ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.7

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

momo

momoの感想・評価

-
所々泣かせにきているのが見え見えすぎて冷めてしまうシーンもあったけど、旦那役と動物園の飼育員役の役者の芝居がうますぎて、その2人をもっと推してほしかった
mk

mkの感想・評価

-
ほっこり映画だと思って何も調べず行ったら、開始10分ほどで動物園が壊滅し、戦時中が舞台の映画だと知った。
ダニエルブリュールがイングロリアスバスターズと同じパターンだが、よりキモくなっている。
ジェシカ・チャステインより脇を固めてる役者が良かった。
Rio

Rioの感想・評価

4.0
世界大戦中の実話がベースのストーリー。世の中にはホントにすごい人がたくさんいるもので、戦争の大変な中、こんなにたくさんの人を助けることができるなんて、ストーリー自体にも本当に感動したし、建物や衣装もすごく歴史的でリアルでこだわりを感じました。

主演のジェシカ・チャステインもキレイなのはもちろん、母としての強さや動物を守る強さ、人を助ける心の優しさといったすごく繊細な主人公の内面を丁寧に表現していたと思います。

戦争で苦しんだ人たちのストーリーはたくさん映画でこれまでも見てきたけど、動物園の動物たちも苦しんだり殺されたりと色々あったんだなぁと思ったし、動物の生き生きしたところや苦しむ姿などの等身大の様子もかなりリアルに描かれていたと思います。

いい映画を見た!
Ali

Aliの感想・評価

3.9
第二次世界大戦下のワルシャワ、動物園の園長の妻アントニーナと園長ヤンが身命を賭して大切なものたちを守り抜こうとした、実話に基づく作品。

淀みなくまっすぐな動物たちと生きてきた彼女だからこそ、ナチスの蹂躙強まる時代状況下であのような行動を取れたのかなと思える。

彼女の人間性もメッセージも、わかりやすく、しっかり伝わってくるように描かれていた。
|<