ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

mist

mistの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

占領下ポーランドでユダヤ人をゲットーから救うために力を尽くす動物園オーナー夫妻の物語。凄惨なシーンはあんまり出てこなかったけど、動物が怖がったり死んだりとか、何もわからない子供が暴行されたり輸送列車に詰め込まれていく様はほんとうに辛かったな。やるせない。

仔ライオンと戯れるアントニーナ、生まれたての仔象を助けようとするアントニーナ、ドイツ軍からの暴行で心を閉ざしてしまった少女にウサギを預けるアントニーナ、聖母だった。人間よりも動物たちの気持ちの方がずっと分かる、ていうスキャマンダー先生タイプの人だった。チャスティンには珍しい役かも。

ドイツ軍から暴行受けて心身ともにぼろぼろになった女の子が少しずつ喋るようになって、ついに名乗った瞬間にボローッて泣いてしまうアントニーナ、泣けた。泣くよねあれは。よかった。あの子のとやりとりがとてもよかった。誰もが生き延びることはできなかったけど、みんな再会できて、とてもよかった。

ダニエル・ブリュールさん出てること知らなくってオープニングのクレジットでびっくりしたんだけど今回は(も?)なかなかにクソ野郎で面白かった。この人も無限だよなあ。母語は独語・スペイン語のはずなのに英語も全く問題なく緩急、行間つけられる。貴重な人だ、頑張ってほしい。にしてもちょっと太ったね?
のこ

のこの感想・評価

4.1
今 どの監督も使いたい女優№1ジェシカ・チャステイン!
「女神の見えざる手」では氷の ように冷たく頭脳明晰で野心にみちた強い女を演じ切ったの対して~

この作品では 優しい口調で愛に満ちた可愛い女性役を
夫と動物園を経営!
家族をそしてユダヤ人を動物園にかくまって優しく救いの手を差し伸べる~
また 冒頭の生まれたての赤ちゃんゾウの命を助ける姿や
2匹の赤ちゃんホワイトライオンをあやす彼女!
こういう温かい役もぴったり!

実話で この家族の娘さんのテレサさんのお話しに寄ると
お母さまは動物園での仕事中でも いつもスカートを履いて女性らしい服装で働いていた 
ジェシカも素敵なワンピース姿が多く ファッションも見どころ。
第2次世界大戦下のポーランド
ナチスドイツに迫害され 強制居住区域に暮らすユダヤ人たちを救い出しては動物園でかくまって~
次第にナチスドイツの警戒は厳しさを増し彼らにも危険が迫る~
武器を持たず 愛だけで多くのユダヤ人を助けた
ヤン(ヨハン・ヘルデンベルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)
ドイツ軍将校が彼女を気に入ってしまい 夫にも責められながらも 何としてもユダヤ人を救いたい一心の彼女の思いは純粋で このドイツ将校のご機嫌を取らないと地下にいるユダヤ人の存在がわかってしまう~
揺れ動く彼女の心は戦争の板挟みで可哀想でした!
また爆弾が落ちて動物が逃げる~その動物たちを次々撃ち殺していく残酷さも切なかった!

戦争の悲劇と 愛と感動の実話を是非お時間がありましたらご覧ください。

コメント1
misuzu

misuzuの感想・評価

3.5
ナチスのホロコーストについての実話を元にした映画。
難を逃れ生き残った人達の物語なのでそこまで悲惨な印象はなく、それよりも人間の身勝手に翻弄される動物達の姿に胸が痛くなりました。
ジェシカ・チャステインの動物達と心を通わせる様がとても美しかったです。
なべ

なべの感想・評価

3.7
実話を基にした物語。第二次世界大戦期 ドイツ・ソ連に占領されたポーランド ワルシャワで、ユダヤ人を救うために奮闘した夫妻を描いた作品です。私がFilmarks2017に選んだ『女神の見えざる手』で主演を演じた《ジェシカ・チャステイン》が全く異なるキャラとして出演してました。

理不尽に射殺される動物達、激化する抗争、不安やすれ違いからくる夫との険悪な関係…どれも理不尽な境遇に胸が痛みました。ヒトラーとスターリンが不可侵条約を結ぶ事でポーランドに侵攻、その結果爆撃により動物園は壊滅状態、ユダヤ人は隔離地区に収容され動物園は実質ドイツ軍の占領下に。普通なら命を惜しんで国外退避をするのが当たり前ですが、この夫妻は敢えて動物園に残り 1人でも多くの人々を救おうと考えた訳です。尋常じゃない覚悟と勇気ある行動に感動…だけじゃ足りない、感服です。

ホワイトライオンの赤ちゃん可愛すぎ💦
描く第2次世界大戦中、ナチス占領下のワルシャワで、動物園の中でユダヤ人を匿って300人もの命を救った夫婦の実話。

子供も大人も楽しみ憩いの場となっている動物園が、突如ドイツ軍に占領され、動物たちが虐殺される凄惨な状況下、
園内にある自宅の地下に多くのユダヤ人を匿う、まさに薄氷を踏むような日々に戦慄する。

シンドラーは有名だが、この夫婦のように、まだ世界中では知られていない勇気ある人々がいるのだろう。

英雄とは、強靭な肉体や特別な能力を持っている人間ではなく、ただ、目の前にいる人々を助けたい一心で自らの危険も顧みず善き行いをする普通の人にこそふさわしい称号なのだと思う。
ハッピーエンドのホロコースト映画
ホロコースト映画苦手な人も見やすいはず。
シンドラーのリスト、ソハの地下水道、そしてこの映画
シンドラーのリストから、これらはもはや一種のジャンルなんでしょうか。

と皮肉めいた書き出しをしたけど、非常に良かった。ドイツの占領下となりユダヤ人迫害が始まったポーランドでユダヤ人を命がけで救った家族の話。原題よりも邦題が合ってます。この邦題、素晴らしい。

ただ、これもシンドラーのリストのように批判されるんでは無いか…表象不可能性の問題を孕む。これは後世に残すべき実話であり、映画である、とも言える。けれど、実話とはいえ脚色まみれ。私たちに当時の陰惨さは到底完全な理解できないし、ドラマ仕立てにすることで同情を煽っているという見方もできる。

ここ最近表象不可能性について命題に色々考えているので私にはこの映画より「否定と肯定」が合うかなあ。
2017年108本目

この映画で初めてアントニーナたちのことを知ったけど、まだ広く知られてない彼女みたいな英雄もいっぱいいるんだろうな
新居

新居の感想・評価

3.8
自分達が危険にさらされながらも何人も匿うことはなかなか出来ないと思います★
主人公夫婦の動物や人に対する包みこむような優しい愛情に感動しました☆
ジェシカチャスティンの映画にはずれなし♪ヽ(´▽`)/
なかなか出来ることではない。ジェシカチャンステンのまた魅力が、増しましたね。
Sasada

Sasadaの感想・評価

3.9
夫婦愛、人種差別、脱出劇。

120分そこそこの映画にテーマがてんこ盛り。その分どれも中途半端になった感は否めなかった。

ただ、名前も知らないユダヤ人のために命を投げ出す夫婦(ここ大事。決してzookeeper's wifeだけじゃない)の姿には胸を打たれたし、ジェシカチャスティンにハズレなし。