ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

umetono

umetonoの感想・評価

3.9
the Zookeerper’s wifeってなかなか安易なタイトルだけど、本当のヒーローのお話とはこういう地道で、勇気のいる事なんだなぁと、私はアメコミファンだと大きな声では言うのが恥ずかしくなる作品。
何しかイエジクが、、、皆んなが、、
朧げな記憶だがライフイズビューティフルを彷彿とさせる最後だとおもいました。
ジェシカ・チャステインって、こんなチンマイ声で話す女優さんでしたっけ?もっと、宇宙的な、ホラー的なイメージが、、、
実話モノ。動物園にユダヤ人を匿い、助けた夫婦いたのを初めて知りました。ハラハラしながら観れたけど、些か淡々としていてちょっと飽きた。夫婦のパワーバランスがいまいちよく判らなかったです。しかし主演のジェシカさんは映画によって雰囲気がガラリと変わって凄い女優さんですわ。
ほのぼのとしたオープニング。駱駝?と一緒に主人公が自転車で…心和む動物園の朝の一幕。それが戦争で、一気に悲惨で殺伐とした雰囲気、光景に。動物達も戦争の被害者。ナチスのユダヤ人に対する仕打ちが酷い。特に少女に対する兵士2人が…映画(作り物)ってわかっていても、怒りを覚える。その少女の心の回復が救い。どこかへ連れ去られて行くユダヤ人…ヤンが子供達を貨車に乗せるシーンが切ない。動物を撃ち殺すドイツ人動物学者…動物を商売道具としか見ていない?最後の子供を撃ち殺さなかったのは、少しは人間の心が残っていたとか?
matsu

matsuの感想・評価

-
去年の年末忙しくて観に行かなかったのが悔やまれる。めちゃくちゃ良かった。「ヒトラーを欺いた黄色い星」も良かったけどそれ関連のシーンも出てきて思い出した。ワルシャワ動物園に行きたい。今一番行きたい国、それはポーランド。
これが実話ということが凄い。動物達の演技も素晴らしい。実話を元にしているので、話が少し単調な感じもあり、もう少し時間を短くしても良いのでは。
当時の状況を考えれば、ヤンとアントニーナ夫妻の勇気は素晴らしい。いつばれるかもしれないというの緊張感の中での行動には感動させられる。そして、戦争の悲惨さをひしひしと感じさせられる作品でもあった。
caadaccha

caadacchaの感想・評価

5.0
すてきな映画だった。
ナチス支配下の時代、胸が締め付けられる様な辛い描写もそれが現実だから余計辛い。
ユダヤ人を匿っての生活は見てるだけでも息ができないほどに緊張感あった。
実際にはこんなものではない悲惨で壮絶な毎日だったのでしょう…
そんな中での彼女と家族の勇敢な姿、本当に心動かされました。
モ

モの感想・評価

3.9
当時ワルシャワではこんな状況になってたんだと思うと、言葉に表せないし、みていて辛かったです

そんな中、夫婦がとった行動は素晴らしいことだし、とても勇気のいることだったと思います。

実際にワルシャワ動物園行きたくなりました!!
liam

liamの感想・評価

3.4

実話を元にした映画。ジェシカ・チャステイン主演。

1939年の秋、ドイツのポーランド侵攻により第2次世界大戦が勃発した。ワルシャワでヨーロッパ最大規模を誇る動物園を営んでいたヤンとアントニーナ夫妻は、ユダヤ人強制居住区域に忍び込み彼らを次々と救出。ユダヤ人たちを動物園の檻に忍びこませるという驚くべき策を実行する。夫婦によるこの活動がドイツ兵に見つかった場合、自分たちやわが子の命も狙われるという危険な状況にありながら、夫婦はひるむことなく困難に立ち向かっていく。

動物園を営む夫妻が主人公なので、序盤め動物が沢山でてくるんだけど、動物が死ぬ系は弱いから観ていて本当に悲しくなるし辛い。

全体的に良い話で、感動もする。なんだけど、単調に思えてしまうところもある。緊迫しているシーンや心打たれるシーンは確かにある。
ただもうちょい上手く見せて欲しいなって感じ。
途中からアントニーナに対してヘックが好意をもつことで少しこじれるのも個人的には邪魔だし、秘密のバレ方も残念。

一個一個の危ないシーンの緊張感がないというか、あまり感じないのは監督の意図だったのかな?本当に起こったことだからへんに煽らなかったのかな。

コルチャックが子供を見捨てずに最後まで付き添い、亡くなってしまったのは観ていて辛かったし、その時代には勇気を持った人間が多数存在したんだと思い知らされた。

ハッピーエンド感があったのは良かったが全体的に薄味。心を強く動かされはしないかな。
第2次世界大戦中ナチスドイツから
迫害を受けていたユダヤ人を自身の
動物園に独自の方法で匿い300人を
救ったヤンとアントニーナ夫婦の
勇気ある実話の映画。
もうずっとドキドキが止まらなくて
ラストにホッと涙が溢れた。
イエジクが映ると心から安心した。
思わず目を背けたくなるシーンも
映画だからまだ美化しているのよね
色々考えさせられました。