ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 47ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

osaya

osayaの感想・評価

-
ジェシカチャステインの舞台挨拶付きの上映会に参加しました。

この作品の主演とプロデューサーをしたジェシカ本人から、この作品の伝えたいことを聞けたことがとても心に残りました。
彼女自身優しさに溢れる人でした。

映画を見ていて思ったことは、戦争はやっぱり悲しいことしか生み出さないなということ。

でも、そんな中で虐げられていた人々を救う勇敢な人達もいて、それはどんなに勇気がいった事かと思います。

ジェシカ演じるアントニーナや旦那さんのヤン、周りの人達の姿を見て胸にくるものがありました。

そして収容所に連れて行かれる子供達の、これから何をされるかわかってない純粋な顔に心が締め付けられました。

あと、人間だけじゃなくて動物も殺されていたことを忘れてたな、ということをこの作品が思い出させてくれました。

辛いけど色んな人の優しさと勇敢さに溢れた作品でした。
動物園を経営している家族にふりかかる戦争迫害。主人公演じるジェシカチャスティンの強さとやさしさの演技に脱帽です。😭
ライ

ライの感想・評価

4.2
多分、今年最後の映画館での鑑賞だろう。
SW8を観るか迷ったが、
SW8は来年でも観れるだろうと思い、
本作を観る事に決めた。
ジェシカ・チャステインの映画も鑑賞本数も増えてきた。

実話と聞いていたので、
また、第二次大戦中の話しがメインでもあったので、
重いです。

歴史的に見てもワルシャワでのナチスの占領は厳しい生活を送る事に。
また、ワルシャワに住んでいたユダヤ人への扱い、そして、迫害。

ユダヤ人の厳しい現実に助けを行った、
ヤンとアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)には感動。
自分たちの命も危うい中での勇気にも感動。

素晴らしい作品だった。

ちょっと余談を。。。
本作を観終えた後、
感動とは別にいつまで続くだろう「ナチス」のネタには、
本作だけではないのだが、
近年(?)、ナチス時代の話しの映画が多い。
実話から架空の話まで。。。
ハリウッド(だけではないと思うが)は、いつになったらドイツを許すのだろう。
ドイツの人々はどう思うのだろうか。
同じ立場の日本では、
中国、韓国では日本にない映画のジャンルがある。
「反日」だ。
日本を敵として作られた作品があります。
日本に住んでいると、「反日」の映画があるなんて知らない。
今も作られている事ですら知らない。
許してくれとは言えないが、
真実が捻じ曲げられたりされなければ良いのだが。
sobayu

sobayuの感想・評価

4.0
ナチ映画タイトルダサくされる法則。しかしナチズムに翻弄される市井の人を描く映画に外れなしの法則というのもありまして、今作もとても面白かった。

先日来日したクストリッツアが「現代人は人が死ぬ映像には不感だが、それが動物となると心を乱す」と言ってたのを思い出した。ポーランド侵攻、ワルシャワ蜂起、学校で習ったのに字面でしか捉えてなかった。直接的な残酷描写はほぼないし、恐らく実際よりかなりソフトに描いてると思うのだけど、それでも圧倒的に怖い。素敵な動物園から徒歩圏内に出来たゲットー、壁一枚隔てたその向こうを俯瞰で撮ったショットとか、カメラマンの腕の見せ所だったんだろうなあ。すごく印象的だった。

コルチャック先生が子供と一緒に絶滅収容所行きの貨物車に乗り込むシーン、もう嗚咽を堪えて歯を食いしばるくらい悲しい。何にも分からず次々抱っこをせがむ子供たち。その貨物車に乗せる意味を分かってるだろうヤンの心中は察して余りある‥そりゃその後でアントニーナを責めもしちゃうよ。

民族全て死に絶えろという究極の悪意の中で育った子供たちが、知らない大人を警戒せず両手を上げて“抱っこして”のポーズを取るというのが、じわじわと何とも言えず辛い。あんな状況なのにライフイズビューティフルを必死になってやってた大人たちが実際に居たんだなあ。

--

ナチものに出るダニエルブリュールっていつも一筋縄じゃいかない役をやる。今回も“でもこの人だってこの時代に生まれなければ”と思わせたり“いやこういう人の研究が結局ヒトラーの優生思想に理屈をつけて補強したんだ”と背筋を凍らせたり。昼顔的には軍服がはじけ飛びそうなムッチリ我儘ボディ・ブリュールなのが、生々しくてちょっとキモくてエロかったですね。最後に最低な感想を書いて終わる。
邦題がダサいけど、いい映画やった。

ナチス・ドイツによって迫害を受けるユダヤ人を描く映画はいくつかあるけど、この映画は300人のユダヤ人を救った動物園を経営する夫妻の実話を描いていて、他の作品とはちょっと色が違う。

友達を助けるだけでも危険なのに、バレたら自分たちの命も危うくなる中で緊迫感が終始続いていました。

マイナー作品だけど、死と隣合わせのドイツ占領下のポーランドにこういう人たちがいたということを知れるいい映画です。

主演のジェシカ・チャステインは『女神の見えざる手』のバリキャリ女子とは打って変わって、献身的で優しい役を演じていて今回も素晴らしい演技でした。

このレビューはネタバレを含みます

見てよかった。県内で一館しか上映していないのは、ほんとに愚かなことだ。
それから、このポスター作ったの誰だ。なんか違うよ。
・平和なのが当たり前ではない、うん、そうなんだけど当たり前って思って何が悪い。
・ユダヤ人と対照的に、綺麗な服を着て着飾って、立場的に武器になることなんだけど、表現されているアントニーナとヤンとその息子の違和感。でも現実だったんだろう。
・勇気を持つこと、それから勇気を発揮する頭の良さをもつことの大切さ。向こう見ずなバカさは何も助けられない。これから世の中がどう変わろうとも、頭の中身までは奪えないから、ほんとに勉強あるのみだと思った。
yuki

yukiの感想・評価

3.5
2017年劇場鑑賞109本目。
今年はこれで劇場見納め。年間ベストを下に記載。

ヒーローというのは必ずしも剣を持ち戦う者じゃないということ、愛と思いやりのヒーロー、とジェシカ・チャステインが来日中に語ったように、なかなか出来ることじゃないことを命がけでするわけで、覚悟を決めて素晴らしい行動を起こしたこの夫婦を知れてよかった。人間的に正しいことだとわかっていても私ならきっとできない。

感動もしたし、この方たちを知れてよかったけれど作品としてはなんかおしい感じ。
ダイジェスト感があるのでもう少しメリハリがほしい。特に中盤の匿ってるシーンにあまり響くものや緊張感がなく、少女や息子もうまく使えていなかった。もったいない。

ヤンが貨物車に子どもたちを抱きかかえて乗せるシーン。あそこはとてもいいシーンだけれど、何もわかってない無邪気に抱きかかえられるのを待つ子どもだけじゃなく、もっとヤンの表情で勝負してほしかった。

見返りを求めるわけではなく、友人でもない人々を救おうと実際に行動に移したこの夫婦に拍手。「女神の見えざる手」とは対照的なソフトなジェシカ・チャステインもいい。本物の動物たちとの触れ合いもよかった。
久しぶりに「シンドラーのリスト」や「黄色い星の子どもたち」を観たくなった。

↓メモ↓
今年の劇場鑑賞は本作でラスト。
2017年劇場鑑賞109本。116回。(+ ブレードランナー ファイナル・カット)

★年間ベスト★
①ラ・ラ・ランド
②女神の見えざる手
③メッセージ
④ドリーム
⑤ローガン・ラッキー
⑥マグニフィセント・セブン
⑦ワンダーウーマン
⑧マンチェスター・バイ・ザ・シー
⑨アイ・イン・ザ・スカイ
⑩スター・ウォーズ/最後のジェダイ

次点10本 : ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2、スパイダーマン:ホームカミング、20センチュリー・ウーマン、トレインスポッティング2、ハクソー・リッジ、パトリオット・デイ、美女と野獣、ベイビー・ドライバー、マギーズ・プラン、ローガン

★作曲ベスト★
①ミカ・レヴィ(ジャッキー)
②ヨハン・ヨハンソン(メッセージ)
③トーマス・ニューマン(パッセンジャー)
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.5
文部科学省選定映画のジャンルです。

悪くはありませんが、大人には物足りません。

http://www.movieimpressions.com/entry/2017/12/20/214632
K

Kの感想・評価

4.0
良かった。
ユダヤ人を救った人の実話っていうのはいくつかあるけれど、観るたびに「素晴らしい人達がいたんだな……」って救われる気持ちになります。人間も捨てたもんじゃないなって。

また夫婦の描き方も良かった。お互いとても愛し合ってるけれど、こんな状況の中でどうしても生まれる不安や恐怖。それも乗り越える強さと愛情。素敵な夫婦です。

あと私、なぜか飼育員のイジェクがすごく好きです。

あと私はダニエル・ブリュールが大好きで(笑)悪役良い。
まあヘックがアントニーナにやってることはセクハラパワハラなんだけど、この人アントニーナのこと割と本気で好きっぽいよね。本気だからと言って許されるわけではないが。
たまに見せる冷酷な目と、ちょっと揺れ動く感じ……良かったです。
しかし動物学者のくせに動物に愛情感じられないな。酷いな。
Rimako

Rimakoの感想・評価

3.6
人が容赦ない行動にとことん突き進んでしまう、敵とか味方とかなにも関係ない国々も巻き込んで、ヒトも動植物も建物も街並み全体を荒らしに荒してしまう、その戦争とゆーものに、つくづくウンザリしてしまう。そうゆう歴史をもった動物園が今でも今なりに存在していることに驚き、とともに救われる。動物園・子供、とゆーよりは、ちょっと大人の話だった、大人の駆け引きとか、欲求が露わになる感じが、そんなことで命にかかわること決められたら、たまらん。でも、それも事実なんだな。なにやってんだろなって。