて心配になります。
柊

柊の感想・評価

3.7
見逃していた映画に出会えた。
まず驚いたのは、動物園の豊かさ。現在もヨーロッパ随一の規模を誇るワルシャワ動物園らしいが、動物も飼育員も皆幸せそうだった。そして何よりも園長一家が動物を愛している。それがオープニングに溢れている。
一転、ドイツの空爆により動物園は破壊され、ドイツ軍が園内を支配していく。ワルシャワと言えば、ドイツによってすべてが破壊され、ゲットーよりも破滅的な強制収容所がポーランド各地に作られホロコーストの舞台になった地。あの状況下でよく300人ものユダヤ人を匿うことができたと思う。これまでよき隣人として暮らしていた人々を見捨てることができなかったヤンとアントニーナ。これが実話という事に一番驚く。ホロコーストがあった陰でもしかしたら、語られない真実がもっともっとあったのでは?と思った。細かいことは端折られている感は否めないが、ナチスの目をかいくぐり、正しい行いをしたいと言うアントニーナの思い。どんなに助けても助けてあげられない人の数の方が圧倒的に多い事を知っているヤンの苦悩。コルチャック先生がどうにもならないと言って貨車に乗り込む姿、小さな子ども達が両手をあげて、貨車に乗せてもらおうとするシーンには胸が締め付けられる。片道だけの貨車なのに。
地下に潜むユダヤ人の物音をごまかす為に咄嗟に取った行為が、アントニーナとヤンの関係に小さな波風を立てるのが何とも歯がゆかったり、地下室の壁にユダヤの星描いちゃダメだよ〜とか、息子がある時から華奢な少年からちょっと四角い感じの子に変わって息子って思えなかったりとか、思う事はいろいろあるけど、正しい事を胸を張って行えるには、やっぱり平和が一番。何の罪もない動物達が射殺されるのって理不尽以外何者でもない。同じようにユダヤ人と言うだけで、排除されるのは断じて許されない。迎合ではなく、真に正しい道を忘れないで生きよう。
Ene

Eneの感想・評価

4.0
とにかくみんな生きて生きて生きて伸びてって言う気持ちで観てた
ジェシカ、女神の見えざる手とはまたガラッと違った役で、どっちの役柄もハマってて好き
ramachi

ramachiの感想・評価

3.8
アントニーナが
強く逞しく、でも何だか儚くて
すごく美しかった。

結末があんな感じで涙出た。
平和な世界ってやっぱり幸せだよね
戦争はなぁ・・・( .. )

以前観たかったが行けなかったので、ユジク阿佐ヶ谷で観た。

が、知識不足のためいまいち理解できなかった。もっとこの時代の知識を増やさなきゃなぁ。

ジェシカ・チャステインは女神のような人だった。よかったなぁ!

それから動物がかわいくて、動物が登場してほしかった。戦争中、動物園は攻撃しちゃダメだ。
misaki

misakiの感想・評価

3.7
動物園を経営する夫婦がユダヤ人300人を匿い、救った実話

300人って割合で見たら少ないかもしれないけど彼女たちのその勇気は数では計り知れない。

言ってしまえばユダヤ人を救ったとしても何も利益はなく、むしろバレてしまったら彼らも捕まってしまう運命にある。
にも関わらず助けたいという気持ち一心で行動に出た。

主人公はあくまで夫人1人で原題自体そちらに焦点が当てられているけど、夫婦2人に焦点を当てても良かったと思う。
KOU

KOUの感想・評価

3.5
ポーランド、ワルシャワにて動物園を営む夫婦。第二次世界大戦下、約300人のユダヤ人を救った勇気ある夫婦の話。

実話に基づく物語ということで、こんな映画みたいな話あるのか!とただただ感服。
いくらユダヤ人に対する凄惨な現状を目撃しても、命懸けで行動に移せる勇気は本当に素晴らしい。
報われてよかった。
Komey

Komeyの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

静かで、悲しくて、寂しくて、でも愛に溢れている映画。
動物を守りたい、かわいそうな人を守りたい、動物園を守りたい。
真っ当に生きた女性の物語。
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.0
静けさの中にも、揺るぎない強さを湛えた作品だった。
独特な訛りも含め、ジェシカ・チャステインさんが本当に魅力的。ピンヒールで闊歩する武装した『スローン』も、裸足で駆け回り無防備な『アントニーナ』も、葛藤しながらも自分の正義を貫く女性の姿だった。

世の中にある常識や正義、道徳、倫理、法律がすべてが崩壊したとき、自分は自分を失わずにいられるだろうか。危険を省みず、自分が正しいと信じたことを行動に移せるだろうか。
二度とこのようなことを起こしてはならないというメッセージなら、どれだけプロパガンダ的であっていいと思ってしまう。

ワルシャワ動物園が今なお開園しているのには驚いた。いつかポーランドには行かなければと思っていたけど、アウシュビッツを訪ねる際にはワルシャワ動物園にも立ち寄りたい。