ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

yuki

yukiの感想・評価

3.7
動物が本物ということに驚き。
よく撮影できたなぁ、と思うシーンの連続。

話の大枠はホロコースト物のよくある感じだけど、本作の主役家族は環境がなかなかに恵まれていて、ユダヤ人保護も自分たちの資産をうまく活かした形でなされ、「泥臭く駆けずり回った聖者」という感じではない。
でもそれが「市井のリアルなヒーロー」といった感じで人間味があって響く。
夫が妻に言う「君は何も知らない」は辛辣で残酷だけど、正論かつ鮮烈。

最後に。このジェシカ・チャステイン、髪型のせいもあって過去最高にブライス・ダラス・ハワード。
せりな

せりなの感想・評価

4.0
第二次大戦中、ポーランドのワルシャワの動物園での実話を元にした作品。主演のジェシカ・チャスティンはプロデューサーとしても参加されてます。

動物とのシーンは基本的にジェシカが実際に動物たちと撮影をしていて、彼らに注がれている愛情がとてとリアルで、見ている側も幸せな気分になるくらい素敵なシーンでした。
その分ドイツの侵攻が始ってからの動物たちの事を思うととても辛かった。実際に体験したアントニーナの心情を思うと更にやるせなかったです。

ユダヤ人への迫害とドイツ軍の監視が厳しくなる中で、300人程のユダヤ人を匿い守ったアントニーナの強さと人や動物たちに注がれる愛情がとてもよく伝わる作品でした。

作中で西暦が表示される度に終戦迄まだこんなにあるのかと、見てて辛かったんだけど、当時を生きていた人たちはいつ終わりが来るのか、想像もつかなかっただろうからあの時代を生き抜いた人たちは凄いよ…

このワルシャワの動物園は今もあるそうなので、機械があれば行ってみたいな〜
舞台挨拶で拝見したジェシカ・チャスティンは優しいオーラ全開でとても美しかった!
アントニーナに負けないくらいつよく優しい人だと感じました。
観終わって、「これが本当にあった話なのか、、」と驚愕。

人と人との関わりがデジタル化している今だからこそ余計に、極限状態で命をかけて他人を助けるということのすごさを感じずにはいられなかった。
アントニーナとヤンがこの偉業を成し遂げたのは、動物と長い間深く接していたからなのだろうなと感じた。
本当に心を動かされる映画。
ラクダの子供がアントニーナと園内を巡回するシーンが好き!
gaaaa

gaaaaの感想・評価

3.8
ホロコースト系としては、珍しい終わり方。

あらゆる視点からホロコーストの映画を見てきたけれど、今作の彼女らは本当に恵まれていた。

この影にはどれほどの犠牲が…とやはり考えてしまうけれど、だけど何百人もの命を救った“勇気”と“信念”は後世に語り継がれるべき素晴らしい事実。

まだ他にも表には出ていない“ユダヤ人の救出劇”は存在すると思う。

娯楽としての映画だからこそ、隠れた事実を気軽に知れたり伝えたりできる。

映画の良さは、まさに“そこ”にある…
なんてことを戦争映画を見終わるといつも考えてしまう。
tayka

taykaの感想・評価

4.0
124分という尺でよかった。実話を語るなら、短い時間に詰め込まずにこれくらいゆとりのあるほうがいい。観るまでは動物園だけにフォーカスした感動物語だと思っていましたが、蓋を開けるとしっかり戦争映画でした。匿っていることがバレれば全員が殺されてもおかしくない状況で、アントニーナは武器を使わずして戦争という不条理に立ち向かう。ユダヤ人強制移住地区の荒んだ光景や無慈悲に撃ち殺される動物たち。誰もが間違っていると思いつつ、しかしながら自分の命を危険に晒してまで他人を助けることはできない。権力も無く、有名でもない一人の女性が愛と思いやりの力で正しいことを貫き多くの命が救われたことにシンプルに感動しました。

余談
ジェシカ・チャステインとダニエル・ブリュールの出演は知っていましたがイド・ゴールドバーグが出てきてテンション上がりました。さいきんお世話になってます(ラストタイクーンやピーキーで笑) 本作もかっこよかった。あの人には眼鏡かけたくなりますよね〜〜〜。とっさに嘘を演じるシーンさいこうでした。
史実としては偉業なんだけど、
この映画での描かれ方としては、奔走してるのは常に園長の方で、奥さんはふわふわお花畑な思考で周りに流されてるだけで、芯の強い聡明な魅力が感じられなかったので、特に奥さんにスポットを絞らなくてもよかったように思いました。
綺麗な洋服でいろんな動物を常に抱っこしてたり、金持ちが珍獣をペットにしてるような飼い方なのも気になった。

呼ぶと走ってくるアダムと
電車に乗せてもらうためにバンザイして待ってる小さい子達がかわいくてかわいそうでつらい。・(ノД`)・。



ジェシカ・チャスティンが個人的にどうしても女装のエディレッドメイン(リリーのすべて)に見える症候群から抜け出せません…💧
「実話に基づく」系は評価が高めになりがちな私だが、本作は微妙だった。
主人公アントニーナ役の女優の、繊細でこわれそうな演技が一番の報酬で素晴らしい。ストーリーは丁寧すぎるほど丁寧で分かりやすく大衆受けはしやすそう。
エンドロールにて事実が語られるのだが、そっちのほうがインパクトが強く、むしろ映画が霞んでしまう。邦題による壮大なネタバレがあるせいで、中盤までの展開が茶番に感じダレた。
ワルシャワ・ゲットーのユダヤ人を動物園に匿い助けた夫婦の話。洋画の日本語タイトル(=原作のノンフィクション本のタイトル)は今やここまでド直球に分かりやすくないとダメなのかとまずは嘆息。

内容的にはもちろん良いお話で、他のホロコースト作品同様、酷い・可哀想・戦争嫌だという感想も抱く。ただ、過去の名作群と比べると“それ以上の何か”に欠ける。新味や衝撃は無い。既視感も否めない。風化させてはいけないテーマなので、繰り返し再生産されることの意義はわかるんだけど。

ああ、まただ。

ホロコースト映画を余り観たことの無い、若い人に向けた作品なのだな、これも。既に自分が映画のメイン・ターゲットから外れていることをまたも痛感させられた。
shunta

shuntaの感想・評価

4.8
ユダヤ人を救った動物園の話。

シンドラーのリストや戦場のピアニストなど

ユダヤ人の迫害を扱う作品はやはり

重みがある。危険と隣り合わせの

レジスタンス。人を救おうと正義を貫く

姿勢は、どの作品でも胸を熱くする。

ゲットーから列車に乗せられる子どもの

顔を見ると涙が溢れてきました。
紫式部

紫式部の感想・評価

3.8
第二次大戦下のポーランドのワルシャワで、動物園を営む夫婦がナチスドイツ軍からユダヤ人を匿い逃がした事実の物語。

大戦下のポーランドはドイツとソ連に挟まれかなり悲惨な状況に有りましたが、その中で自らの命の危機をも省みず、ユダヤ人を救う姿に、命の尊さ、人間としての善き心と愛情の大きさを感じました。

動物園の動物達がどれも可愛らしかった!