ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

やっほ

やっほの感想・評価

4.0
銃声音とともに消される命…あまりにも身勝手な理由で…
囲い込まれた中で日々過ごす“支配”され続ける恐怖が続く…
まだまだ男尊女卑ががあからさまな時代…
動物も人間も彼らにとっては変わりない…“罪悪感”もない…これも人間“らしさ”だというのか…
“人間動物園”か…
ただの“泣き声”も僅かな音を立てることさえ許されない恐怖と自己犠牲を強いる日々…
自己満足と使命感に“支配”された男たちには解るはずもない“支配”に耐えるしかない彼女たち…
思いの強さから本意ではない“背徳感”を重ね…気づかれ…取り返しのつかない事態へと変わっていく…
ほんの少し“描かれた”だけなのに…
彼女の真っ直ぐな思いに心が震える〰︎〰︎
思うがままに出せない感情だからこそ…
もん

もんの感想・評価

3.9

"正義の人"。


第二次世界大戦下のポーランドでワルシャワ動物園を運営する夫妻、ヤンとアントニーナが多くのユダヤ人を救った実話。

動物好きな人には酷なシーンが多く、戦争の被害者はなにも人間だけではないという事実を思い知らされます。


つい先日も「少女ファニーと運命の旅」「ウィンストン・チャーチル」を鑑賞しましたがこの時代のヨーロッパの話はこれからも尽きることがないでしょうね…

やっぱり私はホロコースト系のお話が好きと言ったら語弊がありますが、観なければと強く思います。
もちろんどの作品も目を塞ぎたくなるほど残虐なシーンが多いけど、それ以上にナチス、ヒトラーという圧倒的〈悪〉や〈脅威〉と戦い続けた人達の姿を見たくて。


みんなが絶望の中にいた時代に生きながら尚、手を繋ぐことを諦めず他人を思いやれる人達…そして希望に導いた人達。
彼らのおかげで今もユダヤの血は繋がれて悲しい歴史の中に一筋の光が見える。

こういう人達の歴史はもっともっとこうして世に広められるべきだと思います。
平和な時代に生まれたからこそ、私達は知ることでこの平和を噛みしめなければならない。

地下室の壁にあれだけ描かれた六芒星を見ながらアントニーナを拷問することなくガサ入れのみに留めたヘッグは戦時中のドイツ将校としては善人な気がする。

アントニーナへの恋慕ゆえですかね。

ポスターやタイトルからするとまるで動物園の女主人がユダヤ人救済活動を行なった話であるが、(それはそれで間違いないんだけど)どちらかというとこれって『ユダヤ人を救った動物園とヤン、そして妻のアントニーナ』が妥当ではないか?

作品を観終えて思う。

動物園地下でゲットーからユダヤ人を連れ出し、匿い、安全な地へ移す。
この一連の行動を発案したのも行動したのもアントニーナの夫であるヤンだ。


ユダヤ人達の境遇に心を痛め、行動を起こそうと提案したヤンに対してアントニーナは「友達1人匿うのとはわけが違う」と当初は止めてさえいた。

もちろん彼女の貢献と勇気だって並大抵のものではないのは映像からヒシヒシと伝わる。その愛情深さも、思慮深さも。
ジェシカ・チャステインの眼差しの演技は素晴らしかった。日夜、ナチス軍の目と鼻の先にいながら屋敷内でユダヤ人を隠し通したというのはすごい。

それでも、なんというかピントのズレを感じずに得ない。これは夫婦揃って讃えられるべき話だったはず。
内容はもちろん尊むべきものだけど、
焦点がよく分からない映画でした。
しずく

しずくの感想・評価

4.0
勇気のある、愛のある家族の実話。
こんなにたくさんの命を救ったなんて凄いです。敷地内にはドイツ軍が出入りしている中、匿っているのは恐ろしかったと思います。
列車に乗せられる時の無邪気な子供たちに胸が締め付けられました。
ナチスを題材にした作品はいくつも観ていますが
まだまだ知らないことが多いです。
ナチスドイツのユダヤ人迫害からユダヤ人を救おうとした動物園を経営する夫妻の話。タイトルから動物園がメインになるかと思いきや、最初の方のみですね。動物好きとしては動物が殺されるシーンは心が痛い…。

他の映画よりも描写は少しマイルドでしたが、このテーマの映画は心が重くなります…。個人的には可もなく不可もなくという映画でした。
重い内容でした、実話という事もあり、動物たちが殺される場面は心痛みました。
n

nの感想・評価

-
良作。ナチス関連の映画は毎回精神的ダメージをくらうけど、それでも過酷な状況下でも生き抜こうとする人間の強さであったり、人と人との強い絆を感じられるから観てしまう。ワルシャワ動物園いつか行ってみたいな
のぎ

のぎの感想・評価

4.1
・ピアノで危険や安全を知らせた…ってのはテレビで聞いたことあったんだけど、それと同じ話だって途中から気づいた。
・映画として面白いかとかは考えられない。繋いでいかなければならない歴史って感じ。
・説明を全然してくれないので、多分知ってる人が観たらもっと情報を受け取れるんだと思うけど、だから映画が悪いとかじゃなくて、それが当たり前の文化があった、ある、説明しなくてもわかる人たちがいるんだ…と実感させられる。
美央

美央の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こういうお話は基本的に途中で飽きてしまって携帯をいじったりなどして見てしまうのですが、今作はそんなことなく目が離せないお話でした。
過激なアクションなどが起こるわけではなく単調な感じがしますが、その中でもさまざまな人たちの心の描写がされていて、涙が止まりませんでした。
絶対ヘック氏とアントニーナで何かがおきる!!と思っていたのですが、思っていたよりも、ヘック氏が良い人だった気がします(笑)
ユダヤ人と聞くとみんな死んでおしまい、と思いこんでいましたがそうではなく、私としてはうんと納得できる終わりでした。私の中ではハッピーエンドだったかな、と。
vanilla

vanillaの感想・評価

3.8
やっぱジェシカ・チャステインは声可愛い。
きつい女性の役が似合うけど、こういうのもいいなあ

“正しいことをする”ってとても難しいね。正しいってなんでしょう。