ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

vary

varyの感想・評価

3.7
February 23rd

Jessica Chastain主演作品。
話の内容は、もう半端ないぐらいよくて、最後の最後には涙なしには見られない作品でした。

タイトルにもある通り、動物園を営む夫婦の話です。そして、邦題にもある通り、第二次世界大戦下のユダヤ人の虐殺に関係するBased on True Storyです。

動物園を経営する夫婦の美しい時間が、オープニングで描かれ、これは期待できるな!と思って見ていました。戦争が始まり、動物たちは殺されたり、ドイツに連れて行かれたりと、動物園ではなくなってしまいます。そこから、ユダヤ人を救う物語が始まるのですが、とても脚本は素晴らしく、監督のやりたいことも伝わってきました。家族という存在と、人間ひとりひとりを愛するということ。その疑いのない愛情を描いています。

中盤から、クライマックスにかけて、年代が数年飛ぶのですが、そこが少し惜しかったかな。ジャンプカットやモンタージュを多く使いながら、時代をスキップしていくのですが、クライマックスに向かうために少しずつストーリーが深くなっていくべきなのに、そこで急に浅くなってしまっていた印象。しかも、それが深くならないままAll Lostにはいってしまうから、ちょっともったいなかった。事実に基づいた話だから、時間の経過を描かないと、つじつまが合わないところがあるのはわかりますが、そこは編集の仕事。編集がいかに、前後でストーリーのフローをつなげていくのか、テンションを高めていくのか。そこがなんかリズムが合わなかった気がしました。

カメラも、なんか首を振っているような感覚になる程、フレームがアクションに追いついていなかった。映画として重要な二つの要素を大切にできれば、もっといい作品ができたんじゃないかと思います。
300人のユダヤ人を救った家族の話。命を救うための命がけの活動ー。
ゲットーでのユダヤ人の扱いは悲惨なもので、死体が道に転がっているのが当たり前というありさま。戦争はもう起きないことを願いたい。日本もできれば、軍事費なんかにお金を使うのではなく、国民が幸せにつながるような使い方をして欲しいものだ…

出てくる動物がみんな可愛くて、アントニーナが仲良くしてる姿が羨ましかった笑笑
miki

mikiの感想・評価

4.0
300人も救ったって凄い
命を賭けるって
こういう事だと思う。
映画として、どうだ?と
いうより、あの絶望的な あまりに
苦しいホロコーストの事実を、
留める為の映画として、
観賞しました。突っ込みたいところは、ありますが、
あの時代にとてつもない、
リスクを越えたあの夫婦の行動は、こうして伝えていくべき
ものだと思います。
その意味で、素晴らしい映画でした。
演技が好きな女優3本指に入れたいのがジェシカ・チャスティン。本作でも相も変わらず素敵だった。

映画自体は実話モノらしく、殻を破りきれぬ出来。実話なのだから、こうなるのはまぁふつう。
息子の行動には笑えた。
ジェシカ・チャステインの振り幅よ

ダニエル・ブリュールがもっと胸糞わるい役かと思ってたのでちょっと救われた。
わざわざ英語ってのが違和感。
(はいはいダニエル目当てですよ)

ジャビンスキ夫妻がこの後で野生のバイソンの繁殖に成功したの
トリビア知ってるとちょっと見方が違う

いろいろ脚色されてると思うけど
映画で知る史実
無駄ではないと思う
mktknk

mktknkの感想・評価

-
機内鑑賞。ジェシカが美しすぎて現実感が無く感じられた。機会を改めて観直したいと思っています。
maco

macoの感想・評価

3.9
戦争の中で強く自分の思いを貫ける人って素敵です
ちょうどアンネフランクの義姉の本を読んだとこだったので、助けようとして途中で折れてしまう人も多く、その精神力はハンパではないのだと思います

途中、息子の行動には「息子〜〜❗️」と突っ込みたくなりましたがw
ryosushi

ryosushiの感想・評価

3.1
良くも悪くも、戦争を題材にした普通の映画。心に残るかといわれると微妙なところだけれど、最後まで興味深く観れた。
実際に300人以上のユダヤ人を救出したとのこと。映画で描かれるのはどう見積もっても数十人。もっとうまく描けなかったのかと不思議。非常にいい題材なだけに残念。感動的なストーリーでありながら、涙は出なかった