ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

映画fan

映画fanの感想・評価

3.6
ノンフィクションらしいです。
第二次世界大戦中のポーランドの動物園でユダヤ人を匿ったり動物園経由で逃がしてあげたりしたオーナーのアントニーナと旦那さんのヤンという人の話。街中で問答無用にユダヤ人の頭を撃ち抜くドイツ兵相手に命がけの行為。自分には到底できない。
あまり感動も無く緊迫感も無く中の上くらいの感じだった。
babygrand

babygrandの感想・評価

3.8
劇場で適当に予告流れている時はてっきりヨーロッパの映画だと思ったから一番はじめにジェシカ・チャステインが出てきてビックリした。
(Wikiの情報だと、この映画自体 自主映画らしいが、、、どういうこと⁈)

ナチス・ホロコースト関連の映画として可でもなく不可でもない感じ。改めて「シンドラーのリスト」を演出したスピルバーグ監督ってやはりすごいんだなと実感した。

後半'ワルシャワ蜂起'の描写もあり、「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」がまた観たくなった。(中々ヘヴィだけど)

あと「グッバイ、レーニン!」から気になったドイツの俳優のダニエル・ブリュールは、自国の映画じゃないと大体嫌な(ドイツ人)悪役ばっかり任されるいるような気がした・・。
tai

taiの感想・評価

3.5
動物園の中でも結構兵士が巡回してたんやなぁ。
300人も救ったなんてアントニーナもそうやけど旦那のヤンも自らの危険を覚悟の上でここまで出来るなんてゴイゴイスーやわ!
2018 95本目

地球上不必要で愚かな生き物は間違いなく人間であろうと言わざるをえない。
動物を無差別に殺し、人間も殺し、地球をも破壊してしまう。

愚かな行為を一刻も早く止め、過去に学び、未来を考えなくてはならない。

戦争映画を観るといつもそう思ってしまう。

*あえて点数は付けてませんのでご了承下さい。
テキニ

テキニの感想・評価

3.8
動物園って題名だけで借りた
自分達も危なくなる状況で行動に移せるの勇気すごい。
ワルシャワ動物園いってみたい

再会の瞬間やばい(やばい)
度★★★★★
ユダヤ人をドイツから救った勇気ある人達の実話ってホントに素晴らしい!心の底から尊敬できる。映画としても面白かったし、映像が美しかった!もちろんジェシカチャステインも美しかった!
saeco

saecoの感想・評価

3.9
実話。
ホロコースト系は苦手な中、わりと観やすそうなタイプだったから観てみた。

映像的にはかなりやさしい映画だけどやっぱり苦手だった。
恐怖、悲しみ、苦しみ、痛みがずっと傍にある。

語り継ぐべき歴史として必要な話だと思う。
そしてやはり思った、ホロコースト系は観おわり劇沈する。笑
でもこの際だからと縞模様のパジャマの少年観ようか迷う。
ずっと気になってるけど観るの迷ったまま。笑
おデブ息子には腹立ったけども、総じていい話。程よい緊張感と、経営者の勇姿に心動かされた。300人救うって脱帽です。
mimo7391

mimo7391の感想・評価

3.9
どうか見つからないでとずっと不安な気持ちのまま見続けました。ラストのシーンで少し救われた気持ちになりました。
Yamamo

Yamamoの感想・評価

3.3
ワルシャワ動物園を経営する夫妻が多くのユダヤ人を救った実話。

ホロコーストの犠牲は人間だけではなかった…。

直接的な表現はだいぶ抑えられていたが、やはりホロコーストを描く映画を観ると胸が締め付けられる。

旦那のあの嫉妬も気持ちは分かる。