ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

寿司屋

寿司屋の感想・評価

3.5
ジェシカ・チャスティン、めっちゃ健気…。こんな純粋無垢で大丈夫?心配になる。
はま

はまの感想・評価

4.2
戦争×動物×子供

やめてください(´;ω;`)涙腺が死んでしまいます(´;ω;`)

第二次世界大戦時に、ワルシャワ(ポーランド)の動物園で実際に行われていた「ワルシャワゲットーからのユダヤ人救出」のお話。
動物園を営む夫婦の立場から描かれています。

割合的には「戦争」が最も濃く、「動物」の出番はそこまでではありません。
それでも「子供」達と戯れる姿だったり、こう…戦争の影響を……動物が…

ああ(´;ω;`)

いやほんと冒頭から無理だったんですけどね、涙腺が、ああいう状況とか私ダメなんですよ(´;ω;`)動物ぅ

ゲットーのお話が関わり出してきて、ジェシカ・チャステインの演技が光り出してからは「よし、気を取り直して戦争映画として緊張感持って観るぞ」って思ってたのに、最後結局その「戦争」の内容で1番号泣してるんだから全方位涙腺爆撃待ったなし…

今作のジェシカ・チャステインすごいわ(;ω;)


あとはダニエル・ブリュールがどうせドイツ人将校で嫌な奴演じてるんでしょ、ってハナから思ってたら最初案外そうでもなくて「おや?」ってなった私
でもドイツ人将校はドイツ人将校だったね…

このレビューはネタバレを含みます

戦争の話、ドイツ軍の話は
重たすぎる。
アントニーナの勇気ある行動は
素晴らしく 感動する。
最後が迄で目が話せない
いずこ

いずこの感想・評価

3.0
実話を基にした映画。
ジェシカチャスティンが素晴らしかった。
ワルシャワ動物園行ってみたくなった。
mini

miniの感想・評価

3.0
2018年最後の映画にしました。
優しい勇気ある動物園経営者夫婦がユダヤ人を救うお話。
救われていく人もいれば救われない人もいてやりきれない思い。。
やよい

やよいの感想・評価

4.5
今年最後の映画。

ゲットーへ連れて行かれる前のユダヤ人を園内で動物達に隠し助けたのかと思ったら、そんなに甘くなかった現実。

素敵なご夫婦(とイエジク)の実話。
逃げ出せた中の2人は可哀想だったけど、ご夫婦と陰ながら支えたイエジクの行動は素晴らしいと思う。
家族が揃ってる幸せは本当に素敵なこと。
chihiro

chihiroの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

映像として、ドイツ軍から逃亡するユダヤ人をみると、当時のピンと張り詰めた恐ろしさが少しでもわかったような気がする。
どちらにせよ、客観的にしか見ることができないのだが…

前半の戦前のシーンに動物が多く登場する。爆撃され、銃殺される動物もたくさんいたが、どのように撮影しているのかが気になった。虎や象、その他多くの動物が本気で叫んでいるように見えた。

後半につれ、動物から人間(ユダヤ人)へと題材が動いていく。軍が園内に来た時に声を出さずに隠れるシーンはハラハラとしたものだった。

そして、本作全体を通して、主人公のアントニーナの強さと不安さが観るものを魅了する。

全体を通して、満足のいく演出、内容であったが、終わり方は無難であった気がする。
あの時代で行動を起こす事にすごく勇気がいるだろうし、素晴らしい夫婦だなと思った。
JPSProodle

JPSProodleの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この夫婦に立派や尊敬という月並みな言葉しか出てこないのが悔しい
人間は本当に醜いけど、それ以上に美しいと思わせてくれた
実話だけにハッピーエンディングであったことが本当に嬉しい

どちらも悪くないのに、2人とも苦しいのに、言い争い、その後愛を確かめ合うシーンは泣けた
(テレサさんはご健在らしい!)

2度と悲劇が繰り返されないように
世界が平和になりますように
安っぽい言葉だけど…

ワルシャワ動物園に行ってみたいという夢が1つ増えたなあ
ありがとうヤン&アントニーナ
動物園と戦争について。

戦争が起こると、
真っ先に動物園は破壊されてしまう。
檻の外へ出てしまうと危険なので
多くの猛獣たちが殺処分される。
日本でもやはりそうだったと聞く。
昔、保育園の遠足で先生に教えられたこと。
これは第二次世界大戦中のポーランド
ワルシャワ動物園で起こった出来事の実話。
園長夫妻は空っぽになったその檻に
多くのユダヤ人を匿って、命を救った。
とりわけ妻アントニーナが持つ母性は
動物たちを愛するのと同じように
分け隔てなく人間たちを守った。
そして彼女と対比される形で描かれた
ヒトラー直属の動物学者ルッツ・ヘックは
絶滅した動物の復元を夢見ていた。

この映画で描かれた一つ一つの
パズルのピースを掛け合わせて感じること。

人間が動物を支配している
という見方をしてしまえば、
動物園も倫理的に問題がある
と言えるのかもしれない。
でも動物たちを心から愛せることは、
命の尊さを知れるということであり
平和へと繋がるものなんだよと
この作品は教えてくれてるように思う。

Zoo is the peace.