ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

すぽ

すぽの感想・評価

3.8
ワルシャワ動物園を運営する夫人を中心に語られる、ユダヤ人を匿い助けた実話を基にした物語。

ゲットーやポーランド市街地の描写が思った以上にリアルだった。

ジェシカ・チャステインのぽろりシーンなど、シリアスな部分以外の見所もあった。
aya

ayaの感想・評価

-
パッケージに惹かれて借りたので、内容はそこまで期待せずでした。
が!!意外にも良かったです!!!!
ユダヤ人とか戦争の時代の話なので小難しいものかと思いきや、すごく観やすい映画でした。ワルシャワ公園に行ってみたくなる

主人公のアントニーナが綺麗で可愛い!女神の見えざる手で気になってた
YukoMiyata

YukoMiyataの感想・評価

4.0
事実に基づくお話。極限の状況で信念と愛と勇気に満ちた夫婦、特に奥さんの姿に感動した。ジェシカ・チャステインはこういう演技も見事にこなすんだなと感心。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.5
ポーランドのワルシャワ動物園を営む夫婦が動物園経営の裏でユダヤ人を匿い多くの命を救った実話を基に作られた作品。

ホロコースト作品の中で取り上げられるのは大部分はやはり人間ドラマなだけに動物たちを取り上げた作品は初見。人間でさえも生きることに苦難を伴う時代。そんななかで当たり前のように爆撃で人の手で、命を奪われていく動物たちの運命が悲しい。
善が勝つ人々が他人の目を欺かなければ生きて行けなかったこんな時代。多くの人々が覚悟を決めなければいけなかった。ナチスの独裁政権のなかでそれに抗おうと必死に信念を貫こうと人々がいた事実に救われる。

今も残るワルシャワ動物園にこんなに苦しく優しい歴史があったこと、またひとつ勉強になった。
戦争映画は銃撃爆撃シーンばかりで、あまり好きではないが、この物語は、戦闘シーンは少ないけど、ナチに見つからないよう隠すシーンとか、死と隣合わせの
緊張感が充分に伝わった。
美しく聡明な奥さん。そりゃ
旦那、焼きもち焼くよ。
ラストシーンは、かなり好きです。動物園と戦争といえば、子どもの時、読んだ絵本「かわいそうなゾウ」思い出した。
ゆぴ

ゆぴの感想・評価

3.7
ジェシカ・チャステインが愛に溢れてた。
動物園行ってみたいな🐘
QTaka

QTakaの感想・評価

3.3
ポーランド、ワルシャワでナチスたちに立ち向かった人々の姿を描いた一本。
多くの子どもたちに優しく語りかけたコルチャック先生も登場する。
.
原作は、ノンフィクション。つまり、事実を元にした映画ですね。
ボーランドの首都ワルシャワの動物園。
時期は、第二次世界大戦。
ナチスの進行と、占領により、生活が徐々に歪んでゆく。
ナチスによるユダヤ人迫害は、占領したポーランドにおいても行われ、ゲットーに隔離されるようになった。
共に、日常を過ごしてきた仲間が、ゲットーへ送られていく。
そんな中で、彼らとのつながりをどうするのか、助けるのか、見過ごすのか。
それは、まさに、その時その場所を生きた人々の苦悩そのものだったのだろう。
映画には、ゲットーの様子が描かれている。
危険を冒しながらの救出や、一方で非人道的に扱われる人々。
.
ゲットーでは、後の世に大切な人となる、コルチャック先生の姿が描かれている。
子どもたちと共に生き、やがて子どもたちと共に収容所で最後を迎える。
その姿が、駅で子どもたちと共に貨車の中に消えてしまう。
その姿をここに描いたのは、この人物が、ポーランドにとって、あるいは、現代を生きる私たちにとって大切なことだからだろう。
.
舞台の中心となる動物園では、占領したナチス軍が動物たちを次々に撃ち殺す。
それは、他の映画や文章で記されているように、人に対しても同様であった。
そんなことがあるかと思わせることが、まさにここでも動物たちに行われていた。
.
1944/8/1 ワルシャワ蜂起で戦う市民
その反撃も叶わず。
さらに、ソ連赤軍が進行、占領する。
ポーランド市民は、まさに戦火に晒されて、終戦を迎える。
ポーランドの第二次世界大戦が、そのままこの映画の中に凝縮されているようだ。
.
迫害されるユダヤ人を救う話は、日本人の杉原千畝氏やシンドラーなど映画や書籍になったものがある。
それらにも有るように、目の前で起こっていることから目をそらさず、そのことに対して行動した人は少なくなかったのかもしれない。
しかし、それらが、いかに危険なことであったのかということも事実であり、そういうことも含めて映画には描かれている。
.
何があったのか、よりも、人々はどうしたのか、について目を離すことができない一本だった。
#124
やっぱり実話を元にした作品は心打たれますね。あんな戦火の中、身の危険を承知で誰かの為に行動する勇気。すごいと思う😌あと、何も罪のない動物たちが可哀想だったなぁ〜。ホント、戦争って何の意味も持たない😠
優しくて芯の強いアントニーナと、冷静で勇気あるヤン。二人によって多くのユダヤ人が助けられたという。自身の子供達まで危険にさらしながら、見知らぬ人々を助けようと行動する。とても私にはできない。

ハラハラして座って見ていられなかった。
いや〜やっと観られました。
思っていた通りの内容だった。
が、思っていた以上に感動した。

自分たちがどれだけ危険な状況に
なろうと300人ものユダヤ人を
救うなんて。しかもそれが実話なんて。

1番辛いシーンは折角救った命が
失われるシーンだね。
本当に心が苦しく悲しくなった。
何て無慈悲な時代なのだろうか。

今の時代が良い時代がどうかは
わからないけど、
映画の中の簡単に命が
奪われる時代と比べたなら
今は良い時代になったと思う。

素晴らしい映画。