ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

vividvivio

vividvivioの感想・評価

3.9
動物もっと見たかったかなー。
奥さんいるのに手出しちゃうのはいいと思います。
みんなに観てほしい…などとおこがましい思いを抱いてしまうほど、なんというか…心が動きました

人は忘れっぽい生き物で繰り返し吹き込んでもらわなければ忘れてしまう大切なことがたくさんある 生きるものの美しさを知っていれば他の命を邪魔しようなんて思わないはずなのに 誰かを圧迫する人もまた不幸だ

不幸行きの汽車に乗せられる何も知らない子どもたちが「乗せて」と手を伸ばしてくる 自分は行き先を知っているのに乗せることしか出来ない このシーンは特に印象に残った

映像自体も美的感覚が素晴らしいので内容関係なくそこにも惚れました
そしてこないだ訪れた際興味を持ったワルシャワの歴史をたまたままた知ることができてよかった もう一度ワルシャワに行くときは健在の動物園に絶対に行く
Da

Daの感想・評価

3.5
実話に基づいたお話。
「シンドラーのリスト」がオーバーラップしました。
meooow

meooowの感想・評価

3.0
ユダヤ人やゲットーにまつわる話はいくつか見てきたが、こんなにも偉大な夫婦の話は初耳で、胸を打たれた。
また、動物たちとアントニーナがとても良い距離感で触れ合っていて、撮影現場の裏側を見てみたくなった。序盤の空撃のシーンや、街中に動物たちが放たれるシーン、そして首輪1本でチーターを連れ歩く兵士等、良く訓練された良い子達を集めて撮影されたのだろうけれど、その労力を思うととても丁寧に作られた作品なのだなと感じる。

作中で時の流れと共にどんどん自我が目覚めていく息子の存在が良いスパイスとなり、動物に癒やされながらも、中弛みなく緊張感が続いた。
アントニーナ強いし美しい
動物がどの子も可愛かっただけに諸々のシーン本当に辛かった…(;_;)
さかい

さかいの感想・評価

4.0
鑑賞前のイメージ、ナチスに抵抗した美談+動物ネタ、って実話にしてもちょっとコテコテぎみでは?とか思ってたけど甘かった。動物が殺されるのを見るのはきつい
(危害加えてませんテロップなかったけど大丈夫か?)
呑気に動物園やりながら大勢の人を匿えるわけなかった。そこは本来の住民たちが爆撃や殺処分のために居なくなった、死の動物園だった
ナチスが特別に非道だからではない、動物園のある国が戦争をすればこうなるに決まってる。似た事は日本でもあったし、この程度のこと、観る前から想像できなければいけないことだった。自分の想像力の低さに少し気が滅入る
パンフ売り切れ、もっとはやく観に行けばよかった。余っても腐るもんじゃなし大してかさばるでもなし余計めに刷ってくれてもいいのに

原題はズーキーパーズワイフ、ちょっと邦題のダサさが気になる。マイティソーバトルロイヤルとかは愛すべきダサさ、それも映画の風情やわびさびと思うけど
パッと思いつくだけでも、ハイドリヒを撃て、ヒトラーに屈しなかった、ヒトラーから世界を救った…いかにもナチスものでございのような題が多い。日本ではその方がウケるのだろうか?
人類が共有し続けるべき歴史の暗部を、ナチスだけが異常ではなく戦争をすればどの時代どこの国にも起こりうる恐怖を、どっかの遠い国の大昔の安易な悲劇や美談におとしめることにはならないだろうか
映画の内容が変わるわけではないし、考えすぎだろうか
ibuko

ibukoの感想・評価

3.8
とても強いです、この奥さん。
なかなかできませんよね。
この時代に起きていたこと。
美談としてじゃなく、残していかないと…。
jocx

jocxの感想・評価

4.0
ナチスからユダヤ人を救った話しはシンドラーや杉原千畝など有名だが、ポーランドの動物園でユダヤ人を逃していたことは知らなかった。ジェシカチャスティンの変幻自在の演技、そして動物を愛する様に人を愛する。命をかけて、人のの尊厳を守る。
人も動物も同じ様に愛するアントニーナと人を動物の様に扱うナチス。当たり前の様だけど人が人として生きられる事の素晴らしさを実感できる。感動と共に命の平等を考えさせられた。少し雑なカメラワークや展開もあるが観て良かったと思う映画でした。
momoko

momokoの感想・評価

3.7
その時代に“正しさ“を貫くことがどれだけ難しかったのか

Żabiński家族の功績が現代に残ってよかった
akasaka

akasakaの感想・評価

3.5
自らの命の危険を顧みず、多くのユダヤ人を救い続けた夫婦の深い愛情に心動かされる。
ただ、300人ものユダヤ人を救ったという事実が劇中からは伝わりにくい気が…