ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 41ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

ぽんず

ぽんずの感想・評価

4.0
正しいことをしているのに、自分が嫌になる。
占領下では、ナチスの言いなりにしかなるしかできなかった。
罪のない人がなぜ殺されるのか。
罪のない人が戦争で殺されることは、絶対にあってはならない。
政治の争いは机上だけでいい。

正直、見る前はショーレース向きの作品だろうなーと思ってました。
でしたが、凝縮の二時間でした。
ぜひ、若い人に見てもらいたい作品。
絶対に後世に伝えなければならないと思う。
私も、大学で歴史を勉強してるなかで色々な背景を知ることができるが、この内容は恥ずかしながら詳しく知らなかった。

今でも争いの耐えない世界。
歴史は繰り返すが、繰り返されるのは良い歴史だけでいい。
失敗から成功へ繋げることができるのが人間でしょ?

平和な未来を望みます。
戦争を知らない若い人は観るべき作品

主人公が女性であるため女性の視点からの戦争を描かれている。一般市民の目線で戦争が引き起こす怖さ、失うものを感じ取れる。明日が来ることがどれだけ幸せなことであるか…
家族愛、隣人愛の大切さをより深く考えるきっかけになる。


アントニーナめっちゃキレイ 笑
さる

さるの感想・評価

3.8
ユダヤ人1人を匿うのでも相当なリスクを伴うのに、300人近くの命を救った実話とは凄すぎる。もう少し匿ってもらっていたユダヤ人達の描写が欲しかったけど、予想より良かった。
動物たちが人間の醜い争いを一番近くで見ていたのですね。緊張感溢れるストーリー展開と、家族の愛情に心打たれました。ワルシャワ動物園行ってみたくなりました。
試写会で観ました。
実話ということで、かなり重く受け止めました。つらいシーンも多く、
どきどきしながら鑑賞しました。
実際にこんな夫婦がいたのかと思うとその行動と勇気に驚かされます。
Shoty

Shotyの感想・評価

3.5
実話としてはすばらしいんだけど戦争テーマの映画としてはスリルが薄めホロコーストの怖さとかそういうことじゃないので そのつもりでは見ちゃだめです

ワルシャワということでつい最近見たコルチャック先生も登場します 子供達やめてえええ
HarryT

HarryTの感想・評価

4.4
こんなことができるのかという映画。つくづくとんでもない戦争だったこと、ヒトラーとスターリンに挟まれるということがどうしようもない悲劇だったことがよくわかる。
300人救ったという史実は若干薄いもの、ホロコーストの恐ろしさが分かる。平和な21世紀に生きていることを感謝した。
りた

りたの感想・評価

3.7
事実に基づいた話。

私だったら、あんな勇気ある行動が取れるのか、という視点で観たので純粋にすごいなと思えたのですが、300人を救ったという事実が薄れていて残念でした。

事実を映画という形で伝えていくのはとても素敵なことだと思うし、(本が先みたいだけど)表現も難しいとは思うけど、いかに大変なことで凄いことをしたかの見せ方がもっとあったんじゃないかなー、と偉そうに語る。笑

でも総じてよかった!
健康に生きているうちにワルシャワ動物園に行きたい!

自分だったら助けられないんじゃないか?周りと同じ行動をとってしまうんじゃないか?=集団の心理、という意味で、「THE WAVE」「es」を思い出しました。あんま関係ないけど。
あめ

あめの感想・評価

3.8
◆実話に基づいてるからこそ重みがある
◆ホロコーストの恐ろしさを描く
◆人間の優しさを感じさせる映画