ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.9
始めは親友を匿うとこから、数え切れないくらいたくさんのユダヤ人たちを匿うことになった家族

ナチスは悪い人ばかり!でもなく、こっそり手助けしてくれる人がいたり、色んな立場の人たちがいて、
みんな死ぬ覚悟で他人を守ったり、すばらしい人たちもたくさんいたんだな。

ワルシャワ動物園の展示がまた面白く、
動物たちが本当に楽しそうで、ラクダが駆けまわってたり、ほっこりした。
何人もの命を救った動物園。
ユダヤ人を助けることは、
自らの命を危険にさらすという行為なのに、次々と助けて行く姿がかっこよかった。助からない者の残酷さは、観ていて辛くなった。
【助ける】ということは決して簡単な事ではないけど、本当に逞しい。
私も人に親切でありたい。と思いました。
今こうして平和に暮らせていることは、
感謝しなければいけない。

ワルシャワ動物園は今でもあるそうなのですごく行きたくなりました。
とても良い話だった。
オススメです!
KaNa

KaNaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

赤ちゃんライオン(?)のジャケットにつられてレンタル…

ヒトラーの作品はどれも怖く恐ろしい
アンジェリーナの人や動物を包む気持ちがすごくいい。

動物園を自転車で駆け巡って園の様子を見たり、一緒に(?)お散歩する…ラクダのような動物の光景が微笑ましかった。

息子のリシュ(やったかな?)がちょっとぽっちゃりしてて、ママって言ってても囲われてる子どもと思ったら我が子なことに、プチ衝撃を勝手に受けてました…ハイ💧

ヤンも無事で良かった!!
Mai

Maiの感想・評価

3.6

#69

世の中知らないこといっぱい。
この時代は本当にあったことなのか信じられないくらい残酷で冷酷で非道だけど
映画を通してそれを現実だったと認識できるから必要なんだとおもう
無

無の感想・評価

2.8
主人公が「リリーのすべて」のエディ・レッドメインに見えて仕方なかった。
AkihiroIio

AkihiroIioの感想・評価

3.5
シンドラーや杉浦千畝のような人は各国にいたんだ。まだまだ知らないことばかり。
まず権力を武器に無理やりキスするのは絶対ダメ。これは言いたかった。
「動物」というキーワード入っていただけで借りようと思ったのと、割りと評価が高く、もしかしたら泣ける作品かと思っていたので多少の覚悟はしていました。
単純に動物が好きな人には辛くなるような内容だと思われます。
序盤に銃声がかなり鳴り響きますし。そのシーンは観てるのが辛くなりました。
この作品の主役である動物園経営している夫妻はほんとに素晴らしいと思いましたし、勇気ある行動をしたと感心しました。実話なので生きるか殺されるかの瀬戸際のハラハラドキドキな展開もリアリティに感じられました。
第二次世界対戦下のポーランド、ワルシャワ
一つの動物園が300人ものユダヤ人を救った真実の話

匿っているのがバレたらどうなるのかを知っていながら、それでも一歩踏み出して行動をした話は初めてではないが、人間だけでなく動物まで助けようとしていたとは…

ドイツ兵により傷付けられた少女がウサギと触れあい流す涙にリアルさを感じてしまった。

これは戦下の話ではなく現代にも通じる。いじめや不祥事、パワハラ等、正しいことをするのが難しいからこそ歴史から学ぶことはまだ多い。

ちなみにこの動物園は現役です。
ポーランドについて知らない事が多すぎる。ワルシャワ動物園に行ってみたい
ちえお

ちえおの感想・評価

3.4
戦争中に正しいことを実行した人がいた。どの命も平等に扱う人がいた。こうして実話を映画化してくれることで戦争を知らない世代に伝えてくれることに感謝です。

冒頭でダニエル・ブリュールが出てきた時点で、「あーまたこの人やばいドイツ人役だ」と思ったのは内緒 笑

あらすじを読んでいたので「学ぶ」姿勢で鑑賞しました。動物も人間も、どの命も平等にと思うと現代でも通じるテーマですよね。
杉原千畝も観ないとだな。

個人的にですが…
役作りだと思うけど、ジェシカ・チャステインのうつむきがちで、か弱い話し方が苦手でして。こういう子いるよな…と冷めて見てしまった点を反省^_^