ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

1939年第二次世界大戦が正に始まる直前から、終戦を迎える1945年までの、ポーランドのワルシャワ動物園での事実を基に描かれています。邦題通りナチスドイツからユダヤ人を救った強くて優しい夫婦の物語でした。
動物園が舞台なので、序盤はたくさんの動物たちが出てきますし、心から愛情を注いで自分の子どものように育てているのが伝わってきます。その辺も見どころなのかもしれません。動物園も爆撃を受け、経営などしている場合ではない戦時下になっていく中、夫婦ふたりが二人三脚で行動にでます。
アントニーナを演じるジェシカ・チャスティンの笑顔が本当に素敵! 愛する家族と動物たちと過ごす毎日が一変し、その笑顔が曇っていくのを観てるのはつらかったです。でも、そんな憂いを帯びた表情の中にも、助けたいという芯の強さがありました。彼女、実際にワルシャワ動物園を訪れてアントニーナさんの娘からお話も聴いたとか(公式HPに書いてました)。やっぱり素晴らしい女優さん!
その夫ヤンを演じるヨハン・ヘルデンベルグさんはお初で、ちょっと地味な感じの俳優さんですが、アントニーナ以上に助けたいという気持ちは強く伝わってきました。
ヒトラー直属の軍人で、ドイツ人動物学者ヘックを演じるダニエル・ブリュールが嫌な奴なんですけど憎めない(またか^^;)。戦前からアントニーナに想いを寄せてるの丸わかりだし。ブリュールさんが人妻に恋っていう時点で、ドイツ人で嫌な奴が飛んでしまった感あります(失礼…)。
300人の命を救ったヤンとアントニーナ。予想通りの展開ではありますが、ばれるのではとひやひやしつつ、応援しながら観てました。心洗われる物語に何度も涙がこぼれるいい映画でした。
YosukeIdo

YosukeIdoの感想・評価

3.3
ジェシカ・チャステインの演技を堪能する映画(^^)
映画的なカタルシスは弱いけど、丁寧な作品。

ダニエル・ブリュールはこういう粘着質なキャラクター演らせたら上手いですね(笑)
pisan

pisanの感想・評価

3.8
わかっていたけどストーリーが重くて疲れた。
夫のヤンも動物学者のヘックもそれぞれ味があって役に合ってた。
それより何より、アントニーナ役のジェシカの、あの動物たちとの親和性が凄すぎてびっくりでした。
紫色部

紫色部の感想・評価

2.0
2017.12.17 TOHOシネマズ海老名

ゲットー側から街の側へのドアtoドアですらをもワンカットで捉えられない志の低さが、カット/時制/シーン選びにおける目に余るほどの継ぎ接ぎ加減に顕著に現れている。ジェシカ・チャスティンの片乳首と、コルチャック先生の子供達を一人一人列車の荷台に乗せるシーンは良かった。
勇気ある行動とハラハラさせられる緊張感と動物たちとのひとときと
時間感じず良かった!
toshi

toshiの感想・評価

4.5
アントニーナとヤン・・・。正に正義の人でした。「正義の人」とは・・・。今作をご覧になれば分かります。

ワルシャワ動物園を営む夫ヤンと妻のアントニーナ。今作冒頭アントニーナが自転車に乗り園内の動物達に朝の挨拶をして周るシーンがあるのですが、それが凄く素敵で一気に心掴まれてしまいました。予告やあらすじから、そんな幸せが崩れ去るのは分かっており、そしてそのシーンはやはり残酷なものでした。月並みな言葉ですがやっぱり戦争は何も良い事なんて起きるわけもなく、そして動物たちに罪はありません。そんな動物たちを自分たちの欲の為に利用するドイツ軍のヘック。正に今作の悪!この悪であるヘックの行動が本当に許せない。動物たちが一体何をしたというのかっ!

ヤンもアントニーナも正しい人が故にドイツ軍という巨大な相手に対して、勇敢に向き合いかけ引きしユダヤ人を助け出せたのだと思います。そしてこの夫婦の子供でさえも・・・。どこまで勇敢な家族なのだろうと思うと涙が止まりません。
特にアントニーナは女性でありながら、非常に芯が強くそしてどこまでも正しい。正しすぎるせいで苦悩することもありますが、こんな正しい人が不幸になるはずがない!と今作終盤からはそう強く願いながらの鑑賞でした。

正義と悪。どちらに幸せは訪れるのか・・・。そんなの決まっていますよね。

今作ラスト、アントニーナ演じるジェシカ・チャステインが、堪らなくなって子供の様な駆け足であの人に向かっていくシーンがとっても印象的でした。

残忍なシーンもあるけれど、でも心が洗われる素敵な素敵な作品でございました。
みい

みいの感想・評価

-
とても観やすく分かりやすい映画だった。

緊張感など十分にあるけど、思ったよりアッサリと進んで行く物語に感じた。

12月に鑑賞。
みーこ

みーこの感想・評価

3.5
映画としては普通、史実を伝えるという点ではとても良い映画です。

動物たちとジェシカ・チャスティンの触れ合いが見事、うさぎはともかく他の動物たちとあんなに近付いて愛してというのはどう過ごしたんだろう。
アントニーナは可愛らしくて、繊細な女性でした。
旦那さんもすごく偉大な方だったんだな、と。
先日のポーランド映画祭で色々観ていたので、コルチャック先生のシーンとか、もうそれだけで哀しい。

これは映画の感想ではないけれど、
隣に多分女子高生2人が観に来ていて、何故彼女たちがこの映画を観ようと思ったのかも謎だけれど、いろんな箇所でコソコソ話しては笑いながらこの映画を観ていて、
どう観ようと自由だけれど、学校や親、はたまたメディアは、何も教えていないのだなと。私自身こういうことを正面から捉えるようになったのは成人以降だけれど。
かわこ

かわこの感想・評価

3.8
動物園を守る話かと思ったら戦争ものだった
実話に基づいてるなんて残酷だ
ユダヤ人というだけで痛め付けられたり刑務所に収容されたり殺されたり。
動物だっされたり。
実話をベースに作られた作品なだけに胸が締め付けられる思いでの鑑賞。

暗いストーリーの中に動物達の愛らしい表情を見ていてホッとした。