ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 41ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

てた

てたの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最近、こういった史実の映画は脚色の範囲を想像するのが楽しくなりました。

面白いは面白かったです。
列車にユダヤ人を乗せるシーンで小さい子供がバンザイするんですが、あれを見たらとても悲しい気持ちになりました。
こういうシーンを見るたびに、シンドラーのリストを見なければならないという気持ちになります。

で、じゃあこの映画がアントニーナの映画だった理由は何なのでしょうか?
この映画で撮られていたのは夫人の英雄譚だけではなく夫の活躍でもあるとおもわれ、であればクソ長い邦画にも原題にもついている、夫人を主人公にした意味はなんなんですかね?
夫人が最後にユダヤ人を逃したから、そこまで撮りたかったからなのかな?
どうも腑に落ちない。
莉愛

莉愛の感想・評価

3.4
うーん……

映像も綺麗で、動物たちも可愛くて、ノンフィクション作品としては凄くいい話だとは思いました。


でも、全体的に見て演出や見せ方がなんというか納得いきませんでした。

なんて言うんだろう、話としては感動するし少しうるっとしたんですが、ちょっと単調というか。
見せ方が退屈で長く感じてしまう部分もありました。

もっと上手く展開、演出していたら更にいい映画になったと思います。


それでも、実際にこのような夫婦がいたんだと思うととても胸が熱くなりました。
着眼点はとてもよかったです。
ユダヤ人を自身の動物園に匿った夫婦を実話に基づき描いた作品。
『女神の見えざる手』のジェシカ・チャステインが全く違う雰囲気で演じています(今回の方がセクシーだったなぁ)。

最近ユダヤ人迫害の映画多いですが、これはまたちょっと違う視点で描いています。
なかなか良いんだけど、ラストが駆け足な感じが残念でした。
副題も不要な気が…。

そこまで酷いシーンはないので観やすいかと…動物が無差別に殺されるのは辛いですが…。
リョウ

リョウの感想・評価

3.0
予告では見なかったがダニエルブリュールも出ていた。
序盤の動物の殺戮シーンから最後まで辛い描写が続く。
ジェスカチャスティンは今年「女神の見えざる手」でも熱演していたが今回の役もとても良かった!
ナチスからユダヤ人らを救った動物園経営者夫婦の実話ベース作品。

オスカー・シンドラーや杉原千畝以外にもこういった方々は結構いるんですよね。
親友のユダヤ人が強制連行される事がきっかけでユダヤ人らを匿う事になるわけですが、その前に空襲で動物園の動物らのシーンですでに私はウルウルでした。
いくら動物園の動物といっても猛獣には変わりないし仕方ないのかもしれませんが…何ともやるせない気持ちに。

そしてナチス兵の少女に対する傍若無人さは本当にゾッします。
ユダヤ人を匿うという“正義”から家庭内がギクシャクする様も辛かったですね。
“女”を武器にするつもりはないのにそうせざるを得ないというか。

戦争の悲惨さを知る上で大切な作品のひとつではないでしょうかね。

【TOHOシネマズ モレラ岐阜】
akiko

akikoの感想・評価

4.0
オイオイ邦題。。。これから観る方には、ぜひ原題The Zookeeper’s Wifeとしてこの作品を観て欲しい。

ポーランド・ワルシャワ動物園を営みながらその地下でユダヤ人を匿い続けた夫婦の物語。冒頭の爆撃による動物園の破壊ですでに涙、前半にはそういった揺さぶられるシーンが所々に散りばめられていた。(むしろ後半の方は若干のスピードダウンを感じた)

信念を持って他人を救う中で、互いの愛への疑いが2人を妨げようとする。”you don’t know”と言い合う2人の目には不安があるのみ。残された動物とユダヤ人の友人らを救うためだった冷や汗モノの駆け引きは、夫にとっては男との戯れにすぎない。こうした彼女の不本意な葛藤などが題名の 『動物園主の「妻」』という部分に込められているように思う。

しかし多くのユダヤ人を救おうと試みた一連の行動は、妻だけのものではなく夫の力もあり、その2人の関係性は平等である。


激しい戦火、ユダヤ人への厳しい扱いの描写を見ながら涙するなかで、この戦乱の時代は泣く暇もなくただ逃げなければ、耐えなければならなかったのだと思うとやるせない気持ちになった。

ホロコーストについて描かれた映画を好みこれまで見てきたが、この映画もまた秀作だった。
ナチスからユダヤ人を救った夫婦の物語なんだけど、放題ではアントニーナオンリーなのは何故?

実話に基づいた話との事ですが、冒頭の象の赤ちゃんのシーン。あれに妙にセクシーさを出したのってヘックの心がアントニーナに惹かれていく描写として必要だったのかな。モヤっとした。

スリルや号泣を求めて観たわけじゃないので地味に話が進むのはまぁよしとしても、全体的に薄っぺらく思える。
てるる

てるるの感想・評価

3.5
追記。
みーこさんのコメント書いてるうちに、この映画を観て感じた違和感が分かりました。
それはアントニーナの動物達に対する矛盾。
オープニングでゾウの子供を助けるシーンは凄く良かった。
そして戦争が始まる前は「動物園から離れない!」て言ってたのに、いざ攻撃受けたらあっさり逃げるわ、戻ってきて殺された動物たちの処理は他の人任せだわ。
途中下手な痴話喧嘩シーンとか入れるよりも、もっと動物達を慈しむシーンを随所に入れるべきだったかな。
後半はもう動物あんまり関係なくなってたし。
--------------------------

テーマとしては申し分無いほど素晴らしい。
でも観終わった後に感じたのは消化不良感。
もう少し見せ方、描き方ってもんがあったろうに…。

監督の力量なのか、脚本が悪いのか、ストーリーのぶつ切り感が酷くて、登場人物たちの心の動きが読み取りづらい。
もう少し心の動きを丁寧に見せて欲しかった。

演出も良くない。
わざわざ映画的な脚色をして、本来ここでハラハラすべきなんだろうなってシーンで全くハラハラしない。

例えば息子がいきなり街に現れるシーン。
これ今まで息子の葛藤がほとんど描かれないので、「ちょ、おま、何してくれとんねん!」というイライラしか残らない。
この息子、序盤の可愛さに比べ、容姿にしろ行動にしろ後半の劣化ぶりがヒドイ。

それでも最後まで観られたのは題材とジェシカ・チャスティン、ダニエル・ブリュールのおかげ。

この映画は序盤の動物達が撃たれるシーンと、中盤の子供たちがバンザイして列車に乗せられるシーンがクライマックス。
ここは泣ける!

杉原千畝やシンドラーと同じく、語り継がれるべき物語なので映画化したことには意味があるのは確実。
でも「シンドラーのリスト」のように名作足り得ないもったいない作品になってしまいそう。
ま2だ

ま2だの感想・評価

3.3
ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命、観賞。

この長い長い、介護精神に富んだ邦題に、本作を感動ものとしてプッシュしようとする日本の配給会社の涙ぐましい努力が窺えるが、原題はZookeeper's Wife。本作の美徳は長い邦題がミスリードし、覆い隠している部分にこそある。

これは戦時下のある夫婦の物語。ごり押しの感動だけがヒューマンドラマを醸成するわけではないのだ。

ナチス統治下のワルシャワで、ゲットーに送られたユダヤ人たちを密かに動物園の地下に匿った夫婦の、実話を基にした物語。邦題では、主演と製作総指揮をつとめたジェシカ・チャスティン演じる妻アントニーナの物語だとミスリードしているが、ユダヤ人救出という観点から見ると、夫婦の貢献は完全にイーブンである。

ノンフィクションベースなので止むを得ない部分も多いのだろうが、戦争ドラマパートは、登場人物たちの杜撰で不用意な行いがスリルを誘発するいささか切れ味に欠けるプロット、感動というよりは若干イライラさせられる出来だ。

本作の魅力はむしろ、極限状況下における夫婦の関係性の描写にある。ゲットーからユダヤ人たちを豚の餌に隠して動物園に輸送する夫は、目に映る全てのユダヤ人を助けられない現実に煩悶し、ドイツ軍の監視下の元、地下にユダヤ人を匿いながら素知らぬ顔で独り屋敷を守る妻も、その孤独と恐怖に押しつぶされそうになる。

自分たちの行為を正しいことと確信し、またお互いを愛し、信じながらもそれぞれの抱えた苦悩ゆえ"You don't know"と互いを責める中盤のやり取りは本作のハイライトだ。夫婦と、夫の留守中に屋敷を訪ねてくる、妻を憎からず思うドイツ人将校を含めたスリリングな人間関係が醸し出すメロウネスこそが本作の大きな特徴であり、魅力だと思う。

本作の正体はシンドラーのリスト、というよりはイングリッシュ・ペイシェント的メロドラマと言ってもいいだろう。今年観た作品では、ゼメキスのマリアンヌに似たテイストだ。

人間・女性・妻・母という、個人を貫く軸をチャスティンが非常にエモーショナルかつ知的に演じていてさすがの素晴らしさだ。原題であるZookeeper's Wifeはその意味で非常に的確だと言えるだろう。
jijiko

jijikoの感想・評価

3.9
ヒトラーのユダヤ人迫害とその人たちを助けようとした人の話の映画は何作か鑑賞したけれど。

これが一番観終わった後でほっとした作品。
実話の重みは十分ありです。。。。
ドイツの兵士の中でも人の心を持った人はいたはずと、小さな希望が見える場面もありました